Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

128GB MicroSDXC 本物と偽物の見分け方。

パソコン

128GB MicroSDXCカードの話題で久しぶりの更新です。
今回はamazonでSanDiskの128GB MicroSDXCを購入してみました。
最近のスマートフォンは4K動画の撮影や2000万画素を超えるカメラなど大容量の記憶容量が必須です。
そんなときに、この128GB MicroSDXCは強い味方ですね(^^

ニセモノのSDカードなんて存在するの??

SDカードといえば、もちろんSanDiskですよね。
ブランド力もさることながら信頼性もピカイチ!
fake128gb_sdxc (1)

早速開封してみましょう。
はさみで開封するタイプのパッケージになっています。
fake128gb_sdxc (2)

取り出しました。
不織紙のようなものでパッケージされています。
fake128gb_sdxc (3)

表面は通常のブリスターパックのようなものですね。
fake128gb_sdxc (4)

裏面からペリペリとはがしていきます。
128GB MicroSDXCカードの裏面がちょっと特徴的な感じ。
fake128gb_sdxc (5)

カード表面です。
当たり前ですが、印字はキレイです。
fake128gb_sdxc (6)

ニセモノと本物を比べてみよう!

前回つかまされたニセモノと比較してみましょう。
どちらがニセモノかは説明不要ですね。
よくぞココまでヒドイ印字で出荷するものだとセンスを疑います(^^;
fake128gb_sdxc (8)

引き続きカード裏面を見てみましょう。
ニセモノは一般的なカードのデザインですが、ホンモノはBGAタイプのチップのような物が見えますね。
端子部の金メッキなどもニセモノは雑な感じです(^^;
fake128gb_sdxc (7)

パソコンではどのように認識されるのか。。。

ひとまずパソコンに装着してみましょう。
こちらはニセモノの128GB MicroSDXCなので「Fake 128GB」と名付けました。

fake128gb_sdxc (1)

そしてこちらはホンモノの128GB MicroSDXCということで「Real 128GB」としています。

fake128gb_sdxc (3)

コンピュータから表示してみました。
ニセモノは容量が124GBと5GBほど大きくなっていますね。
fake128gb_sdxc (2)

H2testwで検査してみることに。

ではお馴染みの H2testw で検査してみましょう。
H2testwのダウンロードはコチラ

fake128gb_sdxc (4) fake128gb_sdxc (5)

数時間が経過してどちらのカードも書き込み工程がほぼ完了しました。
続いて読み出し工程で記録内容の検査に入ります。
fake128gb_sdxc (6)

比較テストしてみると。。。

読み出し工程です。
ホンモノは順調に読み出しできていますね。
fake128gb_sdxc (7)

偽物はわずか7.5GBの書き込みでエラー発生!!

そしてニセモノは・・・
早くも7.5GBを境に書き込みエラーが発生。
fake128gb_sdxc (8)

読み出しテスト開始から1時間45分後に検査完了。
今回購入したものはホンモノということで確定しました♪
fake128gb_sdxc (10)

そして一方のニセモノは。。。
やはり7.5GB以上はまったく書き込みできておらず、しかも速度が遅いという。
8GBのMicroSDHCカードに細工をして作成されたもののようですね。
fake128gb_sdxc (9)

SDカード真偽判定のまとめ

いかがだったでしょうか、大容量品ほどニセモノが多く存在しているようですので、皆様は安心できる店で購入してくださいね。

最近ではメルカリ等を中心に、「海外製のため保証しません」などと記載したガラクタを販売する悪い人が沢山いてます。相場より大幅に安いものは偽物と考えておくのが無難ですね。
個人売買や海外通販で購入したものは、購入後にまずテストすることをお勧めします。
そして、買った後は本ページの見分け方を参考に真偽を判定していただければと思います。

コメント