• タグ別アーカイブ: ファームウェア
  • Nikon SB-5000ファームウェアバージョンアップ

    Nikon SB-5000ファームウェアバージョンアップをやってみました。今回は2017/03/02公開のVer.14.002を適用してみます。
    内容としては細かな不具合の修正ということですので、実施しておいて損はないでしょう。

    スピードライトのファームウェアアップデートは、Nikon製カメラを経由して行えますのでサービス機関等に持ち込む必要はありません。

    2台のSB-5000です。購入は2016年12月ですが、ファームウェアはどのようになっているのでしょうか?

    両方ともVer14.001だったので、今回のバージョンアップ対象です♪

    ファームウェアはNikonサイトからダウロードできます。
    SB-5000ファームウェア」 ←クリックでページが開きます。
    ページ内を開いたら、ファームウェアをクリック。

    今回はWindows10のパソコンを使うので、「Windows」をクリック。

    ダウンロードの確認が表示されるので、「同意する」にチェックを入れて、「ダウンロード」をクリック。

    F-SB5000-V14002W.exeというファイルがダウンロードされるので、「保存」をクリック。

    つづいてセキュリティスキャン実施後に「実行」をクリック。

    圧縮ファイルが解凍されるので、「ダウンロード」の項目を開いてみましょう。
    「SB5000Update」というフォルダが作成されています。

    「SB5000Update」のフォルダを開くと、「SB500014002.bin」というファイルが見つかりました。

    ここで、普段カメラで使用しているSDカードをパソコンに挿入します。
    今回はNikon純正のNikon D7000仕様カードを使いました。

    カードを挿入した状態で先ほどの「SB500014002.bin」を右クリックします。
    つづいて、「送る」、対象のSDカードをクリックします。
    これで必要な場所にファームウェアが転送されました。

    続いてスピードライトのファームアップに必要なカメラを準備しましょう。
    今回はNikon D7100を使ってみました。

    Nikon D7100にNikon SB-5000を装着し、先ほどのSDカードを挿入します。
    SDカードはメイン側の1番スロットに装着しましょう。

    カメラの電源を入れてメニューを開くと、「ファームウェアバージョン」の項目が見つかります。

    開くと、現在のバージョンが表示されました。
    手持ちのものは、C 1.03 / L 1.009 / S 14.001となっています。

    つづいて、カーソルを「バージョンアップ」に合わせて「OKボタン」を押しましょう。

    すると、「スピードライトのファームウェアをバージョンアップしますか?」との確認が表示されます。
    今回はバージョンアップを行うので、「はい」を選択し「OKボタン」を押しました。

    すると、バージョンアップ中の画面が表示されます。
    「数分かかります。処理中は電源スイッチをOFFにしないでください。」と表示されるので静かに待ちましょう。
    カメラ本体の電源は当然ですが、SDカードの抜き差し、スピードライトの着脱等も厳禁です!

    バージョンアップ中は、SB-5000の液晶表示が消えて、チャージランプが点滅します。

    完了し電源が切れたのでバージョンを確認してみましょう。
    右側のスピードライトは「Ver14.002」となっており、無事成功です。

    続いてもう一台も同じ手順でバージョンアップしました。
    SDカード内のファイルは保持されるので、複数のスピードライトを利用されている方は、次々と交換しながら進めていきましょう。

    2台目もバージョンアップが完了しました。

    これで両方とも「Ver14.002」となっており、大成功です。

    カメラ本体を経由してお手軽にバージョンアップができるのは、純正ならではの利点ですね。
    利用場面での不具合を感じていないなくても、常に最新版のソフトウェアを利用するよう心掛けたいですね☆

    いかがだったでしょうか?
    今回はカメラを経由したセルフアップデートにチャレンジしてみました。
    難しいこともありませんので、是非皆さんもお試しくださいね!


  • ZenFone2をAndroid6.0にアップデートする。

    ZenFone2ですが、Andoroidのアップデートについて調べてみると、WebサイトでAndroid6.0のアップデートが公開されているのに気づきました。というわけで、早速試してみることに。
    今回はお手軽にスマホ単体ででできる方法です。

    ※面倒な人は一番最後のリンクからどうぞ!

    まずは、お手持ちのZenFone2(ZE551ML)から、以下のリンクに接続してください。
    ASUS ZenFone2 ヘルプデスク

    サイトの下の方に「ドライバ&ツール」という欄があります。

    その中に「OSを選択してください」という項目があるので、「Android」を選択します。
    現時点ではファームウェアが65種類掲載されているようです。

    上の方ほど新しいバージョンになっていますので、お手持ちの機種に適合するファームを探してください。
    「バージョン WW」と書かれているものはワールドワイド版になります。

    そして、「バージョン JP」と書かれたものが日本版です。
    お手持ちの機種に適合するファームをダウンロードしましょう。

    この画面の例ではワールドワイド版をダウンロードしてみます。
    ファームウェア説明欄の下に「グローバル」と書かれた欄がありますので、タップします。

    するとダウンロードが始まりますが、ファイル容量は1GB以上あります。
    Wi-fiを利用するか、月末に余ったLTE高速通信分を使い果たしたいなど、状況に応じて回線を厳選しましょう(^^;

    自宅の環境では約6分ほどでダウンロードが完了しました。

    ダウンロードしたファイルは、特定のフォルダに移動させることでアップデート用のファイルとして認識されます。ここからはファイルを移動する手順になります。

    まずはZenFone2に元から入っている、「ASUSファイルマネージャー」を開きます。

    ダウンロードしたファイルはZIP形式なので、「圧縮」のカテゴリに分類されています。

    「圧縮」を開くと先ほどダウンロードしたファイルが表示されています。
    そのファイルを長押しして、チェックマークを入れましょう。

    続いて右上のマークをクリックして、「移動先」を選びます。

    現在のフォルダーは「/sdcard/Download」となっています。
    これは標準のダウンロード先ですので、ここから少し移動させましょう。

    ローカルストレージ内の「内部ストレージ」を開きます。

    そして、移動先として「>ルート>sdcard」を選び、画面下の「OK」をタップします。

    移動が完了したら、ZenFone2を再起動させましょう。

    再起動が待ち遠しいです♪
    操作が成功すると、起動後に通知バー部分にアップデートの通知が表示されるので、指示に従い実行します。

    なお、再起動後にアップデートの通知が表示されない場合は以下の項目を確認ください。
    ・ファイルの移動先は間違っていないか?
    ・ダウンロードしたファイルは間違っていないか?
    ※ワールドワイド版 or 日本版の違いでもファイル自体を認識しません。

    無事にアップデートが始まると、ドロイド君の画面が表示されます。

    しばらく待つとASUSロゴが表示されました。

    続いて見慣れた起動画面。

    すぐに起動するのかと思いきや、、、
    「Androidをアップグレードしています・・・」の表示が。
    全部で122個のファイルを最適化するようです。しばらく時間がかかりますね。

    すべて完了すると「ブートを終了しています。」の文字。

    無事に起動したら、端末情報の画面を開いてみましょう。
    ・Androidバージョン → 6.0.1
    ・Androidセキュリティバッチレベル → 2017年1月1日

    最新版になってます(^^

    念のため、システムアップデートを実行しても最新版となっていました。
    私の端末ではビルド番号が「MMB29P.WW-ASUS_Z00A-4.21.40.223_20161216_7766_user」となっていました。

    最後にアップデートに使用したファイルは不要ですので削除しておきましょう。
    再びASUSファイルマネージャーを開きます。
    カテゴリから「圧縮」を開きます。

    先ほどダウンロードしたファイルが表示されるので、「ファイルを完全に削除する」にチェックをいれて削除しておきましょう。

    これで内部ストレージの空き容量が増加しました。

    いかがだったでしょうか?
    ZE551MLを使っているのに、なかなかAndroid6.0アップデートが配信されないとお困り方は、この手順をお試しくださいね。

    最後にせっかちな人のために、アップデートファイルへのリンクを掲載しておきますね(笑)
    ASUS ZenFone2 ZE551ML Android6.0 JP SKU 4.21.40.196
    ASUS ZenFone2 ZE551ML Android6.0 WW SKU 4.21.40.223


  • DOOGEE X5 Pro ファームウェア更新の方法

    格安SIMフリー端末として人気のDOOGEE X5 Proですが、最近はワイヤレスアップデートされない状況が続いてしました。
    しかしファームウェアが更新されていないわけではありません。
    そこで、パソコンを使って最新ファームウェアに更新する方法を紹介したいと思います。

    見慣れたAndroidの設定画面です。
    メニュー上部の「ワイヤレスアップデート」をタップしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-1

    現在のバージョンは「DOOGEE-X5Pro-Android5.0-R09-2015.12.01」となっています。
    現在のバージョンは「DOOGEE-X5Pro-Android5.1-R09-2015.12.01」となっています。(2016/11/06修正しました)
    doogee_x5pro_firmware_update-2
    この状態で「最新バージョンのファイルがあるか確認します」をタップしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-3
    しかし画面には「お使いの携帯はすでに最新のバージョンです」と表示されます。
    私個人は同型機を7台以上扱っており、もっと新しいバージョンの端末が存在することも確認済みです。

    というわけで、ネット上を徘徊しながら最新ファームを探してみると。。。
    オフィシャル版の新バージョンを発見しました。

    まずは、「needrom.com」にアクセスしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-6
    画面上には各メーカーのロゴマークが並んでいますが、「DOOGEE」ももちろん存在します。
    「DOOGEE」をクリックすると、同社の機種が沢山表示されました。

    その中からDOOGEE X5Proを選択する必要があります。
    画面右側の「Serial X」をクリックしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-4

    つづいて「X5 Pro」をクリックします。
    すると同型機のファームが沢山表示されます。
    今回はオフィシャルファームの最新版を使ってみることにしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-5

    すると、ダウンロードにはログインが必要と表示されています。
    doogee_x5pro_firmware_update-7

    画面右上に「Register」や「Login」のボタンがありますので、ユーザー登録を行いましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-8

    ユーザー登録が完了したら、先ほどの「Login」からログインしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-9

    そして、もう一度DOOGEE X5 Proの画面を開いてみましょう。
    今回は数種類のROMがダウンロードできるようになってますね(^^
    私はオフィシャル最新版のUpdate R17を選択しましたが、各自お好みのモノを選んでくださいね♪
    doogee_x5pro_firmware_update-10

    続いて、ファームウェアの書き込みツールをダウンロードしましょう。
    今回は、「spflashtool.com」サイトから、「SP Flash Tool – Latest v5.1524.00」をダウンロードして使用しました。
    doogee_x5pro_firmware_update-11

    それぞれのファイルがダウンロード出来たら、WinRAR等のソフトウェアで解凍しましょう。
    解凍が完了したら「SP_Flash_Tool」のフォルダを開きます。
    doogee_x5pro_firmware_update-12

    そして、「flash_tool.exe」を実行しましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-13

    ソフトを起動すると、このような画面が表示されました。
    画面右上にある、「Scatter-loading」をクリックします。
    doogee_x5pro_firmware_update-14

    ここは、ファームウェアを選択する画面となりますので、先ほどダウンロードしたファームウェアのフォルダを開きましょう。
    「MT6735M_Android_scatter.txt」というファイルを探して選択します。
    doogee_x5pro_firmware_update-15

    すると、画面左のスマホ風画面に「MT6735M」という文字が表示されます。
    また、画面下部には白と緑の表示で沢山のファイルが表示されます。
    doogee_x5pro_firmware_update-16

    続いて、転送方法を選択します。
    今回は「Format All + Download」を選択してみました。
    doogee_x5pro_firmware_update-17

    ここまで用意できたら、DOOGEE X5 Proの電源を切り、MircoUSBケーブルでパソコンと接続します。
    充電マークが表示されますが、それが消えるまで待ちましょう。

    画面が消えたら、「音量+ボタン」と「電源ボタン」を同時に長押しします。
    doogee_x5pro_firmware_update-1

    5秒くらい押し続けるとバイブが作動し、このような画面が表示されます。
    「音量+ボタン」でカーソルが移動、「音量-ボタン」で決定という操作方法になります。
    今回は、「Recovery Mode」ですのでカーソルが一番上の状態で、「音量-ボタン」を押します。
    doogee_x5pro_firmware_update-2

    すると、ドロイド君が倒れた画面で動作を停止します。
    一瞬ドキッとするかもしれませんが、正常な動作なので安心してくださいね(^^
    doogee_x5pro_firmware_update-3

    この状態で「Download」ボタンを押します。
    doogee_x5pro_firmware_update-18

    続けて、DOOGEE X5 Proの電源ボタンを長押しして、画面を消しましょう。
    (10秒くらい押し続けると電源が切れます。)

    すると、電源が切れた瞬間に転送が始まりました!!
    doogee_x5pro_firmware_update-19

    プログレスバーの色が変わりながら進捗しますが、スマホやパソコンに触れず、2分ほど待ちましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-20

    成功すると画面上に巨大な「✔」マークが表示されます。
    ファームウェアの送信は無事成功です。お疲れさまでした。
    doogee_x5pro_firmware_update-21

    さて、ドキドキの瞬間です。
    MicroUSBケーブルを抜いて、DOOGEE X5 Proの電源を入れてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-4

    この方式のファームウェアアップデートは本体を完全に初期化してしまうので、初期状態に戻ってしまいました。
    doogee_x5pro_firmware_update-22

    購入時と同様に「Welcome」画面が表示されました。
    doogee_x5pro_firmware_update-23
    さて、設定画面でファームウェアのバージョンを確認してみましょう。
    すでにこの画面でも違いがありますね。
    先ほどまで表示されていなかった「Androidセキュリティパッチレベル」の項目が増えました。
    doogee_x5pro_firmware_update-24
    ワイヤレスアップデートの項目を見ても現在のバージョンが「DOOGEE-X5pro-Android5.1-R17-2016.07.01」に更新されていますね。
    doogee_x5pro_firmware_update-25

    最近、Windows10環境からUSBマスストレージが利用できないというコメントでの問い合わせがありましたが、このバージョンでも正常に接続・ファイル閲覧ができています♪
    doogee_x5pro_firmware_update-26

    ファームウェア送信用のソフトがよく出来ていますので、それほど難易度は高くないと思います。
    スマホが初期化されてしまうという事はありますが、クリーンな環境が構築できますので、バックアップ等を取ったうえでチャレンジされてみてはいかがでしょうか。