• タグ別アーカイブ: DOOGEE
  • グラグラになったMicroUSB端子 を強化する。

    グラグラになったMicroUSB端子 ということで、充電速度が遅い、充電が途中で止まる、などの症状が出ていたスマホを修理してみました。MicroUSB端子を強化すべく今回登場してらったのはDOOGEE X5proです。
    Android5.1とAndroid6.0の2台を運用していますが、よく利用する方の端末は充電用MicroUSB端子がグラグラなので修理してみたいと思います。

    DOOGEE製格安スマホ。
    左の端末はオフィシャルファームでAndroid6.0化されています。
    そして右側はAndroid5.1のもの。

    DOOGEE X5proの充電端子は本体上部にあります。

    ここに充電用のMicroUSBケーブルを接続してみると左にグラグラ。。

    右にグラグラ。。。
    こんな状況なので、ショートして故障しないか心配になります(^^;

    MicroUSB端子を観察してみましょう。
    こちらは正常な端末のMicroUSB端子。

    そしてこちらがグラグラになってしまったMicroUSB端子。
    端子が開いているのがわかりますが、金属ハウジング自体の厚みも異なるように感じます。

    端子自体が少し奥まった場所に存在していることもあり、金属ハウジングの部分が短いということも影響しているのかもしれませんね。

    充電部分を修理する作業なので、当然のことながら電源を切ります。

    電源が切れたら、SIMカードとMicroSDカードを取り出しましょう。
    バッテリーも同様に取り外します。

    続いて本体裏面のビスをすべて外しましょう。
    一般的なプラスドライバーでOK。

    取り外すビスは本体下部スピーカ部の6箇所以外をすべて取り外します。

    一本だけネジロックが塗布された、若干長いビスがあります。
    それ以外は共通のビスなのでどんどん外していきましょう。

    iPhoneなどは狂気のビス種で構成されていますが、このスマホは共通部品が多く助かりますね。

    長いビスはこの部分に使用されていました。
    それ以外はすべて同じビスなので、ビスは2種類と覚えておきましょう。

    続いて樹脂工具でバックパネルを取り外します。
    基本的には外周部がツメで固定されているので、角の部分から攻めていきましょう。

    比較的簡単に、パリパリと外れます。

    取り外しに成功しました。
    両面テープや配線類はありませんので、思い切って作業しましょう。

    取り外したバックパネルです。
    左右に見える端子はバックパネルに一体化されたアンテナ部品です。

    左側の端子はLET系統のアンテナです。

    右側はWi-fi等のアンテナとなっています。
    Zenfoneもこのようなタイプのアンテナになっていましたね。

    続けて本体部分を見てみましょう。
    格安スマホですが、本体はアルミ鋳造のフレームで比較的堅牢に作られています。

    本体上部のメイン基板です。
    コネクタは右側の液晶パネルに接続されるもの。それ以外は上部に集中している感じですね。
    主要パーツはシールドケースに収められています。

    まずは本体上部に並んだ3つのコネクタを外します。
    樹脂製の絶縁工具を利用すると安心ですね。

    バックカメラ、フロントカメラも取り外しました。
    どちらも同じコネクタになっていますね。互換性があるのでしょうか?

    続いて本体下部に伸びているアンテナコネクタを外します。
    こちらも樹脂製の絶縁工具が安心♪

    続いて右側の液晶パネルへとつながるコネクタを外します。
    このコネクタは黒い部分を持ち上げることで緩めるタイプです。慎重に作業しましょう。

    これで終わり!
    と焦ると事故がおこります。サイドボタンは半田付けされているので、ボタンシートを外します。

    このように樹脂工具を使って両面テープで接着されている面を外します。

    最後にメイン基板を固定しているビス4本を外します。

    ビスが外せたらメイン基板を持ち上げますが、タッチパネル系のケーブルが裏面に残っています。
    勢いよく持ち上げると引きちぎってしまう恐れがあるので、注意しましょう。
    ここも、液晶パネルのケーブルと同様に、黒い部分を持ち上げて外しましょう。

    メイン基板を取り外した後の本体。
    アルミ部品は左右だけかと思っていましたが、基板裏側もアルミ製でなかなかしっかりした作り。

    では、外したメイン基板を眺めてみましょう。
    こちらは基板表面です。
    左からMicroUSB端子、SIMカードスロット、SIMカードスロットと並びます。
    こういったインターフェイスだけで、基盤の1/3以上を占めているんですね。

    そして裏面です。
    こちらはCPUや無線部などが格納されたシールドケースが大部分を占めています。

    では、問題のMicroUSB端子を見てみましょう。
    こちらは裏面ですが特に問題はありません。半田状態もよさそうですね。

    そして表面です。嵌め合い部分が外れて、ぱっくりと開いていますね。
    これが原因でグラグラしていたというわけです。

    まずはピンセット等で元の形にもどします。
    この状態でケーブルを差し込んでみると、カッチリとした状態に戻りましたが、すぐに再発しそうな予感。。。
    半田等で補強するのがよさそうですね。

    半田付けをする前にカプトンテープを用意します。

    カプトンテープを適当なサイズに切り取りましょう。

    そして、MicroUSB端子の内側に貼り付けます。
    これは半田が浸透してしまって、コネクタ内部に付着するのを防止する目的です。

    今回はセラミックヒーター搭載のGoot CXR-41を使用しました。
    すぐに加熱するのに加え温度回復も早いので、簡単な作業にはもってこいですね。

    使用した半田は0.3mmの極細タイプ。
    太い半田だと供給量が過剰になりがちなので、このような細かい半田を少し常備しておくと活用範囲が広がりますね。

    単純にハウジングの上部に半田を供給して補強してみます。

    こんな感じで、パックリ開いていた箇所がキレイに元通り♪

    しかし、半田だけでは強度面で不安があるので、さらなる補強を考えます。
    準備したのはMicroUSB端子が半田付けされた基板。

    ペンチを使って、バリバリとむしり取りました(笑)

    取り外したMicroUSB端子を解体します。
    今回は周りのハウジング部分の金具のみ使用したいと思います。

    先ほど解体したハウジングをニッパでカットし、スマートフォンのMicroUSB端子の上にセットしました。
    サイズはこの程度でよさそうです。

    接合させたい面に薄く半田メッキを行います。

    スマートフォンのMicroUSBに重ねて、上から半田コテで加熱しました。
    すると、半田が溶け出してガッチリと接合されました。
    これでMicroUSB端子が開いてしまうことはありません。

    横から見ても、しっかりと半田が浸透しています。
    端子自体の厚みが増すことについては、本体側にスペース的余裕があることを確認してあるので大丈夫です♪

    試しにMicroUSBケーブルを差し込んでみると、凄い剛性感が!
    新品時ですら比較にならないくらい、しっかりとした感触です。

    仕上げにダスト侵入を防止するため、カプトンテープで端子部分の隙間をふさいでおきました。

    あとは元通り組み立てるだけ。
    忘れがちなのはカメラ部分のホコリ対策です。ブロアーでしっかりとダストを飛ばしておきましょう。

    いかがだったでしょうか?
    DOOGEE X5proと違う機種でも同様の事例があるのではないでしょうか?
    コネクタの形状にもよりますが、比較的簡単に補強できるので試してみてはいかがでしょうか。
    充電速度が遅い、充電が途中で止まる、などの症状はこれで解消することも多いと思います。


  • DOOGEE X5 Pro ファームウェア更新の方法

    格安SIMフリー端末として人気のDOOGEE X5 Proですが、最近はワイヤレスアップデートされない状況が続いてしました。
    しかしファームウェアが更新されていないわけではありません。
    そこで、パソコンを使って最新ファームウェアに更新する方法を紹介したいと思います。

    見慣れたAndroidの設定画面です。
    メニュー上部の「ワイヤレスアップデート」をタップしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-1

    現在のバージョンは「DOOGEE-X5Pro-Android5.0-R09-2015.12.01」となっています。
    現在のバージョンは「DOOGEE-X5Pro-Android5.1-R09-2015.12.01」となっています。(2016/11/06修正しました)
    doogee_x5pro_firmware_update-2
    この状態で「最新バージョンのファイルがあるか確認します」をタップしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-3
    しかし画面には「お使いの携帯はすでに最新のバージョンです」と表示されます。
    私個人は同型機を7台以上扱っており、もっと新しいバージョンの端末が存在することも確認済みです。

    というわけで、ネット上を徘徊しながら最新ファームを探してみると。。。
    オフィシャル版の新バージョンを発見しました。

    まずは、「needrom.com」にアクセスしてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-6
    画面上には各メーカーのロゴマークが並んでいますが、「DOOGEE」ももちろん存在します。
    「DOOGEE」をクリックすると、同社の機種が沢山表示されました。

    その中からDOOGEE X5Proを選択する必要があります。
    画面右側の「Serial X」をクリックしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-4

    つづいて「X5 Pro」をクリックします。
    すると同型機のファームが沢山表示されます。
    今回はオフィシャルファームの最新版を使ってみることにしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-5

    すると、ダウンロードにはログインが必要と表示されています。
    doogee_x5pro_firmware_update-7

    画面右上に「Register」や「Login」のボタンがありますので、ユーザー登録を行いましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-8

    ユーザー登録が完了したら、先ほどの「Login」からログインしましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-9

    そして、もう一度DOOGEE X5 Proの画面を開いてみましょう。
    今回は数種類のROMがダウンロードできるようになってますね(^^
    私はオフィシャル最新版のUpdate R17を選択しましたが、各自お好みのモノを選んでくださいね♪
    doogee_x5pro_firmware_update-10

    続いて、ファームウェアの書き込みツールをダウンロードしましょう。
    今回は、「spflashtool.com」サイトから、「SP Flash Tool – Latest v5.1524.00」をダウンロードして使用しました。
    doogee_x5pro_firmware_update-11

    それぞれのファイルがダウンロード出来たら、WinRAR等のソフトウェアで解凍しましょう。
    解凍が完了したら「SP_Flash_Tool」のフォルダを開きます。
    doogee_x5pro_firmware_update-12

    そして、「flash_tool.exe」を実行しましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-13

    ソフトを起動すると、このような画面が表示されました。
    画面右上にある、「Scatter-loading」をクリックします。
    doogee_x5pro_firmware_update-14

    ここは、ファームウェアを選択する画面となりますので、先ほどダウンロードしたファームウェアのフォルダを開きましょう。
    「MT6735M_Android_scatter.txt」というファイルを探して選択します。
    doogee_x5pro_firmware_update-15

    すると、画面左のスマホ風画面に「MT6735M」という文字が表示されます。
    また、画面下部には白と緑の表示で沢山のファイルが表示されます。
    doogee_x5pro_firmware_update-16

    続いて、転送方法を選択します。
    今回は「Format All + Download」を選択してみました。
    doogee_x5pro_firmware_update-17

    ここまで用意できたら、DOOGEE X5 Proの電源を切り、MircoUSBケーブルでパソコンと接続します。
    充電マークが表示されますが、それが消えるまで待ちましょう。

    画面が消えたら、「音量+ボタン」と「電源ボタン」を同時に長押しします。
    doogee_x5pro_firmware_update-1

    5秒くらい押し続けるとバイブが作動し、このような画面が表示されます。
    「音量+ボタン」でカーソルが移動、「音量-ボタン」で決定という操作方法になります。
    今回は、「Recovery Mode」ですのでカーソルが一番上の状態で、「音量-ボタン」を押します。
    doogee_x5pro_firmware_update-2

    すると、ドロイド君が倒れた画面で動作を停止します。
    一瞬ドキッとするかもしれませんが、正常な動作なので安心してくださいね(^^
    doogee_x5pro_firmware_update-3

    この状態で「Download」ボタンを押します。
    doogee_x5pro_firmware_update-18

    続けて、DOOGEE X5 Proの電源ボタンを長押しして、画面を消しましょう。
    (10秒くらい押し続けると電源が切れます。)

    すると、電源が切れた瞬間に転送が始まりました!!
    doogee_x5pro_firmware_update-19

    プログレスバーの色が変わりながら進捗しますが、スマホやパソコンに触れず、2分ほど待ちましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-20

    成功すると画面上に巨大な「✔」マークが表示されます。
    ファームウェアの送信は無事成功です。お疲れさまでした。
    doogee_x5pro_firmware_update-21

    さて、ドキドキの瞬間です。
    MicroUSBケーブルを抜いて、DOOGEE X5 Proの電源を入れてみましょう。
    doogee_x5pro_firmware_update-4

    この方式のファームウェアアップデートは本体を完全に初期化してしまうので、初期状態に戻ってしまいました。
    doogee_x5pro_firmware_update-22

    購入時と同様に「Welcome」画面が表示されました。
    doogee_x5pro_firmware_update-23
    さて、設定画面でファームウェアのバージョンを確認してみましょう。
    すでにこの画面でも違いがありますね。
    先ほどまで表示されていなかった「Androidセキュリティパッチレベル」の項目が増えました。
    doogee_x5pro_firmware_update-24
    ワイヤレスアップデートの項目を見ても現在のバージョンが「DOOGEE-X5pro-Android5.1-R17-2016.07.01」に更新されていますね。
    doogee_x5pro_firmware_update-25

    最近、Windows10環境からUSBマスストレージが利用できないというコメントでの問い合わせがありましたが、このバージョンでも正常に接続・ファイル閲覧ができています♪
    doogee_x5pro_firmware_update-26

    ファームウェア送信用のソフトがよく出来ていますので、それほど難易度は高くないと思います。
    スマホが初期化されてしまうという事はありますが、クリーンな環境が構築できますので、バックアップ等を取ったうえでチャレンジされてみてはいかがでしょうか。


  • DOOGEE X5 Pro SIMフリースマホを買ってみた。

    DOOGEE X5 Pro SIMフリースマホです。
    聞き慣れない名前のメーカーですが中国ローカルのメーカです。
    ケースは黒を基調としたシンプルなもの。
    DSC_0767

    早速開封してみました。
    中身はDOOGEE X5 Pro本体とMicroUSBケーブル、そしてACアダプタです。
    DSC_0768

    ACアダプタはヨーロッパ仕様なので、変換プラグを購入しないと日本では使えなさそうですね。
    DSC_0770

    ACアダプタの仕様を確認しましょう。
    入力電圧はAC100~240Vとワールドワイドに対応。
    出力はUSB 5Vの700mA仕様です。ちょっと電流が弱いですが問題ないでしょう。
    DSC_0769

    DOOGEE X5 Proを3台並べてみました。
    本体デザインはブラックとホワイトを基調としたシンプルなデザイン。
    DSC_0771

    裏面にはメーカーロゴにも引けを取らない大きさでCEマークが記載されています。
    その上には小さくDOOGEEのメーカーロゴも。
    DSC_0772

    裏面上部です。
    500万画素カメラとLEDフラッシュを装備。
    カメラレンズは出っ張っていないので、レンズのキズも心配なさそうです♪
    DSC_0773

    本体側面です。
    上部はボリュームキー、下部は電源キーとなっています。
    クリック感は軽めかつ、シッカリした感触です♪
    DSC_0774

    本体上部の側面です。
    充電&通信用のMicroUSBコネクタとヘッドホン端子を装備しています。
    本体上部のコネクタは賛否が分かれるところですが、カーナビ等として利用するには便利だと思います。
    DSC_0775

    本体裏カバーを外してみました。
    DOOGEEロゴが鮮やかな、比較的大き目のバッテリーが目立ちます。
    DSC_0776

    バッテリーは3.7V 2400mAhと十分な容量を確保したリチウムイオンです。
    透明なシールで端子部が絶縁されているので、はがしてから装着します。
    本体にはDOOGEE X5 Proの文字。Proではないバージョンもあるそうなのでシッカリ確認しました(^^
    DSC_0779

    拡張メモリのMicroSDXCスロットに加え、デュアルSIMにも標準対応。
    まさに世界基準の設計思想で作られた端末ですね。
    ビスの数も多く、筐体強度も十分です。
    DSC_0777

    面倒なので3台まとめて電源投入してみました。
    海外メーカー製ということで各部の動作チェックをしてみましたが、すべて問題なし。
    中国と言うと馬鹿にする人も多いですが、今や安価に良いものを作る国になっていますよ♪
    DSC_0782

    起動完了です。
    簡単なウェルカムメッセージが表示されるので、スキップしましょう。
    DSC_0785

    Wi-fiに接続するとファームウェアアップデートの画面が表示されました。
    購入時点で2回連続でファームウェアが更新されました。
    DSC_0786

    アップデート中。国産端末だとメーカーロゴ等で隠されていて、あまり見ない画面かも知れませんね。
    Android君がのお腹がパカパカ動きながらアップデートされています。
    DSC_0788

    アップデート完了したので、動作検証をかねてAntutuベンチマークを落としてみました。
    Google Play Storeにも標準対応。なかなか使える端末です。
    DSC_0789

    Youtubeアプリも導入してみましたが、動作は非常に快適です。
    DSC_0790

    ブラウザを立ち上げると、メーカーページに。
    画面には新機種のDOOGEE X6が表示されていますが、購入時点ではX5 Proが最新端末です。
    DSC_0791

    続いて3D Markベンチマークもやってみましたが、それなりに動作しています。
    詳しい様子は後述の動画を見てくださいね。
    DSC_0798

    ここまで紹介してきた、DOOGEE X5 Proですが、安価に購入できる端末としては非常に充実したスペックです。
    簡単にスペックを紹介しておきます。
    CPU: MTK6735 Quad Core 1.0GHz
    RAM:2GM
    ROM:16GB
    液晶:5インチ 1280*720p
    OS:Android 5.1
    通信:3G/4G LTE/GPS/Wi-fi/Bluetooth
    このように格安端末とは思えないスペックでゲーム等に拘らなければ、メイン端末としても十分機能します。
    特に、国産の旧機種(3年ほど前のもの)を無理して使っている人はこの端末でも動作の快適さに驚くことでしょう。

    ベンチマーク動画①

    ベンチマーク動画②