SV-2256 ネズミ撃退器 セーブインダストリー製

SV-2256 ネズミ撃退器のレビューです。
電磁ハイブリット方式(超音波&電磁パルス)ということでamazonでのレビューも高評価が並ぶ本格派です。
実際に自宅では効果テキメン!装着後1年以上たちますがネズミさんは帰ってきません♪
これはコンセントタイプなので気になる場所でコンセントに差し込むだけでOK♪

まずはパッケージから本体を取り出してみましょう。
表面にはLEDが2色とスピーカーホールがあります。
DSC_0007

 

裏面です。
裏面にはコンセントプラグと型式シールが貼られています。(型式は書いていませんが)
SV-2256でした(^^
消費電力は9Wで50Hz/60Hzどちらでも使えます。
DSC_0008

本体サイズはちょっと大きめでしょうか。
高さ 114mm
DSC_0009

横幅68mm
DSC_0010

厚み32mmと言った具合です。
DSC_0011

では分解してみましょう。
四隅のネジを外すだけの簡単作業です。
DSC_0012

ネジは一般的なプラス皿ネジです。
簡単に分解できますね。
DSC_0013

パカッと開いてみました。
基板とケーブル類が見えています。
DSC_0014

コチラはAC100V入力のケーブルです。
ハンダ付けにボンド処理がしてあり、安心感がありますね!
DSC_0015

では基板真ん中のネジを外してみましょう。
DSC_0016

なんと、この手の製品では珍しいミリネジが出てきました(^^
DSC_0017

本体基板です。
コイルやコンデンサに加えてICが見えていますね。
これが高性能の秘密でしょうか??
DSC_0018

そして見落としてはいけないのはヒューズです。
海外製の怪しい製品だと、ジャンパーして未装着の物があったりしますが、これは安心のポイントですね。
DSC_0019

先ほどのICを見てみましょう。
STマイクロのNE556Nです。デュアル高精度タイマICですね。
DSC_0020

ケースに取り付けされているスピーカーです。
正体は圧電素子でした。高周波だけを出すならコレで十分でしょう。
DSC_0021

圧電素子のおしりにはコーン紙が装着され、スピーカーの様相をしていますね。
DSC_0023

基板裏面にもチップトランジスタやチップ抵抗が沢山装着されています。
なかなか凝った作りになっているのではないでしょうか。
DSC_0024

そしてなんといってもお役所が認めた、安心のPSEマーク。
DSC_0026

では通電してみましょう。
数秒に一回の間隔で点灯するのが、ELECTRO-MAGNETICの赤LED
電磁波をコンセントプラグ側に出力して屋内配線からネズミの嫌な信号を流してくれます。
DSC_0027

そしてもうひとつは ULTRASONICの緑LED。
これはスピーカーから高周波を出してネズミを撃退します。
DSC_0028

この二つの機能が同時に作動することで、効果的にネズミを撃退してくれます。

動作中の動画をアップしてみました。購入前に参考にしてくださいね!!



SV-2256 ネズミ撃退器 セーブインダストリー製への2件のコメント

  1. SV-2256の分解、ごくろうさまです!
    ただ・・・
    この音はものまねで対応できそうです♪♫
    「しゃお~」とか。

    • アバター まず分解。
      まず分解。 コメント投稿者

      大魔王さまさま、こんにちは!
      「しゃお~」を24時間休まず言ってくれるのが、この機械の利点です(笑
      設置から1週間ほどでネズミさんが居なくなったので、よっぽど不快な美声ヴォイスだったのでしょうね(^^