• タグ別アーカイブ: LED
  • 液体プラスチック 5 Seconds FIX を試す。

    液体プラスチック 5 Seconds FIXという商品が気になったので買ってみました。
    UVレジンを固めて使うタイプの接着剤です。
    無色透明で仕上がりはキレイということで各種機器の修理や工作に活用できそうな感じ!
    というわけで早速買ってみました。

    amazonから届いた商品。液体プラスチックの入ったアプリケーターとUV LEDライトという構成です。

    5 Seconds FIXのマニュアルには簡単な利用方法が書かれています。
    要約すると、接着剤を塗って5秒ほどUVライトを当てるとのこと。
    厚みは3㎜程度まで大丈夫なようです。

    今回、この接着剤を利用しようと思ったのは、このイヤホンを修理するのが目的です。
    これはビクターのウッドコーンイヤホン初代モデルHP-FX500です。
    自然な音で聞き疲れしない、そんな音がお気に入りのイヤホンです。

    しかし、長年使ってくるとケーブル付け根部分の断線などが発生します。
    今回はこれを修理するために、 5 Seconds FIXを活用してみようという訳です。

    まずは練習ということで、部屋に転がっていた謎の基板でテストです(^^

    5 Seconds FIXペンのキャップを外してみます。
    黄色い先端のペンが現れました。黄色いキャップは反対側まで貫通しておりそのまま使えそうです。

    基板のコネクタ部分に少量塗布してみました。
    そこそこの粘度はありますが、時間とともに広がっていくような感じです。

    そして、付属のUV LEDライトを照射します。
    ひとまず説明書通りに5秒当ててみました。

    こんな感じでしっかりと固まっています。
    光を当てていない部分は硬化が弱いので、ライトの当たる範囲ごとに5秒ずつ固めていくのがよさそうです。

    続いて本番を前に、別のイヤホンコードで練習しておきます。
    これはイヤホンの延長コードですが、金具で固定していた部分の被覆が破れてしまいました。

    被覆の切れた部分を中心に、液体プラスチックを塗布していきます。

    そしてUV LEDライトを照射!
    ぐるっと360度一周分を固めました。

    仕上がりはこんな感じ。
    透明で不安があるかもしれませんが、強度も十分でしっかりと固まっています。

    続いてイヤホン本体の修復に入りましょう。
    様々なパターンで練習したのでもう大丈夫。今回は先端の黄色いゴム部品を外してみました。

    先ほどのコードと同じ要領で360度ぐるっとUV LEDライトで固めていきます。

    こんな感じでしなることもなく、十分な強度で接合されました。

    修復部分を拡大撮影してみました。
    無色透明になっているので、近くで見ない限りは修正したこともわかりません♪
    これでまだまだ数年は使えそうな感じで、大満足(^^

    イヤホンの修理で気分が良くなったので、他のものも試してみました。
    これはブログ写真撮影で活躍しているスピードライトスタンド。
    いつもNikon SB-5000をセットして使っています。

    純正品との大きな違いは、裏面にゴム足が装着されていること。
    しかしこれが頻繁に外れます。そこで5 Seconds FIXを使って補強してみようという作戦です。

    ゴム足の周りにぐるっと液体プラスチックを塗布しました。

    そして全体をUV LEDライトで固めます。
    ゴム足自体も光ってキレイですね(^^

    一般的な瞬間接着剤では得られない美しい仕上がり。
    ゆっくりと馴染む感じの粘度も相まって接着面積も大きいですね♪

    そしてもう一つ、これはパーツクリーナーのノズル部分ですがよく外れてしまうんです。
    ここにも5 Seconds FIXを使って少し接着してみました。

    最後に少々もったいない気もしますが、強度を試すための試験です。
    今回はノートパソコン用のメモリを用意しました。

    メモリモジュールの側面に液体プラスチックを塗布します。

    そして、もう一枚のメモリを貼り合わせて、UV LEDライトを照射します。
    面積が大きいので少しずつ移動させながら長時間かけて硬化させました。

    この通りぴったりとくっついています!

    強度試験ということで、少し盛って補強しておきました。

    では実験開始です。
    メモリモジュールに重量物を置いてみました。
    なかなか過酷な試験だと思いますが壊れることなく耐えてくれました。

    この試験をしていて思いついたのは、電子基板のコーティングにも使えそうということです。
    適度な弾性を有しており、ケーブル類の固定など様々な用途が思いつきますね。

    今回は3本買ってみましたが、一本あれば非常に便利な5 Seconds FIX。
    ぜひご家庭に一本いかがでしょうか。


  • iPhoneのアップルマークを光らせる改造

    iPhoneのアップルマークを光らせる改造というタイトルですが、実は専用のLEDキットが販売されています。
    今回は海外の友人から分けてもらった部品でiPhoneを改造してみたいと思います。

    これが光るロゴマークのパッケージ。
    各種カラーがあるようですが、これはホワイトに光るものです。
    iphone_logo_led-1

    パッケージ裏面には電源を取る場所が簡単に書かれています。
    マニュアルはこれだけなのでいろいろと考えながら組み付けてみましょう。
    iphone_logo_led-2

    パッケージを開封すると光るアップルマーク部品とテープ類が入っています。
    iphone_logo_led-3

    今回のターゲットはローズゴールドのiPhoneです。
    iphone_logo_led-4

    まずはiPhoneを分解します。
    Lightningコネクタ両端に存在するビスを専用ドライバーで外します。
    iphone_logo_led-5

    そして、画面パネルをパカッと開きましょう。
    iphone_logo_led-6

    つづいて、液晶パネルを完全に分離します。
    iphone_logo_led-7

    アップルマークを交換する必要がありますので、バッテリーの取り外しが必要です。
    まずは、バッテリーコネクタの押さえプレートを外します。
    iphone_logo_led-8

    続いてバッテリーを取り外します。
    バッテリーの取り外しは慎重に
    iphone_logo_led-9

    続いて、標準のアップルマークを外します。
    ステンレス製のプレートがはめ込まれているので、精密ピンセットなどで徐々に剥がしましょう。
    iphone_logo_led-10

    パリッとはがれました。
    リンゴの形に穴が開いていますね(^^
    iphone_logo_led-11

    続いて光るアップルマークの取付です。
    今回は超薄型の両面テープを周囲に貼り固定させました。
    この両面テープは出代調整の意味もあります。
    iphone_logo_led-12

    両面テープを貼ったことで、光るアップルマークと本体がフラットになりました。
    そのまま固定すると少しはみ出してしまい、質感が低下します。
    iphone_logo_led-13

    今回は写真のようにメイン基板の下を通す形で取付しました。
    iphone_logo_led-14

    続いて液晶パネルのこの部分にある、黒いテープを剥がします。
    すると、バックライト系の電源が出てきます。
    ここに光るアップルマークを接続するというわけです。
    iphone_logo_led-15

    このようにハンダ部分にフレキシブルケーブルの端子を接触させます。
    iPhoneはバックライト系に15ボルト以上の高電圧が使われていますので、ショート等させるとDC-DCコンバータを破損させる恐れがあります。
    ここは慎重に作業を進めましょう。
    iphone_logo_led-16

    位置が決まったら、付属のテープで上から固定します。
    iphone_logo_led-17

    付属テープだけでは不安なので、今回はカプトンテープを利用して絶対にズレないよう、しっかりと固定しました。これでショートなどの事故を防止できますね。
    iphone_logo_led-18

    接続が完了したら液晶パネルと本体を合体させます。
    iphone_logo_led-19

    そして、端子部分に重ねる形で付属のスポンジテープを貼りつけます。
    このスポンジがバッテリーとの間に挟まることで端子部をシッカリと密着させる仕組みです。
    iphone_logo_led-20

    そして組み立てて電源を入れてみましょう。
    iphone_logo_led-21
    アップルブックのようにキレイな発光です。
    バックライト系から電源を取っているため、画面輝度と連動します。

    ケース等で差をつけるのも良いですが、この改造は夜間に目立って楽しいですよ♪


  • PRN3D ヒートベッドのLED修理

     

     

    ちょっとした不注意でヒートベッドの通電LEDを破壊してしまいました。。。
    DSC_3438

     

     

    壊れたものは修理しないといけません。
    しかし元々のチップは大変小さいものなので、少し大きめの物を買ってみることに。

    DSC_3440

     

    純正は抵抗で電流調整されていますので、ヒートベッドの電圧変更などを行うと不具合を生じる可能性があります。
    そこで、今回は電圧に影響されないよう、CRD(定電流ダイオード)を試してみるることに。

    LEDとCRDはAmazonで小分け販売されている物を利用しました。
    また精密な部分なので、細めのハンダも使ってみました。

     

    まずは破損したLEDとハンダをキレイに除去します。

    DSC_3444

     

     

    次にLEDとCRDを直列に接続しました。
    なお、LEDは切りかけのあるほうがマイナス側になります。
    CRDは青いラインの入っていないほうにプラス側を配線します。
    CRDを使うメリットは電圧変動しても常に一定の電流でLEDをドライブしてくれるので、ヒートベッドの電圧を可変させても明るさは常に一定となります。

    DSC_3447

     

     

    そして取り付け時の注意点です。
    LEDやCRDは熱に弱い部品なので、100℃近い温度で運用するヒートベッドの環境は苛酷です。
    そこで、少しでもヒーター部から遠ざけるように、基板から浮かせて出来る限り外側に配置しましょう。

    DSC_3448

     

     

    修理完了したので、通電してみましょう。
    ちょっと明るすぎますね。15mAとはいえこれほどの輝度がでるとは。。。

    DSC_3449

     

     

    あまりにまぶしいので、減光カバーを作成しました♪
    さらに修理部の破損を防ぐ効果も期待できます!

    DSC_3451

     

     

    このようにかぶせると、LEDやCRDはもとより、配線も含めて総合的に保護できます。

    DSC_3452

     

     

    そして、LED点灯時もちょうど良い明るさになりました。

    DSC_3453

     

    ダウンロードはこちら!

    ヒートベッド LED保護カバー データダウンロード