Amazonオーディオブック「Audible」を無料体験してみよう!

PRN3D フィラメントクリーナー製作

3Dプリンタ

PRN3D導入後、Amazonで買った「3Dプリンター用 PLAフィラメント 【1.75mm】【1kg】【カラー選択可】 (白/ホワイト)」を1本使い果たす直前までやってきました。
現在はカバー等を装着せずオープン状態で設置しており、どうしてもフィラメントにホコリ等が付着してしまいます。

印刷前にエアブローしてもやはり再付着は防ぎきれない。。。

DSC_2475

 

そこでこんなモノを作ってみました。
箱に穴を開けただけの物体です。

DSC_2476

 

このサイズに合わせてスポンジフォームを切り出し、真ん中にカットラインを入れます。

DSC_2477

 

カット面が開放部へ向くようにして挿入します。

DSC_2478

 

そしてフィラメントを通すだけです。
これだけで表面のホコリ等はキレイに除去してくれます。
異物混入による印刷品質の低下、ノズル詰まり等を回避することが可能です♪

DSC_2479

 

PRN3Dへはこんな感じで装着してみました。
DSC_2480

穴は4.8mmでフィルター方向の長さは30mmと20mmとなっています。
使用するフィラメントの太さやフィルターの材質等で引き出し抵抗が違うと思いますが、フィラメントを通す方向である程度は調整可能な設計としています。

当初はU字スリット構造として製作したのですが、長時間印字していると徐々にズレが発生し脱落してしまう事があり、ホールタイプに変更しました。
常にフィルターの中心部を通すセンタリングの働きもあるので、是非使ってみてくださいね!

フィラメントクリーナーパーツ ダウンロード

 

コメント