• タグ別アーカイブ: 4K
  • 4Kテレビを分解してみた。TOSHIBA 43M520X

    4Kテレビを分解してみた。という始まりの記事ですが、TOSHIBA 43M520Xを購入したので電源投入前から分解してみました。
    興味の対象は2018年12月1日より始まった4K本放送に対応した機種であること、テレビ内部はどのように進化したのか探ってみたいと思います。

    購入したのは東芝レグザ 43M520Xです。
    新4K放送に対応したチューナーを搭載したモデルとしては比較的安価なものです。
    パッケージにもBS4K、110°CS4K、4K HDR対応のアイコンが並びます。

    43M520Xのパッケージ横を見てみましょう。
    BS/CS 4K視聴チップ搭載品となっています。視聴チップとは一体どんなものなのか興味が湧きますね。

    43M520Xのパッケージ正面です。
    BS・110度CS 4K 内蔵 4K液晶テレビとなっています。
    従来の4Kテレビは別途チューナーを買わないと意味のないモニターでしたが、この機種はチューナー搭載なのでそのまま見れるという訳です。

    テレビを購入するのは実に10年ぶりでしょうか。
    WiFi搭載やNETFLIX対応など機能面では大幅な進化が感じとれます。

    対応するWiFi規格は IEEE802.11b/g/nとIEEE802.11a/n W52/W53/W56に対応。
    テレビとしては必要にして十分でしょう。

    43M520Xの付属品を取り出してみました。
    スタンド、電源ケーブル、リモコン、ビス類、マニュアル等が同梱されていました。

    43M520Xのリモコンはシルバーを基調としたシンプルなもの。
    付属の電池も東芝製でした。

    リモコンは電源ボタンが大きく使いやすいデザインになっています。



    4Kを含む放送波の切り替えはリモコン上部に位置しており、配置を覚えればサクサクと操作できます。

    またNETFLIXのボタンが一等地ともいうべきサイズで実装されているのは驚きです。
    現時点で利用予定はありませんが、Amazonプライムビデオなど、他のボタンにカスタム出来ると良いのですが。。。

    リモコン中央部のカーソルキーです。
    ツヤのあるスイッチとなっておりプラスチック製です。

    リモコンの赤外線発光部は2か所に装備されており、様々な角度でも利用が可能です。

    43M520Xのリモコン型番はCT-90485となっています。

    リモコンの電池は単4タイプが2本と一般的なもの。

    つづいて43M520Xのスタンドをチェックしてみましょう。
    シルバーを基調としたフラットなデザインです。

    スタンド右手前にはREGZAのブランドロゴが印字されています。
    スタンドと同系色なので嫌味な感じはありません♪

    スタンドとテレビ本体は位置決めピンと4本のボルトで固定します。

    またスタンド裏側には転倒防止ようのワイヤーフックとビス穴が装備されていました。
    これは歴代のレグザシリーズ共通なので、もはや説明は不要ですね。

    スタンド裏面です。
    内部には金属部があるものの、大半は黒いプラスチックで構成されており、剛性はそれほど高くはありません。

    大型のしっかりとしたゴム足が装備されているので、安定度は必要にして十分確保されています。
    しかし、地震等のアクシデントを考えるとビスでの固定は必須です。

    つづいて、43M520Xの本体をチェックしてみましょう。
    本体裏面はブラック一色で構成されています。

    43M520Xの銘版です。
    品名は液晶テレビ、型式は43M520Xとなっています。
    消費電力は121Wと10年前の37インチと比べて半分の消費電力になっていますね。
    テレビの点灯時間が長い家庭では積極的に買い換えるのもよさそうです。

    ちなみに電源はメガネ型コードで着脱可能となっています。
    直だしだと不便な場面も多いので、これは有難い配慮ですね。

    背面のコネクタ部です。
    有線LAN、HDMI入力2~4、光デジタル音声出力、コンポジット入力、USB録画端子が装備されています。

    つづいて側面のコネクタ部です。
    地上デジタルアンテナ、BS110度CSアンテナ、HDMI入力1、アナログ音声出力、USB端子、B-CASスロットが装備されています。

    付属のB-CASカードは赤で★★マークがついていました。

    B-CASカード裏面です。
    右上にはQRコードが増えており、10年前に見たものは少し様子が違いますね。
    カードの型番はM003 CA33となっていました。
    注意書きを読んでみると、「このカードの所有権はビーエス・コンディショナルアクセスシステムズに帰属します」と書かれていますね。
    この会社から貸与されているものという扱いのようですが、受信機を廃棄または譲渡するときは金色の端子部を切断して廃棄しても良いようです。
    ちょっと謎の規約ですね(笑)
    暇なときにTEL 0570-000-250に電話して確認してみたいと思います(^^)

    43M520Xの下部をみてみましょう。
    本体下部はフルレンジのステレオスピーカーを2基搭載。

    本体裏側には電源や音量スイッチと共に謎のカバーを発見☆

    カバーを開けてみましょう。
    すると、TOSHIBAと書かれた謎の部品が出てきました。

    テレビから取り出してみると、USBメモリのような形状です。

    裏面を見てみると、20桁の数字と共にQRコードが印字されていました。
    端子部はUSB3.0のそれと同じもので、いわゆるA-CASチップといわれているものです。

    A-CASチップを分解してみました。
    思いのほか搭載されるチップは多めですね。

    A-CASチップの基板を拡大してみました。
    一番左のチップにはA-CAS番号が印字されていたので、モザイク処理をかけています。
    4K過渡期の今はB-CASカードとA-CASチップの両搭載になっているような気がします。
    今後このチップがB-CASカードに代わるものとして、オンボード搭載されていく未来が想像できますね。

    いよいよ、4Kテレビを分解してみましょう。
    43M520Xの本体裏面にあるビスを外すだけで簡単に開くことが出来ました。
    裏面カバーは本体中央部から下部にかけてをカバーしており、本体上部の黒い部分は開きませんので注意しましょう。
    基板構成は左から電源基板、液晶ドライバ基板、メイン基板と3枚構成になっています。

    まずは電源基板をチェックしてみましょう。
    スイッチングトランスやコンデンサなどを含めて薄型部品の採用が目立ちますね。

    電源基板の出力は細いハーネスだけが伸びており、省電力化が進んでいると感じ取れますね。

    中国製造を物語るフォントを発見。1号线、2号线と書かれています(笑)

    電源基板に搭載される子亀サブ基板をチェックしてみましょう。
    右側のQFPチップは「dialog SEMICONDUCTOR」の「iW7027」です。
    これは液晶バックライトの制御用で16チャンネルのLEDドライバを内蔵しています。
    左側のチップは「MICROCHIP」の「PIC24FJ32GA002」です。
    一般的な16BitのPICマイコンですね。

    続いて電源基板のパワー素子部分をチェックしてみましょう。
    左から順に、
    SINO-MICROELECTRONICS」の「HBR10150
    WUXI CHINA RESOURCES HUAJING MICROELECTRONICS」の「2CZ2545
    ON Semiconductor」の「MBR20100
    いずれもダイオードですね。日本では聞きなれないメーカーの素子も積極採用されていますね。

    続いてもう片方のパワー素子部分をチェックしてみましょう。
    左のチップは型式が読み取れませんでした。
    中央部と右側は、「WUXI CHINA RESOURCES HUAJING MICROELECTRONICS」の「CS10N60F」で10A Power MOS-FETでした。

    その他寿命に関係しそうなパーツであるコンデンサをチェックしてみましょう。
    NXAと表記がありますが、「韓国SAMYOUNG ELECTRONICS」です。

    背の高いCapXonと書かれたコンデンサは「台湾CAPXON ELECTRONIC IND.CO.,LTD.」の物ですね。

    こちらの黄色いコンデンサも「韓国SAMYOUNG ELECTRONICS」ですね。

    AiSHiとかかれたコンデンサは、「中国AiSHiグループ」です。

    日本メーカーのコンデンサが使われていない事にショックがありましたが、中国でも大量のコンデンサが生産され世界中で使われている時代です。
    一般民製品であれば必要にして十分な寿命が確保できるのでしょう。あまり気にしないことにしましょう。



    続いてメイン基板です。
    非常にコンパクトにまとめられた基板で、HDMI等のコネクタも直付けとなっています。
    大型のヒートシンクが目立つ以外には特徴はなさそうですが。。。

    チューナーモジュール横に4つ並んだチップ。
    一番右側とそれ以外で型番が違っています。
    一番右のチップは、「SONY」の「CXD2857ER」です。
    ISDB-S3(Integrated Services Digital Broadcasting for Satellite, 3rd generation)つまり、4K/8Kに対応した復調LSIです。
    残りの3つは「CXD2856ER」となっていますので、従来の2K放送までに対応した復調LSIになります。
    2K放送は2番組録画しながら別チャンネルが試聴できる、4Kは1番組のみという制限はこのチップ構成からきているものですね。

    内蔵スピーカーのアンプにはバーブラウン「TAS5756M」を搭載。
    DAC内蔵のデジタルアンプチップです。やはりBurr-Brownというと高性能の代名詞。
    上部には同じチップを搭載できるパターンがありますが、こちらはモノラル仕様なので43BM620Xモデルのウーハー用でしょうか。

    LANコネクタの脇に装備されているチップは、「TOSHIBA」の「THGBMNG5D1LBAIL」でした。
    EMMC5.0に準拠した400MB/sの4GBメモリです。

    無線LANモジュールは別基板で実装されています。
    Lite-On Technology Corp」の「WN4517R」を搭載。
    USBインターフェイスで接続されるWiFi基板となっています。

    液晶パネル型式は「HE425T5U51TA」となっていましたが、詳細なデータは見当たりませんでした。

    液晶ドライバ基板は「V-by-One HS」と「LVDS」の変換をしているのでしょうか?

    メイン基板からの出力線が16芯であることからも、元の信号は「V-by-One HS」であることが伺えますね。
    4Kパネルとなると従来とは違う技術で実装されている箇所も多くなり、技術面は詳しくありませんが内部観察が楽しいです(^^

    ちなみに壁掛け用の固定ビス穴は上部2か所はフレームに接続されていますが、下部2か所はバックパネルのプラスチックに固定されているだけでした。
    壁掛けの際は上部2か所から固定することを忘れずに。

    43M520Xの上部は金属製の黒い化粧カバーでおおわれていますが、実はカバーではありませんでした。

    よく見ると鉄板に黒い塗装を施しただけ。。。
    ここ10年でテレビの設計も随分変わったなぁと印象深い箇所でした(笑)

    4Kテレビを分解する内容は、いかがだったでしょうか?
    お正月特別企画という事で頑張って記事を書いてみました。
    B-CASとA-CASの過渡期ということもあり、このテレビには両方が装備されていました。
    今後はB-CASカードがなくなりA-CASに統合されるような気もしますが、これから10年間はこのテレビに頑張ってもらいたいと思います♪




  • ZEROTECH DOBBY ゼロテックドビーを買ってみた。

    ZEROTECH DOBBY を買ってみました。
    ポケットサイズで4Kカメラ付き、スマホで操縦可能と持ち運びには大変便利です。
    またドローンとしては200g以下の重量になるので、航空法の制限もなく気軽に楽しむことが可能です。

    今回は専用キャリングポーチ付きのデラックス版を購入してみました。
    リブが入っており強度は十分です。ドローン本体をしっかりと保護してくれそう!

    ポーチをパカッと開けてみました。
    本体以外にも予備バッテリーや充電器など沢山のものが収納できるので、お出かけにはぴったり。

    ZEROTECH DOBBY本体です。
    ホワイトパールのボディがキレイですね♪

    付属品などを含めて取り出してみました。
    内容物は大変充実しており、以下のような物が入っていました。
    ・ZEROTECH DOBBY本体
    ・ACアダプタ(QC2.0対応)
    ・充電器(QC2.0対応)
    ・バッテリー 2個
    ・Micro USB TYPE-Cケーブル(変換コネクタ付き)
    ・プロペラガード
    ・予備プロペラ
    ・専用NDフィルター

    本体のサイズを計測してみましょう。
    全長は135mmで、iPhone6よりも若干短いです。

    横幅は64mmと、これもiPhone6よりコンパクト。

    本体の厚みは35mm。
    スマートフォンとモバイルバッテリーを合わせたようなサイズなので、普段持ち歩くのにも問題ないサイズですね♪

    プロペラ部を展開してみました。
    アームはしっかりしており、動かすのに少し硬いかな?と感じるほど。
    飛行中の安定度にも期待が高まります。

    モーター部。
    アルミ部品自体が回転するようになっています。
    アルミ部品が露出していることで、モーター自体の冷却にも一定の効果があるのではないでしょうか。

    本体裏面です。
    真ん中の黒い部分はバッテリー装着部になっています。
    重量物が中央かつ、最低部に来ることで飛行安定性にも寄与しそうですね。

    バッテリーは4極の端子になっています。

    本体裏には黒いレンズとメッシュ状の部品が装着されています。
    黒いレンズは、本体下部の映像を撮影するカメラです。カメラといっても動画撮影に使用するものではなく、自己位置補正などに利用されます。
    またメッシュ部品からは超音波が発せられており、その反射を利用することで高精度に距離を計測しています。

    このようにGPS以外の情報を積極的に利用することで、安全かつ安定した飛行を実現しています。

    本体前方にはインジケータLEDと冷却ファンの吸気口が装備されています。
    このドローンは画像認識など、非常に高度な処理をおこなっておりCPUなどの冷却も必要なようですね。

    本体後部には電子ジンバル機能搭載の4Kカメラが装備されています。
    スペックとしては静止画が4K、動画はFHDとなっています。このサイズのドローンでは必要十分なスペックですね。

    ちなみにカメラは手動で角度を調整できるので、どのような撮影にも対応できそうです。

    付属していたプロペラガード。
    非常に軽く作られており、飛行時間や運動性能への影響も最小でしょう。

    プロペラガードはツメによる固定となっており、簡単に着脱可能です。

    プロペラガードを装着してみました。
    モーター部を包み込むように装着します。

    このように位相をずらしたツメになっており、着脱はとても簡単です。

    プロペラガードを装着した全体像です。
    機体の大部分が保護されており、室内で飛ばした際にも安心ですね♪

    バッテリはー2個付属していました。
    型式がD150とD151の2種類でしたが同容量でPSEマークもついています♪

    バッテリーは、7.6V 970mAhの容量となっています。
    小型ながらもなかなかの大容量を実現していますね♪

    バッテリー端子は本体と同じく4極仕様です。

    付属の充電器。
    非常に軽量かつコンパクトなのでドローン本体と共に持ち歩いても邪魔にはなりません。

    充電器の入力端子はMicroUSB TYPE-Cとなっています。
    モバイルバッテリー等と組み合わせることで、バッテリー容量の心配はありませんね。

    充電器ですが、5Vもしくは9Vに対応したQC2.0仕様となっています。
    9V入力ならば充電電流は2A確保できるので高速充電可能です。

    こちはら付属のACアダプタ。
    USBポートが1個装備されています。

    こちらも充電器と同様にQC2.0仕様で18W出力となっています。
    QC2.0のACアダプタが付属しているのは、なかなかポイントが高いですね。

    その他の付属品としては、予備のプロペラと、明るい場所できれいに撮影するためのNDフィルターが入っていました。これらも別売で購入すると、高いモノなので非常にお得☆

    そうこうしているうちに充電が完了しました。
    バッテリーにはLEDインジケーターが装備されているので、充電状況が一目でわかります。

    まずはお手軽に室内で飛行させてみました。
    驚くほど安定しており、この状態で1分ほど放置しましたがピタッと止まっています。
    一眼レフカメラで写真を撮る余裕があるほどです(笑)

    色々なアングルから撮影しました(^^)

    このように非常に安定したホバリングを実現するドローンです。
    まだ野外飛行は試していませんが、GPS補足時の動作も非常に気になるところ。

    価格が安いとは言えませんが、空中からの自撮りを気軽に楽しめるという、新しい楽しみ方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
    オプションパーツや保守パーツが豊富なので、気軽にどんどん飛ばして楽しみたいですね。