Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

PRN3D Z軸シャフト磨き

分解&工作

 

今日はPRN3DのZ軸昇降シャフト周りの改善ということで、シャフト交換、シャフト磨き、ナット変更をやってみることに。

シャフト自体はMonotaroにて購入。
本来2本あれば十分なのですが、個体差を考えて4本購入してから、偏心の少ない2本を選択する作戦に。

そして実際に4本をガラス板の上で転がしてみると・・・
運良く2本だけ当たりがありました(^^

DSC_2430

 

というわけで、選別に合格した2本を磨きます。
方法は、電気ドリルに固定して、激落ち君でスルスルと磨く作戦です。
メラミンフォーム 激落ちくん」はAmazonなどでも買えます♪

DSC_2431

 

 

ドリルチャックに固定して、激落ち君でサンドイッチにしながらドリルを正転&逆転させてひたすら研磨します。
研磨中は摩擦熱で熱くなるので、ヤケドに注意してくださいね。

DSC_2435

 

写真上が研磨完了したもの。
加工前のものと比べるとピカピカになってます♪

DSC_2434

 

シャフト1本につき、激落ち君をひとつ使うペースで研磨しました。
しかし、充電式ドリルだとバッテリーが持ちません。
なので、鉛バッテリー仕様に改造してバリバリ使ってます(^^;

DSC_2438

 

そして、定番?のポリアセタールナット化にもチャレンジ!
切断するのが面倒なので、ニッパでポキッといっちゃいました。

DSC_2439

 

断面を整えて・・・

DSC_2440

 

シャフトに入れてみました。軽く回るようになればOKですね。
回転が渋いときはナットの切断面の状態が悪いのだと思います。

DSC_2441

 

コメント