• タグ別アーカイブ: LTE
  • FUJI-Wifiを数ヶ月使ってみた結果。。。めっちゃ使える!!

    FUJI-WifiのSIM 200GBプランを数ヶ月にわたり利用していますが、実際に使ってみた感想を率直に伝えたいと思います。
    タイトルにも書いていある通り、個人的にはめっちゃ使える!回線だと思いました。
    どのような点が使えると感じたのか、そのあたりを伝えていければと思います。


    FUJI-Wifiの内容物をチェック

    FUJI-WifiのSIM 200GBプランを申し込んで届いたものです。
    SIMだけレンタルのプランなので、基本的にはSIMとマニュアル類のみです。
    Wifiルーター等を自分で用意できる方にはコストメリットが大きくおススメです。

    SIMプランなので、内容物はこのようにシンプルなもの。

    ゴールドカラーの名刺ケースのような物がSIMカードケースになります。
    正面にはFUJI-Wifiのロゴシールが貼られていますね。

    裏面には管理番号のようなものが記載されていました。

    SIMカードケースを開けてみましょう。
    NanoSIMカード以外には変換アダプタやSIMカードピンなどが含まれています。
    どのようなルーターを持っていても対応できるので、ありがたい配慮ですね。

    SIMカードはNanoSIMサイズ。
    端子面にはキズなどもなく、新品のようですね。

    NanoSIMカードの表面をみると公表されている通りSBM回線でした。
    SoftBank(F)の記載があるので、IMEI制限のないマルチUSIMカード(F)という事ですね。


    FUJI-WifiのAPN設定

    FUJI-Wifi SIM 200GBプランのAPN設定は以下の通りです。
    APN名:plus.4g
    ユーザー名:plus
    パスワード:4g
    SoftBank 4G シアクセスインターネットプラスと同じ設定のようです。

    FUJI-Wifiで利用するルーターは据え置きタイプをチョイス

    今回利用するWifiルーターです。
    メイン回線として使う前提なので今回は据え置きタイプをチョイスしてみました。


    NECのAterm HT100LNです。
    対応バンドはLTE Band1/19/26の3バンドとなっています。
    理論速度は受信150Mbps/送信50Mbpsです。
    Wifi側のインターフェイスは2.4GHzと5.0GHzの切り替え式となっているので注意が必要かもしれませんね。

    Aterm HT100LNのインターフェイス部分です。
    基本的にはNanoSIMカードスロット、有線LAN(1000Base-T)、電源アダプタのみのシンプルな構成。

    FUJI-WifiのNanoSIMカードを挿入してみました。

    APN設定を済ませると、Aterm HT100LNのブルーLEDが点灯して接続が完了しました。

    モバイル用に所持しているAirCard AC785-100JPSでも試してみましたが、こちらも接続OKでした。


    Aterm HT100LNの設定画面です。
    電波状態は「非常に強い」となっており、自宅の中に設置していても問題なさそうです。


    FUJI-Wifiの魅力1 安価なプランでも速い!

    FUJI-Wifiの魅力を語るうえで重要な指標となるスピードテストをやってみました。
    当然、光回線等との比較をするわけではなく、モバイル回線としての実力値をみてみましょう。

    まずは、Fast.com にて。
    ダウンロード 93Mbps
    アップロード 27Mbps

    続いてSPEEDTEST.netにて
    ダウンロード 92.7Mbps
    アップロード 26.24Mbps

    主要なスピードテストサイトでは概ね90Mbps台を記録しています。
    ほぼどの時間でも同じような値がでており、ネット閲覧から動画ストリーミングまで問題なく使えています。

    ただし、Softbank回線という事を考えるとスピードテストサイトだけ最適化している可能性もあるので、Ubuntuサイトでのダウンロードも試してみました。

    結果は7.7MB/秒という速度が出ており、スピードテストサイトと変わりない速度です。
    (ちなみに計測時点で月間131GBほど使った状態です)

    格安SIMなどで大容量のプランを契約してもこのような速度が出ることはありません。
    GB単価としては非常に安価かつ、高速な回線として使えますね。


    FUJI-Wifiの魅力2 3日10GB制限がない!

    先ほど、FUJI-Wifiの速度についてお伝えしましたが、モバイル回線で重要なもう一つのポイント。
    それは3日10GB制限などと言われる利用制限です。
    まず分解。の利用環境では土日の利用が多く、平日の利用は少ないという事も少なくありません。
    つまり、大手キャリア等の実施している3日10GB制限があれば、200GBプランの容量を使い切れないという事態が想像されます。

    しかしながら、FUJI-Wifiではそんな心配は無用でした☆
    コチラは実際の利用統計画面になります。
    ちょっと極端な使い方ですが、月末にGooglePhotoへの写真アップロードをした時の状況です。
    6月30日に106GBもの通信をしましたが、速度制限はありませんでした。
    (月間270GBも使ってゴメンなさい)


     

     

    先ほどの数値はかなり極端なテストをした結果ですが、一般的な使い方だとこのようになるのではないでしょうか。
    1GB使わない日もあれば、Amazonプライムビデオで数十GB使う日もある。
    そんなアンバランスな使い方=一般的な使い方。でも制限なく使えるところがFUJI-Wifiの魅力ですね。


    FUJI-Wifiのまとめ

    いかがだったでしょうか。
    実は現在、固定回線を引かずにFUJI-Wifiのみの環境でブログ更新など続けています。

    もともとは格安SIMが遅い、普段から大量のスマホを持ち歩く、などの理由から大容量のモバイルルーターを探して求めていたわけです。
    導入前は不安でいっぱいという事もありましたが、月単位で契約できるので軽い気持ちで試してみたところ、すでに半年近くユーザーを続けています。
    このスペックであれば、ヘビーユーザー以外の方、一般ユーザーの欲求を満たせる回線なのではないかと思います。

    格安SIMの遅さに疲弊した方にも、おススメしたい回線です(笑)



  • DOOGEE X5 Pro SIMフリースマホを買ってみた。

    DOOGEE X5 Pro SIMフリースマホです。
    聞き慣れない名前のメーカーですが中国ローカルのメーカです。
    ケースは黒を基調としたシンプルなもの。
    DSC_0767

    早速開封してみました。
    中身はDOOGEE X5 Pro本体とMicroUSBケーブル、そしてACアダプタです。
    DSC_0768

    ACアダプタはヨーロッパ仕様なので、変換プラグを購入しないと日本では使えなさそうですね。
    DSC_0770

    ACアダプタの仕様を確認しましょう。
    入力電圧はAC100~240Vとワールドワイドに対応。
    出力はUSB 5Vの700mA仕様です。ちょっと電流が弱いですが問題ないでしょう。
    DSC_0769

    DOOGEE X5 Proを3台並べてみました。
    本体デザインはブラックとホワイトを基調としたシンプルなデザイン。
    DSC_0771

    裏面にはメーカーロゴにも引けを取らない大きさでCEマークが記載されています。
    その上には小さくDOOGEEのメーカーロゴも。
    DSC_0772

    裏面上部です。
    500万画素カメラとLEDフラッシュを装備。
    カメラレンズは出っ張っていないので、レンズのキズも心配なさそうです♪
    DSC_0773

    本体側面です。
    上部はボリュームキー、下部は電源キーとなっています。
    クリック感は軽めかつ、シッカリした感触です♪
    DSC_0774

    本体上部の側面です。
    充電&通信用のMicroUSBコネクタとヘッドホン端子を装備しています。
    本体上部のコネクタは賛否が分かれるところですが、カーナビ等として利用するには便利だと思います。
    DSC_0775

    本体裏カバーを外してみました。
    DOOGEEロゴが鮮やかな、比較的大き目のバッテリーが目立ちます。
    DSC_0776

    バッテリーは3.7V 2400mAhと十分な容量を確保したリチウムイオンです。
    透明なシールで端子部が絶縁されているので、はがしてから装着します。
    本体にはDOOGEE X5 Proの文字。Proではないバージョンもあるそうなのでシッカリ確認しました(^^
    DSC_0779

    拡張メモリのMicroSDXCスロットに加え、デュアルSIMにも標準対応。
    まさに世界基準の設計思想で作られた端末ですね。
    ビスの数も多く、筐体強度も十分です。
    DSC_0777

    面倒なので3台まとめて電源投入してみました。
    海外メーカー製ということで各部の動作チェックをしてみましたが、すべて問題なし。
    中国と言うと馬鹿にする人も多いですが、今や安価に良いものを作る国になっていますよ♪
    DSC_0782

    起動完了です。
    簡単なウェルカムメッセージが表示されるので、スキップしましょう。
    DSC_0785

    Wi-fiに接続するとファームウェアアップデートの画面が表示されました。
    購入時点で2回連続でファームウェアが更新されました。
    DSC_0786

    アップデート中。国産端末だとメーカーロゴ等で隠されていて、あまり見ない画面かも知れませんね。
    Android君がのお腹がパカパカ動きながらアップデートされています。
    DSC_0788

    アップデート完了したので、動作検証をかねてAntutuベンチマークを落としてみました。
    Google Play Storeにも標準対応。なかなか使える端末です。
    DSC_0789

    Youtubeアプリも導入してみましたが、動作は非常に快適です。
    DSC_0790

    ブラウザを立ち上げると、メーカーページに。
    画面には新機種のDOOGEE X6が表示されていますが、購入時点ではX5 Proが最新端末です。
    DSC_0791

    続いて3D Markベンチマークもやってみましたが、それなりに動作しています。
    詳しい様子は後述の動画を見てくださいね。
    DSC_0798

    ここまで紹介してきた、DOOGEE X5 Proですが、安価に購入できる端末としては非常に充実したスペックです。
    簡単にスペックを紹介しておきます。
    CPU: MTK6735 Quad Core 1.0GHz
    RAM:2GM
    ROM:16GB
    液晶:5インチ 1280*720p
    OS:Android 5.1
    通信:3G/4G LTE/GPS/Wi-fi/Bluetooth
    このように格安端末とは思えないスペックでゲーム等に拘らなければ、メイン端末としても十分機能します。
    特に、国産の旧機種(3年ほど前のもの)を無理して使っている人はこの端末でも動作の快適さに驚くことでしょう。

    ベンチマーク動画①

    ベンチマーク動画②


  • ASUS Zenfone5 LTE その⑤ 回線速度とベンチマーク

    回線設定も完了し、いよいよ使える状態になったZenfone5ですが、やはり本体の性能や回線速度が気になるところ。
    まずはメジャーな回線速度アプリで計測してみました。

    あえて速度制限がかかった状態でチェックすると、1Mbps程度は出ていますね。
    そしてWi-Fiでテストすると31Mbps以上を記録。CPUなどの性能は申し分ないと思います。

    Screenshot_2015-01-19-19-22-55 Screenshot_2015-01-19-19-23-49

     

     

    速度計測時の動画です。比較対象はauのLTE回線。

     

    ではこの状態でどの程度使えるのか?ということで、低速状態でLINEによる音声通話を試してみました。

    計測は時報と電波時計を用いた遅延時間計測方式。
    およそ1秒の遅延がありますが、Wi-Fi回線にしても遅延はさほど改善しなかったので、頑張っていると思います。

     

    そして3D動画のベンチマークもやってみました。

    比較対象はSONYのXperiaUL(Snapdragon S4 Pro)です。このテストではCPUというよりは搭載GPUの性能差が大きいように感じます。
    処理の重いゲームなどを使わなければ十分実用的に動作しています。むしろ通常の動作はXperiaより速く感じます。

    -  関連記事 -

    ASUS Zenfone5 LTE その① 買ってみた。

    ASUS Zenfone5 LTE その② 買ってみた。

    ASUS Zenfone5 LTE その③ MVNO格安SIMの装着。

    ASUS Zenfone5 LTE その④ MVNO OCNモバイルONE の契約。