• カテゴリー別アーカイブ 未分類
  • ホンダFIT3にドリンクホルダーを増設してみた。

    フィット3を購入して約1年、すでに3万キロほど走行しました。お出かけ回数が増えると気になるのが助手席側のドリンクホルダーですよね。
    センターコンソール部分だと取り出しにくく、運転席側と同じような場所に増設を考えてました。
    するとFIT3専用設計の助手席用エアコンドリンクホルダーを見つけたので購入してみました。

    助手席の同乗者からも好評のドリンクホルダーですが取り付けの様子を紹介してみたいと思います。

    FIT3マイナー後のRS助手席側エアコン吹き出し口です。
    運転席側にはこの場所にドリンクホルダーがありますが、助手席側には何故か装備されていません。

    今回は「槌屋ヤック株式会社」から発売されている車種別専用設計のJUSTFITシリーズから、「ホンダフィット用のSYH5」を購入してみました。

    パッケージから製品を取り出してみました。
    裏面には大量の両面テープが貼り付けされており、点ではなく面で重さを分散して固定する設計のようです。
    これであれば重量のあるペットボトル系の物やスタバのドリンクでも安心ですね。

    ドリンクホルダー本体正面です。
    エアコンパネル部分は純正色に似せたサテン調のシルバー塗装が施されています。

    FIT3 GK5マイナー後のRSではこのような色合いになっています。

    こちらは槌屋ヤック製のSYH5です。
    見た感じの色合いは全く同じように感じますね。

    両面テープの離型紙を剥がさずにあてがってみました。
    フィット感はぴったりで違和感はありません♪

    GK5 RSマイナー後の内装とは若干色合いが違いますが、全面が隠れる仕様なので色の違いは気になりませんね。

    では早速取り付けしてみましょう。
    まずはエンジンを始動してエアコンを暖房全開にします。

    そしてパッケージにエアコンドリンクホルダー本体だけを入れます。

    そしてエアコン吹き出し口に当てて1分程度待ちましょう。
    こうすることで両面テープの粘着力が増すので、長期使用でも安心して使えるようになりますよ。
    とくに冬場は両面テープの粘着力が極端に弱まるので、これは必須作業になると思います。

    十分に加熱されたら、ヤケドに注意しながら両面テープ離型紙の端を少しだけめくりましょう。
    これは全面を一気に剥がしてしまうと位置決めが難しくなるので、少し剥がして作業するのがおススメです。

    仮付けして位置が定まったら、隙間から両面テープの離型紙を剥がしましょう。

    隙間なくぴったりと貼り付け出来ました。

    さらにこの状態からもう一度加熱して押さえつけるようにしましょう。
    運転中にドリンクが転落してしまうと楽しいドライブも台無しに。
    ちょっとした手間ですが、このようにキッチリと作業することで信頼性も格段にアップします☆

    ちなみにドリンクだけはなく、5.5インチ級のスマホも収まります。

    このドリンクホルダーは両面テープだけなので、すぐはがれるのでは?と思っていましたが、取り付けから1年が経過した現在でもシッカリと貼り付いています。
    夏の炎天下から極寒の冬場まで一度も落ちたりしなかったので、なかなか良い製品だと思います。

    特にFIT3にお乗りの片にはおススメしたい一品ですね(^^)


  • エネループ急速充電器 NC-TGR01を購入してみた

    エネループ充電池はブログの撮影でも必須アイテムです。用途はストロボ用なのですが、本ブログはCactusV6 llによる多灯撮影で最低20本が必要になります。
    そうなると効率よい撮影のためには、充電池の本数を構えておくことは当然ながら、充電速度も非常に重要になってきます。
    そこで充電電流に着目してエネループ急速充電器 NC-TGR01を選んでみました。

    普段の撮影で利用しているストロボ。
    Nikon SB-5000 2灯、Nikon SB-700 1灯をベースにCactusV6 llで制御しています。
    この組み合わせで単3型が20本必要になります(^^

    今回購入したエネループ急速充電器 NC-TGR01です。
    すでに廃盤となっていますが、メルカリ等で格安出品されているので、まだまだ入手可能です。

    過去に様々な充電器を購入して比較してきましたが、やはりパルス充電の高電流タイプがお気に入り♪
    このタイプだと若干お疲れ気味のバッテリーでも元気を取り戻すことがあったり、なかなかの働きを見せてくれます。

    エネループ急速充電器 NC-TGR01です。
    どちらも1000円以下でゲットしました(^^)

    エネループ急速充電器 NC-TGR01のスペックを見てみましょう。
    着目すべき充電電流は以下の通り。
    単3形 560mA × 4 / 1120mA × 2 / 1680mA × 1
    単4形 280mA × 4 / 560mA × 2 / 840mA × 1
    つまり本数が少ないほど大電流を供給できる仕様となっています。

    こちらはまず分解。お気に入りのテクノコアインターナショナル製 TC-S40Nですが、オークション等を含めてもはや入手不可能な伝説の機種。
    充電電流は3500mAにも及ぶハイパワーです。これはエネループ急速充電器 NC-TGR01の2倍以上のスペックです。

    今回はエネループ急速充電器 NC-TGR01を分解調査してみましょう。

    エネループ急速充電器 NC-TGR01のビスはいじり止め付のトルクスタイプ。
    T9サイズのドライバーが適合します。

    ビスは3本だけ。簡単に外すことが出来ました。

    ビスを外すと3つのパーツに分かれました。
    ボトムカバー、メイン基板、トップカバーです。

    メイン基板を見てみましょう。
    表面はスイッチングトランスやコンデンサ、電極端子などが目立ちますね。

    電極の中間に装備されている黒い部品はLEDです。
    ボディを透過して充電状況を表示してくれます。

    緑色のシルクTH201に装着されているのは温度センサーです。
    センサーは2個だけ、電池2本ごとに温度監視しているようですね。

    では電源周りを見てみましょう。
    ショットキーバリアダイオードには「PEC」の「SB840F」を搭載。
    40V 8Aのスペックです。

    コンデンサには「MAN YUE TECHNOLOGY HOLDINGS LIMITED」の「SAMXON」を採用。

    スイッチング制御用のICには「Panasonic」の「MIP2F30MTSCF」を搭載。

    裏面はチップ部品が多数搭載されています。

    型番からは詳細がわかりませんでしたが、カスタムチップでしょうか。

    ちなみに4本個別充電制御となっている証として、充電回路が4回路構成されていました。

    製造時期違いで2台を分解してみましたが、基本的な構成は全く同じです。

    表面も同様に変化はありませんでした。

    今のところ急速充電可能なものとしては、4台の充電器を確保することが出来ました。

    エネループ充電器は様々な型式の物が存在していますが、購入の際には充電電流に着目してみてはいかがでしょうか?
    特に大容量のエネループプロなどを利用する場合、充電時間に大きな差がでますよ☆