• タグ別アーカイブ: 白物家電
  • NR-E413PV Panasonicエコナビ搭載の冷蔵庫を分解してみた。

    NR-E413PVというエコナビ搭載の冷蔵庫が安売りされていたので、研究の為に購入してみました。
    今回はPanasonic製ということで、エコナビやナノイーなどのロゴマークが入っています。
    容量は406リットルで、冷蔵庫としてのグレードはミドルレンジといったところでしょうか。

    NR-E413PV冷蔵庫の内部をチェック

    冷蔵室内の写真です。
    まだ新品という事で中身はピカピカ✨
    固定用のテープも貼られた状態となっています。

    ちなみにPanasonic製の冷蔵庫が他社と大きく違うポイントはこの冷蔵室内の出っ張りです。
    ここには冷蔵庫の心臓部であるコンプレッサーが格納されています。
    コンプレッサーは冷蔵庫の中でも重量物になりますので、本来は本体下部に格納されるべきものです。
    では、なぜコンプレッサーが上にあるのでしょうか。

    冷蔵庫の大半は、上部が冷蔵室、その下が製氷室、そして野菜室や冷凍室という順に並んでいます。
    ところがコンプレッサーがある場所はどうしても部屋が狭くなってしまします。
    つまり普通であれば冷凍室や野菜室が狭くなるのですが、冷凍食品が進化したこの時代においては冷凍室の容量を最大限に確保したいですよね。
    その解決策として、本体上部にコンプレッサーが格納されています。

    下段には冷凍食品を格納するための冷凍室があります。
    他社同等クラスと比較すると非常に奥行きに余裕があり、2割くらいは大目の食品が格納できるのではないでしょうか。

    こちらは最下段の野菜室です。
    奥行きがたっぷりあり、沢山の野菜を格納することが可能です。

    ちなみに野菜室には野菜の鮮度を保つための仕組みとして、「MOISTURE CONTROL」という境界プレートが装備されています。

    仕組み的には不織布フィルターのようなものになっており、野菜室の湿度を適切に調節することで野菜を長持ちさせるというものです。

    冷蔵庫最下段のドア内部です。
    冷気の吹き出し口などが見えますね。

    NR-E413PV冷蔵庫の基本スペック

    遅くなりましたが、ここで銘板をチェックしてみましょう。
    型式:NR-E413PV-W型
    電圧:100V
    電動機消費電力:87W
    冷媒はR600aとなっています。

    冷蔵庫におけるエコナビの仕組みに迫る

    では冷蔵庫内の照明を見てみましょう。
    照明は上部と左右に搭載されており、それぞれ白色LEDが組み込まれています。
    省電力のLEDを照明として利用するのは世の中のスタンダードですね。

    また冷蔵庫内にはLUMINO SENSORと書かれた光収納量センサーが搭載されています。
    ここがPanasonicのエコナビ機能を実現する重要パーツになります。

    光収納量センサーの使われ方は庫内灯のLEDやセンサー部のLEDを利用して内部の食品量を計測します。
    上部LED、右側LED、左側LED、センサー部LEDの4か所を順番に点灯させる事で、センサーに届く光の量を測定し食品量を想定するという仕組みです。

    センサー部には上下2個の素子が搭載されています。

     

    エコナビセンサーを拡大してみる

    上部の素子を拡大してみましょう。
    こちらは内部がLEDのような形状をしていますね。指向性が高そうなリフレクター形状です。

    そして下側の素子です。
    こちらはRGBカラーセンサーのような形状ですが、写真を見る限りでは2素子?のようなので、RGB色判別まではしていないかもしれません。

    庫内に一眼レフカメラとフラッシュを入れて、ドアを閉めた状態でリモート撮影してみました。
    すると、光収納量センサーの上側素子がブルーに光っています。
    という事はやはりLEDという事で間違いなかったようです(^^

    光収納量センサー部のLEDと庫内灯を活用して食品量を計測するというアイディアは素晴らしいですね。

    エコナビの動作原理はここで詳しく紹介されています。

    冷蔵庫の裏側をチェック

    冷蔵庫内の観察が完了したので、一度電源を切って冷蔵庫の裏側を見てみましょう。
    裏側には運搬時の注意事項が記載されています。
    この注意書きによると、電源を切ってすぐに再投入してもコンプレッサーが回らない事があるようです。
    7分以上間を置くように記載されていますので、注意しましょう。

    また「危険」と書かれたラベルもありました。
    冷蔵庫に利用されている冷媒は、イソブタン(R600a)となっています。
    R600aイソブタン冷媒はオゾン破壊係数ゼロ、温暖化係数GWP3と非常に環境にやさしい冷媒です。
    ただし、非常に可燃性が高いガスで、身近なところではカセットコンロのガスがそれに該当します。

    断熱材に利用されている断熱発泡ガスはシクロペンタン(Cyclo-Pentane)です。
    こちらも引火性が高い素材ですので、冷蔵庫の取り扱い??には注意しましょう。

    冷蔵庫の裏側全体像です。
    Panasonicの冷蔵庫はコンプレッサーが上部に搭載されており、冷凍室や野菜室の容積を最大限確保するような設計になっています。
    ちなみに一般的な冷蔵庫では重量物でもあるコンプレッサーは本体下部に搭載される事がほとんどです。

    NR-E413PV冷蔵庫を分解する

    では実際に冷蔵庫上部のカバーを取り外してみましょう。
    一般的なプラスネジで固定されているので、サクッと分解可能です。

    先ほどのカバーを取り外してみました。
    中央部にはPanasonicと記載された黒いコンプレッサーが搭載されています。
    その周辺には銅製の美しい冷媒配管が並びます。

    NR-E413PVに搭載されるコンプレッサーはPanasonic製のTKB91E20DAHです。
    スペックは100Vの可変速タイプ、レシプロコンプレッサーとなります。

    コンプレッサーといえば、本体下部の金属部にガチっと固定されているイメージですが、上部コンプレッサーの場合はどのように固定されているのか?
    なんと樹脂フレームに防振ゴムを介して固定されていました。
    最近は自動車のエンジンにも樹脂部品が使われる時代であると考えれば、特に問題はないのでしょう。

    このように肉厚の防振ゴムなので、冷蔵庫本体に伝わる振動は皆無でした。
    経年劣化で振動が気になる場合はこのゴムを交換すればよさそうですね。

    また樹脂のコンプレッサー室にも大型のスポンジ素材が貼り付けされていました。
    振動騒音対策は凝った作りになっていますね。

    そしてコンプレッサーは当然発熱する部品ですが、それを冷却するためのファンが搭載されていました。

    PC等で利用されるような樹脂製のブラシレスDCファンのようです。

    使用されていたのは日本電産製の9CMファンでした。
    型式はNidec T92T09MS1AA7-53で、9V 0.09Aの回転信号付き、3線式ファンです。
    ちなみにこのファンの吸気は冷蔵後上部のスリットを利用していますので、ホコリは吸い放題です。
    1年に1度はこのカバーを開いて掃除するようにしたいですね☆

    冷媒配管はスポンジ等できっちりと断熱されており、あえて手を加えて効率UPを狙う改造は不要に感じました。

    続けて本体下部のカバーも気になるところ。
    本来であればコンプレッサーがいる場所ですが、上部コンプレッサーの冷蔵庫は何が入っているのでしょうか。

    気になったら、まず分解。
    一般的なプラスビスなので、簡単に分解可能です。

    本体下部のカバーを開くと、トレイのような部品が現れました。
    右側にはファンのような部品も装着されています。

    このトレイはドレンパンで結露した水分などが一旦ここに溜まります。
    それを右側のファンを使って気化させる仕組みですね。

    右側のファンにはスポンジで厳重なシールがされており、効率的に気化させる事ができるようになっています。

    こちらのファンも上部コンプレッサー冷却のファンと同じものでした。
    一般的にはこのようなDCファンにも寿命がありますが、3線式で回転状況をモニタしていると思われます。
    十数年後に起こるであろう故障時には、このようなファンを交換するだけでエラー解除できる事象があるかもしれませんね。
    このファンの存在を忘れずに覚えておきましょう(笑)

    NR-E413PVのまとめ

    いかがだったでしょうか。
    冷蔵庫というと、普通は食品を入れて使うだけの人が多く、コンプレッサーを見たりする機会も少ないのではないでしょうか。
    コンプレッサー部には冷却ファンがあり、掃除の必要もあるという事を知っていただいただけでも価値があったかと思います。
    定期的に掃除をすることで省エネ、長寿命化にもつながります。
    設置後数年たっている方は、清掃を兼ねて一度チェックしてはいかがでしょうか。


  • RE-F18A SHARP製電子レンジを分解してみた。

    急遽電子レンジが必要となったので、SHARP製のRE-F18Aという電子レンジを買ってみました。
    デザイン家電的なオシャレな外観とダイヤル操作だけの簡単なインターフェイスが購入の決め手です。

    なぜシャープ製電子レンジを選ぶのか。

    ちなみに、日本初の量産電子レンジも日本初のターンテーブル式電子レンジも開発したのはSHARPなんですよね。
    技術の蓄積という意味ではSHARP製を選択するのが最善でしょう。

    今回購入したRE-F18A SHARP製電子レンジです。

    シンプルな操作パネルを実現するには

    シンプル操作を実現している秘密は各種センサー類による高度な制御技術ですね。
    個人的にボタンが多数並んだ操作パネルや不安定なタッチパネルなどは好きではありません。

    2個のダイヤルと2個のボタンだけで構成されたインターフェイス。
    クリック感がしっかりとしているので、指先の感覚を頼りに操作することが可能です。

    時間設定やメニュー選択は下のダイヤルで操作します。
    こちらもクリック感がしっかりしており、時間調整も快適そのもの。

    RE-F18Aの基本スペック

    では、RE-F18Aの銘板からスペックをチェックしてみましょう。
    外観寸法は幅485mm * 奥行き375mm * 高さ305mmです。
    庫内寸法は幅285mm * 奥行き320mm * 高さ190mmとなっており、コンビニ弁当などもすっぽり収まるサイズですね。
    発信周波数は2450MHzと記載されています。2.4GhzのWifiと干渉するというのはここから読み取れますね。
    出力も比較的ハイパワーで、ヒーター出力1380w、高周波出力900Wとなっています。

    そもそも電子レンジの定義とは?

    こんな時は消費者庁の家庭用品品質表示法をチェックしてみましょう。
    電子レンジの定義は、高周波エネルギーで食物加熱を行うもの。定格高周波出力が1キロワット以下のものに限る。
    との記載がありました。この製品は定格高周波出力900W出力となっていますので、この条件に当てはまります☆
    その外にも様々な要件が記載されており、読んでいるだけで楽しいです。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

    RE-F18Aの銘板全体です。
    電気回路図も書かれており、修理の際に役立ちそうです。

    RE-F18Aの庫内をチェックしてみましょう。
    ドアは手前に開くタイプとなっており、狭いスペースでもドアを大きく開くことが可能です。
    庫内はターンテーブル無しの方式なので、大きなコンビニ弁当でも安心ですね。
    ターンテーブル無しだと加熱ムラが心配になるところですが、そこはSHARPの技術力を信じましょう☆

    ドアスイッチは2つのスイッチで構成されており、子供のいたずら等でドアを開けたまま作動させる心配もありませんね。
    もちろん、知恵を持った大人が本気をだせば解除できてしまう可能性も。大きな子供は安全スイッチで遊ばないように注意しましょう。(笑)

    庫内上部にはヒーターが入っていますね。こちらの出力は800wとなっています。

    ではRE-F18Aの裏側を見てみましょう。
    鉄板で構成されており、4つの足がある程度ですね。

    RE-F18Aの後方です。
    マグネトロンの通風孔と電源ケーブル、そしてアースケーブルが出ていますね。

    実際に分解して内部構造をチェックしてみた

    では、RE-F18Aの天板を取り外してみましょう。
    左側には電気系のパーツ、右側には庫内を構成する鉄板とヒーターで構成されています。

    本体正面から見て左側に小さな部品が搭載されています。
    部品には189Hと記載されています。

    先ほどの部品を取り外してみました。
    沢山の穴が開いた部品になってますが、これは絶対湿度センサーですね。
    オートモードの精度が高いのは湿度センサーのおかげでしょうか。

    本体上部のヒーターは100V800Wと記載されています。

    RE-F18Aの右側です。
    こちら側には電子パーツが多数並んでいますね。
    本体中央部に見えているのは電子レンジを構成するキーパーツのマグネトロンです。

    そして電子レンジの心臓部、マグネトロンへ

    RE-F18Aに採用されているマグネトロンは、WITOL製の2M339Hです。
    出力945W、アノード電流300mA、アノード電圧4200V、フィラメント電流10A、発振周波数は2458MHzとなっています。
    マグネトロンの出力としては比較的大きなものになります。この上だと出力1500W程度のものになるでしょうか。

    マグネトロンは強力な高周波を出力する部品なので冷却フィンが設けられています。
    空冷タイプなのでここに風をあてて冷却する必要があります。

    先ほどのフィンが本体後方に装着されているファンの風で冷却される仕組みとなっています。
    ちなみにこのファンを駆動するモーターは一般的なAC同期モーターとなっていました。
    DCモーターで省電力化などという考えは必要ないということでしょう。

    RE-F18Aの制御基板です。
    パワー系の基板なのでタブ端子等によるコネクタ接続が多いのも特徴ですね。

    先ほどの制御基板の奥にはフロントパネルを構成する表示基板があり、2階建て構造となっています。
    モデルごとに表示基板は作り替え、電子レンジを構成する大部分の設計を共通化しているのかもしれませんね。

    そして先ほどの制御基板には「Humi-Sen-P」と書かれた基板が立っていました。
    名称から考えると湿度センサーの基板っぽいですね(^^)

    先ほどから基板を中心によく見かけるロゴマークです。これはいったい何でしょうか??

    実は中国の美的集団という白物家電メーカーです。

    本体正面のドア開閉検出スイッチは一般的なリミットスイッチが使われていました。

    ちなみにリミットスイッチはこのようなカム機構を介して2個のスイッチで構成されていました。
    ドアが開いたまま動作してしまう状況は絶対に避けないといけません。
    このように2重のスイッチでドアの開閉状態を検出しているので、信頼性も高そうですね。

    ちなみに庫内を照らすライトは、このご時世でもLEDではなく、白熱電球が使われていました。
    やはり高熱や高周波を浴びても壊れないデバイスと考えればコレでしょう(笑)

    RE-F18A SHARP製電子レンジのまとめ

    実際に数ヶ月使っていますが、「冷凍食品あたため」「自動あたため」「メニューの牛乳あたため」の利用頻度が高いです。
    冷凍したご飯などもオートで問題ありません。またダイヤル操作がメインでバックライト付き液晶なので暗闇でも操作可能。

    シンプルな操作パネルと各種センサーによる簡単操作を実現した電子レンジでした。
    実際に使ってみると、良くできてるなぁと感じます。

    最後に、新品の電子レンジを購入した際は、カラ焼きで内部の油を飛ばす必要があります。
    この手順も説明書に記載してありますので、必ず熟読してから利用するようにしてくださいね♪


  • 衣類スチーマー ZNT-E301を試す。

    衣類スチーマーというジャンルの製品、最近よく見かけるので気になっていました。
    普段はアイロンがけもしないし、どの製品を買ってよいのかわかりません(笑)
    今回は入門編?ということで、amazonで売られていたZNT社のZNT-E301という製品を買ってみました。

    amazonから届いたZNT-E301、白いボディと白い箱。白物家電ってやつですね(^^

    パッケージに書かれた特徴を見てみましょう。
    なんとハンガーに掛けたまま使えたり、ニオイ消しにも使えたり、なかなか便利そう!

    ZNT社と聞いても、知らない人が多いと思います。私も先日まで知らなかったです(^^
    たまたま購入した「USBシガーアダプタ」がこのメーカー製で非常に性能が良かったため、最近はお気に入りメーカーのひとつになっています(笑)
    PSEマークもあるので、安心して使えますね。

    パッケージから内容物を取り出してみました。
    本体以外にも先端アダプタや耐熱グローブなどが入っています。

    衣類スチーマー本体です。
    白いボディに青い水位窓があり清潔感がありますね。

    本体裏面の銘版です。
    消費電力は700W、水タンクの容量は130mlです。

    本体サイズを計測してみました。
    本体の直径は85mmほどとスリムなボディです。

    高さは133mmです。
    ほぼ水タンクの容量分だけといった感じですね。

    スチーム吹き出し口の先端ノズルです。

    ノズル部分の幅は70mm以上あり、コンパクトサイズながらもワイドな気流を実現しているようです。

    上記吹き出し口は5ノズルあり、スリットも入っています。
    なかなかよさそうな感じですね。

    ちなみに、本体とノズルの接続部分にはシリコンゴムのガスケットが装着されており、高温の蒸気や水が漏れだす心配は皆無です。
    格安製品なのにしっかりと作られている印象を受けます(^^

    先端ノズルの着脱は、このキー溝に合わせてノズルを差し込みます。

    先端ノズルを差し込むと、矢印マークがあるのでぴったりと合うところまで回します。

    こんな感じでマークがぴったり合えば、ロック完了です。
    先ほどのシリコンゴムの効果で節度感ある締め付け感覚が安心感を与えてくれます。

    先端ノズルを装着するとこんな感じです。
    ZNT社のロゴマークが可愛いですね(笑)

    ちなみにマニュアルは日本語のものが入っています。
    使い方は簡単なので読む必要はないかもしれませんが、高温のスチームを扱う製品なので一読しておきましょう。

    ヤケド等につながる事項については、安全上の注意が書かれたカードが別途添付されています。

    では、早速水を注いでみましょう。使った水は普通の水道水です。

    ひとまず、MAXラインまで水を入れてみました。

    コンセントを差し込んで、スイッチをONすると赤いLEDが点灯します。

    そして10秒たらずでヒーター部分に気泡が発生しました。
    なかなかの速さで加熱してくれる感じです。

    30秒程度でグツグツと沸騰が始まりました。もうスチームが発生してますね。

    今回は撮影のために、先端ノズルを外した状態で加熱しましたが、安全のため先端ノズルを装着してから通電するようにしましょう。

    沸騰中はこんな感じで水位窓の中で水の沸騰する姿が見えます。

    さあ、いよいよ試してみる時がやってきました。

    今回はこのようにシワの入ったシャツで実験です。

    マニュアルの手順通り、ハンガーに掛けてスチームーを当ててみました。
    上から下にスライドさせる感じで、あっという間に作業完了♪

    作業自体は数十秒といった具合ですが、こんなにキレイになりました☆

    本来であれば、アイロン台とアイロンを用意してシワ伸ばしするのが正しいのかもしれません。
    しかし、ハンガーに掛けたまま気になる部分だけをサッとシワ伸ばし。
    こんなに便利ならもっと早く買えばよかった!!

    衣類スチーマーは様々なメーカーから発売されていますが、私の使用頻度から考えれば高価な大手メーカー製はオーバースペック(笑)
    これくらいがちょうどいい!と感じました。皆様もぜひお試しを。