• タグ別アーカイブ: アップデート
  • Accessで発生する「クエリは破損しています。」のエラー対策について。

    2019/11/12にMicrosoftUpdateにて配信されたプログラムが原因でMicrosoftAccessで、作成したクエリー、mdbやaccdb等を利用した市販ソフトなどを中心に、「クエリは破損しています。」のエラーが表示される事象が発生しています。

    対策としては該当のMicrosoftUpdateを削除することで回復します。

    対象のパッチは以下の通りです。

    Office2010:KB4484127
    Office2013:KB4484152、KB4484119
    Office2016:KB4484113

    エラーの対象となるクエリは更新クエリを利用したもので、SQLのUPDATE文を使ったものになります。

    ちなみにかなり単純なUPDATE文でも発生するので、影響範囲は大きそうです。


  • Xperia XZ1 SOV36 Android9 Pieにアップデートしてみた。

    Xperia XZ1 SOV36にAndroid9Pieの配信が開始されました。
    今まではAndroid8でしたが、どのように変化するのでしょうか?
    早速アップデートを実施してみましたので、その内容を紹介したいと思います。

    突然現れたXperia本体ソフトの更新画面。
    配信されたバージョンは 47.2.C.0.262で、1473.3MBとなっています。

    まずはアップデートの詳細を確認してみましょう。
    https://www.au.com/information/notice_mobile/update/update-201901-sov36/

    配信内容はXperia XZ1 SOV36 Android9Pieとなっており、配信開始日は2019/01/28です。
    アップデートファイルのサイズは約1.5GBで更新には25分必要となっています。

    更新内容を見ていると、利便性が向上する項目を見つけました!
    Xperiaといえば音楽機能も重要ですが、音量が15段階から30段階に細分化されました。
    これは音楽を楽しむうえでは大変うれしいポイントですね。快適音量でリスニングできます♪

    その他にも様々な更新がありますが、OSのバージョンがアップすることで、画面イメージの変更もあるようです。
    この辺りは慣れの問題でしょうか。

    その他アップデートによる変化点はこちらのPDFに詳しく書かれていますので、事前にチェックしておくことをおススメします。
    https://www.au.com/content/dam/au-com/mobile/document/information/sov36_software_update_manual_201901.pdf

    では早速ダウンロードしてアップデートしてみましょう。
    現在のバッテリー容量は62%です。このままでアップデート可能でした。
    念のため、ACアダプタに接続して充電をしながら進めたいと思います。

    約1.5GBの容量があるアップデートですが、1分ほどでダウンロードが完了。
    ファイルの整合性確認が始まりました。

    ファイルの整合性確認が完了したので、続行をタップしてアップデートを進めましょう。

    アップデートに要した時間は、ドロイド君アイコン画面から初回のパスコード画面まで15分20秒でした。
    そこから待つこと約1分で起動完了です。

    バージョン情報を確認してみましょう。
    Androidバージョン9
    Androidセキュリティパッチレベル 2018年12月1日
    ベースバンドバージョン 8998-8998.gen.prodQ-00278-10
    カーネルバージョン 4.4.148-perf+ #1 Fri Dec 7 20:38:21 2018
    ビルド番号 47.2.C.0.262

    ちなみにアップデート前には内蔵ストレージで33.03GBの空き容量がありました。

    アップデート後は30.64GBとなっており、約2.5GBを消費したようです。
    400GBのMicroSDカードは正常に認識しており特に問題は発生していません。

    アップデート内容として書かれていた音量は縦向けの音量バーに変わっていました。
    画面輝度などは従来通りの横バーでした。

    オーディオメニューを見てみましょう。
    特段変化はなさそうですね。

    カメラアプリは画面イメージががらりと変わりました。
    設定など細かな点はチェックできていませんが、写真好きな方は新しいインターフェイスを覚えて全機能を使いこなしたいですね☆

    その他スマートウォッチ等含めて互換性は問題なさそうです。

    いかがだったでしょうか。
    まず分解。の環境では特に問題はありませんでした。インターフェイスデザインの変化はありましたが慣れれば問題なさそうですね。
    気になるバッテリーの持ちについては、今後じっくりと検証してみたいと思います(^^


  • Windows10 1809アップデートを手動でインストールしてみた。

    いよいよ日本でもWindows10の1809アップデート、October2018Updateが配信されるようになりました。
    オンラインのPCは順次適用されていくようですが、スマホ連携など大幅な機能アップも魅力的ですよね。
    自動配信を待たずに、いち早く試したい。そんなときのインストール方法を紹介します。

    自信もニュースサイトで1809アップデートの配信を知り、WindowsUpdateをかけてみましたが、まだ1803の更新パッチが配信されているような状況でした。

    そこでMicrosoftのサイトから直接インストーラを起動してみましょう。
    まずは「https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10」にアクセス。

    Windows10のダウンロードというページが表示されたら、「今すぐアップデート」をクリックします。

    すると、「Windows10Upgrade9252.exe」というファイルがダウンロードされるので、実行しましょう。

    現在インストールされているWindowsバージョンと最新のバージョンが表示されます。
    このPCではバージョン1803が実行されています。最新のバージョンは1809です。と書かれていますね。
    「今すぐ更新」をクリックしてみましょう。

    CPU能力、メモリ容量、ディスク容量がチェックされ、インストール可否が判断されます。
    このPCは1809アップデートに適合していると判定されたので「次へ」をクリックします。

    するとインターネット回線を介して、インストーラがダウンロードされインストールが始まります。
    PCやディスクの速度にも依存しますが、数十分程度でインストールは完了するようです。

    無事にプレインストールが完了すると、再起動までの時間30:00という表示がされ、自動的にカウントダウンが始まります。
    ボーっと30分待つのも時間の無駄というわけで、「今すぐ再起動」をクリックしましょう。

    自動的に再起動が実施されます。
    この際、「サインアウトしようとしています。更新を完了するために、Windows10更新アシスタントによりデバイスが再起動されます。」というメッセージが表示されます。
    「閉じる」を押して十数秒待ちましょう。

    自動的に数回さ起動され、無事に1809アップデート適用済みのWindows10が起動しました。

    起動後は「Windows10の最新バージョンに更新していただきありがとうございます」というメッセージが表示されます。
    「終了」をクリックしてメッセージ画面を閉じましょう。

    念のために設定画面からWindowsバージョン情報をチェックしてみましょう。
    Windwosの仕様という欄で以下のようになっていました。
    エディション:Windows10 Pro
    バージョン:1809
    インストール日:2018/10/03
    OSビルド:17763.1

    続いて1809アップデート時に発生した不要なファイルを削除してHDD/SSDの整理をしておきましょう。
    今回はWindowsがインストールされているCドライブを右クリックして、プロパティを開きます。

    ディスクの容量は237GBで空き容量は159GBとなっています。
    「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。

    つづいて「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

    「C:にどれくらいの空き領域を作成できるか計算しています。この処理には数分かかることがあります。」と表示され、クリーンアップで削除可能なファイル一覧が作成されます。しばらく待ちましょう。

    画面が切り替わったら、「以前のWindowsのインストール」という項目で23.2GBもの容量が確保できることが分かりました。
    「以前のWindowsのインストール」にチェックを入れて「OK」をクリックしましょう。

    「これらのファイルを完全に削除しますか?」と確認画面が表示されるので「ファイルの削除」をクリックします。

    つづいて、「以前のWindowsのインストールまたは一時インストールファイルをクリーンアップすると、コンピュータを以前のバージョンのWindowsに復元することはできなくなります。この操作を実行しますか?」と確認が表示されます。今回は「はい」をクリックして、容量を確保することとしましょう。

    すると「このコンピュータにある不要なファイルを整理しています」「クリーンアップ中:以前のWindowsのインストール」と表示され、ファイルが削除されるのでしばらく待機しましょう。

    しばらく待機するとファイルのクリーンアップが完了しました。
    先ほどは159GBだった空き領域が174GBになっています。
    159GB→174GBで単純に15GBもの容量を確保することが出来ました。

    このようにWindowsアップデートを実行した後にディスククリーンアップを実施することで、空き容量を確実に確保することが可能となります。
    特にWindowsタブレットなど、空き容量に不安のあるPCをお使いの場合はアップデートのたびにディスククリーンアップをすると良いでしょう☆