• タグ別アーカイブ: 故障
  • Ticwatch E防水スマートウォッチが浸水故障した。

    Ticwatch Eをamazonにて購入したのですが、気が付くと浸水して故障していました。
    精密なスマートウォッチですが、ダメもとで分解して修理できるかチャレンジしてみました。

    Ticwatch Eの浸水状況です。
    防塵防水性能は「IP67」となっていますが、この有様です。
    この窓は心拍数センサーの部分です。

    浸水時の基本的な対処としては、電源を切断して乾かすことですが、内蔵バッテリをすぐに切断することはできません。
    まずはシリカゲル乾燥剤と密閉袋を用意して、Ticwatch Eを乾かすことに。

    一週間ほど放置してみましたが、内部の水気は取れていないようです。

    スマートウォッチ本体を見ると、トルクスタイプのビスを発見しました。

    iPhone用のトルクスドライバーが適合するようで、簡単に外すことができました。
    ビスの根元にはゴムガスケットが装備されていますが、ここに水分はありませんでした。

    先ほどのビスを外すと、パカッと本体が開きました。
    ビス一本とツメ固定という事を考えると、防水性能はあまり期待できないような気が。。。

    Ticwatch Eの裏蓋内部です。
    右に見えるのは充電端子用のバネ接点です。
    そして中央の穴は先ほどの浸水写真にあった心拍数センサーの穴になります。

    そしてTicwatch E本体側です。
    中央の心拍数センサーあたりの浸水が激しいですね。。。

    今回の浸水で発生したのかわかりませんが、充電端子部も激しく損傷しています。

    有機ELディスプレイ側はキレイない状態ですが、若干水分が残っていました。

    Ticwatch Eのメイン基板裏面です。
    大部分はシールド板に格納されており、内部構造は不明です。

    結局、Ticwatch E内部は水浸し、バッテリーまで水分を含んで膨らんでいる状態です。

    取り出した全バーツです。
    時計としては筐体の剛性不足を感じる設計です。

    このバラバラ状態で再び、Ticwatch Eを乾燥処理します。

    乾燥処理後に細部をチェックしてみました。
    有機ELディスプレイ部の端子ですが、半田部を中心に腐食が発生しています。

    こちらはメイン基板ですが、やはりコネクタ部を中心に腐食がありますね。。

    コネクタ部以外でも、各部が激しく腐食しており復旧は難しそうです。

    浸水の原因となった心拍センサー部分です。
    その横にはSIMスロットらしきものがあり、セルラーモデルも用意される予定があったのでしょうか。

    再び組み立てて充電をしてみましたが、やはり復旧させることは不可能でした。

    今回の浸水は中央部の心拍センサー部分が原因と思われます。
    実際にはボディ全体の剛性不足、それに加え防水設計の悪さが影響して浸水したと思われます。

    スマートウォッチはまだまだ新しい分野の製品ですが、こういった初歩的な問題に関しては時計メーカー製の物を選択するのも良いかもしれませんね。


  • EaseUS Todo Backup Homeのシステムバックアップに救われた件

    EaseUS Todo Backup Homeというソフトをご存知でしょうか?
    実はブログ更新専用に使用していたPCのOSが起動不良となり、それの復旧に大いに役立ったソフトなんです(^^;
    今回はSSDだから故障しないという考えは間違いであるという事を再認識しました。

    起動不良となったPCです。
    分解を試みるも、SSDはSATAタイプではなく手持ちの機器ではデータを救い出す事は出来ませんでした。

    症状としてはWindowsUpdateの途中で動作がおかしくなった感じです。

    ディスクチェックの画面が繰り返し表示されます。

    ドライブをスキャンするも、復旧には至らず。

    何度も繰り返される悪夢。
    見飽きた画面です。。。

    ブログ用のPCは重要な機器として扱っているので、数か月ごとにEaseUS Todo Backup Homeというソフトでシステム全体のバックアップを取っていました。
    今回はそれを使って復旧させてみることにしました。
    私はUSBメモリにWindowsPEブートイメージ、SDカードにシステムバックアップを保存するようにしています。


    まずはUSBブートが可能な状態へBIOS設定を変更しましょう。
    これは機器によって画面が違いますので、お手持ちのマニュアルを参考にしてくださいね。
    メーカーや機器によってさまざまですが、電源投入後に「DEL」、「F2」、「F10」、「ESC」などを連打していると入れることが多いです。

    事前に作成していた、USBメモリとバックアップデータのSDカードを挿入して、PCの電源をONしましょう。
    するとWindowsPEブートイメージから、EaseUS Todo Backup Homeが起動しました。
    これはバックアップやリカバリーの専用ソフトなので、この状態ではWindowsを操作することはできません。

    画面にある「Browse to Recover」をクリックしましょう。

    するとバックアップ済みのデータが表示されます。
    今回は「2018/08/09 23:53」にバックアップを取ったデータが見つかりました。
    このデータからPCを復旧させるので「Recovery」をクリックしましょう。

    するとリカバリー対象のディスクイメージの選択画面が表示されます。
    通常は一番上にチェックを入れて「Next」をクリックしましょう。

    続いて書き戻し先のディスクを選択する画面が表示されます。
    これも通常は一番上にチェックを入れるだけでOKです。「Next」をクリックしましょう。

    するとディスクの上書き警告が表示されますが、すでに起動不能となったPCです。
    気にせず「Yes」をクリックしましょう。

    すると即座にリカバリーが開始されました。
    時間がかかる作業なのでコーヒーでも用意しながらゆっくりと待ちましょう。

    と思ったのもつかの間、5分程度でリカバリーが完了してしまいました!
    今回はSDカードとSSDという組み合わせなので短時間で完了したのかもしれませんが、まさに爆速といえる感じですね。

    期待半分、不安半分といったところですが、PCを起動させてみました。
    アップデート等の関係か何度か再起動が繰り返されます。。。

    そして見事に復活することが出来ました。

    EaseUS Todo Backup Homeですが、USBメモリやSDカードを使ってバックアップできる手軽さや、簡単な操作は初心者の方にもおススメです。
    写真や音楽などのデータだけ外付けHDDにコピーしている方も多いかと思いますが、Windowsの状態まで完全にバックアップできるのは大変心強い存在です。

    バックアップというと難しいと感じるかもしれませんが、故障したときの強い味方になりますね。
    今回は身をもって体感し、嬉しさのあまりブログ記事のネタにしてみました(笑)

    そんな感じでブログ記事を書き始めましたが、ついでなのでバックアップの取得方法についても紹介しておきたいと思います。
    まずはEaseUS Todo Backup Homeを起動します。

    メニューから「ブータブルディスクの作成」を選択しましょう。
    これが先ほどのWindowsPEブートイメージUSBを作成する手順になります。
    それほど大きな容量は不要ですので、適当なUSBメモリをPCに接続して、「作成」をクリックしましょう。

    すると「WinPE ISOを作成中…」というメッセージが表示されます。

    続いてUSBメモリに書き出す作業が始まりました。

    USBメモリが削除されるので、「選択したデバイスはフォーマットする必要があります。続行しますか?」と聞かれます。
    本当に削除して問題ないUSBメモリであれば、「OK」をクリックしましょう。

    すると、「WinPE ISOがエクスポートされました。」と表示され作業は完了です。
    時間にして2分程度でしょうか。非常に快適でサクサクと作業が進む感じですね。
    「完了」をクリックして完了です(^^

    画面が戻ると「システムバックアップ」というボタンが現れました。
    「システムバックアップ」をクリックしましょう。

    対象となるディスクやWindowsのバージョンなどが表示されます。
    今回はSDカードに保存するので、宛先だけ変更しましょう。

    このようにバックアップの保存先も様々な箇所を選択することが出来ます。
    今回はSDカードですが、ネットワーク上の他のPCに保存したり、NASに保存したりとなかなか便利なバックアップソフトですね。

    保存先を選んだら、「実行」をポチっとクリックしましょう。
    これだけでバックアップが開始されます。

    バックアップ中はこのように進行状況が逐次表示されます。

    私の環境だと5分足らずでバックアップ作業が完了しました。

    このようにわずか数分の作業で安心を得ることが出来るのが、バックアップソフトの役目なんですね。
    競合他社の物なども使ったことがありますが、EaseUS Todo Backup Homeは3980円と価格が安いので試しやすいのが良いですね。
    またダウンロード販売もされているので、amazon等でCD版のソフトを買う必要もありません。

    今回はシステムバックアップ機能しか使っていませんが、ほかにもメールのバックアップやスケジュールによる自動バックアップなどの機能も実装されています。
    メーカーページでは無料体験版も配信されているようなので、まずは無料体験でバックアップソフトを体験してみてはいかがでしょうか?
    https://jp.easeus.com/backup-software/home-edition.html

     


  • Powerseed 11000mAh モバイルバッテリが発煙!!

    まだ数回しか使用していないPowerseed 11000mAhモバイルバッテリですが、充電中に発煙する事故が発生しました。
    国内メーカー品であれば、このような状況では保証期間に関係なくサポートされると思いますが、謎のメーカー品なので解体処分が妥当でしょう。

    まずは商品の紹介から。
    Powerseed 11000mAhです。一般的なUSBタイプのモバイルバッテリーですね。

    41Ut5d3v2UL

    本体ロゴ。
    DSC_0358

    こちらが事故直後の様子です。
    充電中に突然発煙したので、ケーブルを引き抜こうとしたのですが、MicroUSBコネクタごと抜け落ちました。
    DSC_0280

    かなりの高温になっていたのでしょうか。
    外装プラスチックも熱変形しています。。。
    DSC_0282

    スルッと、出てきたコネクタ部分です。
    恐ろしいことに半田が解けてはがれています。
    例えば一般的な鉛フリー半田である、SN100Cを例にとってみると、融点は227℃となっています。
    つまりそれ以上の高温状態となったのでしょう。

    まずは火災に至らなかった事を喜びたいですね!
    DSC_0283

    本体記載のスペックです。
    バッテリ容量や入力電流、出力電流など記載があります。
    この製品は2ポートで合計3.1A取れるように書いてありますが、実際には2Aを超えると出力停止するゴミ仕様です。
    DSC_0357

    さて発煙状況を確認するため、本体を分解してみましょう。
    分解はiPhone修理などにつかう樹脂製工具をスキマに挟んでパキパキと開けていきました。
    DSC_0361

    解体途中に転がってきたダイオード。
    この子も高温で半田がはがれてしまったようですね。しかもコネクタとは違い外力がかかる部品ではないので、相当な高温にさらされたと考えられます。
    DSC_0363

    ふたが半分開きました。
    紫のリチウムイオンバッテリーが見えていますね。
    DSC_0364

    疑惑の基板です。
    燃えた側は反対側のようですので、さらに分解を進めましょう。
    DSC_0365

    反対側のカバーも取り外しました。
    バッテリーは5本となっています。
    DSC_0366

    2015年6月製造のようですね。
    DSC_0367

    5本のバッテリという事でどのような結線になっているのかチェックしてみましょう。
    DSC_0368

    なるほど、5本ともパラレル接続になっていますね。
    これでは個別の充電制御など期待できるはずもありませんね。
    また温度サーミスタも未装着で安全に関しては特段配慮されていないようです。
    DSC_0369

    火災の危険を取り除くため、不要なハーネス類をカットして絶縁しておきました。
    その後、バッテリを放電させたので安心して廃棄することができそうです。
    DSC_0370

    では燃えた基盤をみてみましょう。
    マイコンと思しき半導体は表面が削られており、型式等は判別不能です。
    DSC_0372

    もう一つは、DTM4626でした。Din-Tek社のMOSFETですね。
    DSC_0373

    出力端子ですが、だれが見ても個別出力で合計3.1Aと思ってしまう表記です。
    DSC_0374

    しかしながらUSB端子の結線を確認するとどちらのポートもパラレル接続。。。
    データ線の結線状態も同様になっていますね。消費者を騙すのはやめてほしいところですが、安物買いの。。。といったところでしょう。
    DSC_0375

    USBコネクタ付近です。
    USBコネクタとダイオードが解け落ちた個所になります。
    ちなみにUSBコネクタは溶着していますが、この状態では短絡していない事は確認済みなので、基板側の故障と考えてよいでしょう。
    DSC_0376

    もし同じバッテリーを利用されている方は、発煙・火災等の恐れがあることを理解したうえで利用するように注意してください!
    皆様もモバイルバッテリーを購入される際は、値段に踊らされず、安心できるメーカーのものを購入するようにしてくださいね。