• タグ別アーカイブ: Bluetooth
  • NX717 クラリオン製ナビを買ってみた。ハードウェアレビュー。

    NX717 クラリオン製カーナビゲーションを買ってみました。
    従来よりクラリオン製のナビを使っていることもあり、今回のクルマにもクラリオン製を選びました。
    今回はハードウェア面を中心にカタログにない情報を集めてみました。

    もちろん取り付けは自分自身で行うので、いつも通りamazonにて格安で購入(^^
    パッケージはモノカラー印字のシンプルなもの。

    今回購入したNX717には無料の地図更新機能が装備されています。
    購入時期によりますが、最長で2021年3月末日まで対応しているようです。

    それではNX717のパッケージを開けてみましょう。
    開けてすぐ目に飛び込んでくるのはマニュアル類と接続ケーブル類。

    取り出してみました。
    NX717の付属品は取扱説明書、取付説明書、GPSアンテナ、地デジTVアンテナ、電源ケーブルです。

    付属品を取り出した後は、中敷きの段ポールがあり2階建て構造になっています。

    では、先ほどの中敷きをめくってみましょう。
    NX717が出てきました。ようやくご対面です。

    発泡スチロールの緩衝材からとりだしたNX717。
    一般的な2DINタイプのボディです。

    まだビニール袋を被った状態。
    袋には液晶画面部への注意喚起シールが貼られています。

    ビニール袋を脱ぎ捨てたNX717
    ブラックの質感が美しいボディですね。

    NX717の液晶面はフェイスパネルに対してフラット。
    操作ボタン部は出っ張っており不用意に液晶画面に触れる心配もなさそう(^^

    NX717のボタンはシートキーではなく物理ボタンとして装備されています。
    こちらの方が操作性や耐久性の面からも安心ですね。

    NX717本体の天板を見てみましょう。

    天板にはNX717の銘板が張り付けられています。
    DVDプレイヤー機能もあるので、地域No2の表記がありますね。
    そして驚いたことにMADE IN JAPANの文字☆

    NX717にはBluetooth機能があるため、無線設備の設計認証番号も記載してあります。
    認証番号はAD15-0038005となっており、端末型式はQY-7640と記載されています。
    あれっ、この銘板にはQY-7840の文字が。。。QY-7640はNX715なので違う機種のような??

    NX717左側面です。
    固定ビスの穴は沢山開いているので、さまざまな車種に絶妙な位置で取付できそうですね。

    NX717右側面も同様に多数のビス穴が装備されています。

    NX717底面です。
    ここは見るべきものは無いかもしれませんが、念のため撮影しておきました(笑)

    NX717裏面です。
    多数のコネクタや冷却ファンが並んでいます。

    NX717の地デジアンテナコネクタです。
    コネクタはGT13タイプを採用。4アンテナ4チューナーなので4コネクタ装備されています。

    NX717の電源コネクタ。
    付属の電源ケーブルを接続するところです。

    青いコネクタはETCユニットを接続するコネクタです。
    ここは従来規格のETCユニット、ETC015が適合します。

    続いてこちらのコネクタです。
    丸いミニDINタイプのコネクタは未使用となっています。大昔のCDチェンジャー用??
    緑のコネクタはオプションのバックカメラを接続するコネクタです。RC15Dが適合します。
    黒いコネクタは汎用カメラコネクタです。CCA-738-500ケーブルが適合します。

    続いてこちらのコネクタです。
    白い10Pコネクタはプリアウト用のコネクタです。CCA-727-500ケーブルを介して外部アンプ等に接続します。
    隣の白い12Pコネクタはビデオ映像の入出力に使用します。CCA-657-500ケーブルが適合します。
    丸い穴はラジオ用のJASO規格プラグの端子です。


    続いてこちらのコネクタです。
    グレーのコネクタはGPSアンテナ用のコネクタです。GT5規格になっています。
    緑のコネクタはETC2.0ユニット専用のコネクタです。DSC016が適合します。
    真ん中の黒いジャックは付属のハンズフリー用マイクを接続します。

    本体から直接出ている黒いケーブルは、USB端子です。
    付属のUSB延長ケーブルを利用して車内に引き込みます。

    本体の丸穴は冷却ファンになっていました。

    ファンブレードを観察してみると、羽の部分にリブが付いています。
    静穏性?効率アップ?

    では車に装着する前に、安定化電源を使用して動作チェックを行いましょう。
    装着してから不具合が発生すると着脱工数が無駄になりますからね。
    電源を投入すると初回起動用の画面が表示されました。
    動作テストなので、今回は「取り付け確認」を選びました。

    すると地図画面が表示されました。

    NX717は通常時で1.3A程度の電流で動いています。
    カーナビも省電力になったものですね。液晶のLEDバックライト化やCPUの省電力化など、様々な効果でしょう。

    NX717のパネルを開けてみました。

    NX717本体にはSDカードスロットが装備されていますが、その隣にはMAP DATAと書かれてカバーが。

    MAP DATAのカバーを開けてみると、地図データのSDカードが出てきました。

    NX717の電源を入れたままカードを抜いてしまったのでエラー画面が表示されました。
    地図データだけではなくて、システムソフトも格納されているのでしょうか??

    地図データが格納されているSDカードは台湾製のモノでした。

    NX717の地図データは16GBでCLASS10のSDHCカードとなっています。
    もっと高速なカードにコピーすればナビ全体の動作が軽快になるかも!?

    NX717に地図カードを戻して再起動してみました。
    今回は夜を模してのテスト。ボタン類は白く光ってオシャレな感じ。

    こんな感じでボタン自体の視認性は高いですね。

    またサイドには白いラインが入っており、デザイン上のアクセントにもなっています。

    では昼を模した条件で再びテスト。
    これは真正面から見た状況です。液晶の視認性は問題ありませんね。

    つづいて右側から見た様子。
    実際の車内でここまでの角度で見ることはありませんが、視野角の広い液晶が採用されています。

    つづいて上から。
    この角度でも表示内容はしっかりと視認可能でした。
    どのような車種に装着しても問題なさそうですね(^^

    NX717のメインメニューです。
    基本的にはタッチ操作でOK。

    NX717の設定メニューを開いてみました。

    画質調整は明るさのみ。

    ナビ設定には色々な項目が並んでいますね。

    NX717はVICS WIDEに対応しているので、VICS画面を開いてみました。
    従来からのVICSに加えて気象情報などの項目がありますね。

    またNX717はスマホとの連携も強化されています。
    設定メニューにもBluetoothやWi-Fiの設定画面がありますね。

    まずはSDカード連携を開いてみました。
    基本的にはデータのインポートを行う画面のようです。

    つづいてBluetooth設定を開いていみました。
    様々なBluetooth機器と接続できるようですので、それらの機器管理画面になっています。

    こちらはWi-Fi設定画面。
    テザリングしたスマートフォンと連携させるための接続設定です。

    その他の設定画面です。
    初期設定や時刻設定など、基本項目が並んでいます。

    目的地ボタンを押してみました。
    ルート検索方法は一般的なものばかり。

    右隣のスマートアクセスアイコンを押してみました。
    スマホと連携して動作する機能のようですね。

    続いて通話ボタンを押してみました。
    まだスマートフォンと連携設定をしていないので、機器登録以外はグレーアウトしています。

    続いてオーディオメニューです。
    ラジオやTV以外にもUSB、Bluetooth、SDカードなどにも対応しています。

    NX717のミュージックキャッチャー機能にはSDカードが必要なようですね。

    現状ではUSBも未接続なので「メモリが入っていません」の表示。

    Bluetoothオーディオはスマートフォンなどとの連携が必須。
    これも未接続なので設定画面へのリンクが表示されています。

    SDカードメニューも同様ですね。
    多彩なメディアに対応していることは十分わかったので、今後の運用が楽しみです。

    地デジフルセグTVは郵便番号で地域設定を行うようです。

    ではナビの基本性能ともいえる地図の表示機能を試してみましょう。
    まずは64Kmスケール

    続いて16Kmスケール

    10Kmスケール

    4Kmスケール

    2Kmスケール

    1Kmスケール

    500mスケール

    200mスケール

    100mスケール

    50mスケール

    50mスケール

    25mスケール
    地図はなかなか細かいところまで収録されていますね。

    NX717のパネル角度はどの程度まで調整可能か?
    という訳でパネルのチルト角をチェックしてみましょう。

    NX717角度調整0

    NX717角度調整1

    NX717角度調整2

    NX717角度調整3

    NX717角度調整4

    NX717角度調整5

    NX717角度調整6

    NX717角度調整→パネル開
    淡い期待を抱いていた逆方向のチルト機能は存在しないようです(^^;

    液晶ディスプレイはタッチパネルより若干奥まった場所にあるように見えますね。

    NX717の液晶部を拡大してみましょう。

    NX717の液晶画素です。
    特段高性能な液晶というよりは一般的なスペックのモノでしょうか。

    NX717の付属ケーブルを並べてみました。
    昔のカーナビを知るものからすれば、配線のるいもシンプルになったものです。

    NX717のGPSアンテナはGT5コネクタを採用。

    NX717の地デジTVアンテナはGT13コネクタを採用。

    付属の電源ケーブルも必要最小限の長さとなっており、コンパクトにまとまっています。

    電源部とグランドアースは太いケーブルが採用されており、安心感がありますね。

    組み合わされるヒューズは15A。カーナビには十分な容量でしょう。

    いかがでしたか?
    ハードウェア面を中心にカタログ等ではわからない情報をまとめてみました。
    購入を検討されている方の参考になればと思います。


  • ZNT PocketNeko bluetooth スピーカーを買ってみた♪

    ZNT PocketNeko bluetooth スピーカーを買ってみました。
    購入の決め手はスマホで手軽に使えるのと、やはり見た目の可愛さでしょう(^^)

    amazonでポチっとした翌日に届いたスピーカー。
    パッケージもニャンコ仕様で可愛いですね。

    パッケージを開けると、袋に包まれたニャンコが。
    うっすらとニャンコの顔が見え隠れ(笑)

    内容物をすべて取り出してみました。
    スピーカー本体、マニュアル、USBケーブル、LINEケーブル、ストラップと沢山の付属品。

    一番のウリであるニャンコの顔をアップにしてみました。
    表面は布地になっていて手触りは良い感じ。
    PocketNekoという名称にも納得ですね。

    ニャンコを逆から撮影してみました。
    なんとリバーシブル仕様なので、逆から見ても大丈夫です(笑)

    ニャンコの目と口はスイッチになっており、電源や音量はここで操作します。
    目を押すのは痛そう(^^;

    本体裏面です。
    ラバーコートされており、しっとりした感触が印象的。
    ZNTロゴの下にはマグネットが内蔵されているので、金属面にペタッと貼り付け可能です。
    またマグネット周りは柔らかいゴム素材なので、対象物をキズ付ける心配も皆無です。

    裏面の上部には付属ストラップを通す穴があいています。
    大きめの穴なので、付属品以外のストラップも難なく通せると思います。フックに引っ掛けたり様々な活用ができそう!

    そして裏面下部にはゴム製の防水カバーが装備されています。

    パカッと開いてみました。
    端子は全部で3種類。

    左からライン入力、充電用MicroUSB、ライン出力と様々なものが装備されています。
    ライン出力と書かれていますが、ヘッドホンを装着するとスピーカ本体からの出力は停止します。
    実際にはヘッドホン用と考えて問題なさそうです。

    ゴムカバーはスライド式になっており、適度な硬さがあり、自然に開くことはなさそうです。

    使用前にまずは充電です。
    今回はankerのモバイルバッテリーから給電してみました。
    充電中はネコちゃんの口が赤く光ります。

    ニャンコ好きの人のためにズーム撮影!(笑)

    そして電源を入れると、今度はブルーに光ります。
    なかなか面白い演出ですね。

    充電しながらスマホ接続してみました。
    一般的なBluetoothデバイスと同様に簡単ペアリングできました。
    ネコちゃんの目は選曲や音量調整などの機能も備えています。

    そしてマグネット機能を試してみました。
    思いのほか強力でどこにでもペタッと貼って音楽を楽しめます。

    こんな不安定な面でもシッカリ装着。強力マグネットとゴム素材の相乗効果ですね。
    聴きたい時に、聞きたい場所で、なかなか便利なニャンコです。

    説明書からスペックシートを見てみましょう。
    製品仕様:ZNT PocketNeko
    無線規格:Bluetooth 4.0
    バッテリ容量:2200mA
    防水:IPX5
    再生時間:8時間
    ポータブルスピーカーとしては一般的な数値ですね。やはり売りはニャンコ!?

    マニュアルにはLEDの説明や各種ボタンの使い方など、日本語で詳しく書かれています。

    ペアリング方法も日本語で書かれているので、初心者の方でも簡単に使えそうですね。
    さすがにNFC付きの高級機とは違いますが、必要にして十分な説明だと思います。

    そのほかにもハンズフリーモードなども装備されており、なかなか使える子です。

    いかがだったでしょうか?
    音楽をじっくり楽しむというよりは、持ち出したり好きな場所で気軽に楽しむアイテムです。
    ニャンコのキャラを生かして話のネタにしたり、使い方はいろいろですね(^^)

    スマホ側のイコライザーで低音ブーストすることで低音もそれなりに出てる感じがします。
    この季節、野外で使ったり、仲間との楽しいひと時に華を添えるアイテムとして活用できそうです!


  • アマゾンダッシュボタンを分解する。

    話題のアマゾンダッシュボタンですが、ついに日本でもサービスが開始されました。
    まずは簡単なレビューから、、、分解までやってみたいと思います。

    Amazonから届いたアマゾンダッシュボタン(Amazon Dash Button )です。
    今回はシーブリーズとフルグラを頼んでみました。
    amazon_dash_r02_teardown-1

    パッケージは共通で簡単な印字のみです。
    amazon_dash_r02_teardown-2

    まずは箱から取り出してみました。
    アマゾンダッシュボタン本体と各国の言語で記載されたマニュアルが入っています。
    amazon_dash_r02_teardown-3

    アマゾンダッシュボタンの裏側です。
    再利用可能な青い両面テープが貼りつけされています。
    そのほかにはamazonロゴとCE0682マークがありますね。
    amazon_dash_r02_teardown-4

    アマゾンダッシュボタンの印字を見てみましょう。
    これはシーブリーズですが、プリンタで印字したかのような荒い印字です。
    amazon_dash_r02_teardown-5

    続いてフルグラ。こちらも同様ですね。まぁ使用上の問題はありませんが(^^
    amazon_dash_r02_teardown-6

    二つ並べてボタンを押すと赤いLEDが点灯しました。
    電池はもともと内蔵されているようですね。
    amazon_dash_r02_teardown-7

    では電池交換の練習を始めましょう。
    このボタンは接着によって接合されていますので、少々強引にフタを開ける必要があります。
    今回は精密ニッパとマイナスドライバーでパクリと割ることが出来ました。

    内部には電池交換も可能と思える電池ボックス付きの単4電池が内蔵されています。
    amazon_dash_r02_teardown-8

    電池を取り外してみました。
    シッカリしたバネ接点になっていますね。
    amazon_dash_r02_teardown-9

    初期搭載される電池は、デュラセル社のウルトラです。
    amazon_dash_r02_teardown-10

    製造年月は2016/10となっており、比較的最近に生産されたようです。
    amazon_dash_r02_teardown-11

    内部の電池ボックスは特殊ネジ(T5トルクス)で固定されています。
    amazon_dash_r02_teardown-12

    今回は愛用の便利ドライバーを使いました。
    いじり止め付きのトルクスにも対応したビットが多数入っており、殆どの製品に対応可能です。
    amazon_dash_r02_teardown-13

    今回はT5ビットをチョイス。セット品ながらも非常に精度の高いセットなんですよね♪
    amazon_dash_r02_teardown-14

    T5トルクスドライバーを使うことで難なくネジを緩められます。
    amazon_dash_r02_teardown-15

    ネジを3本外すだけで電池ボックスが外れました。
    端子は基板に直付けされており、側のプラスチック部品だけが外れる構造です。
    amazon_dash_r02_teardown-16

    電池ボックスと基板は共締めなので、続いて基板を外します。
    右側の黒い部品がダッシュボタンですね。
    amazon_dash_r02_teardown-17

    ダッシュボタンを取り外してみました。
    表面側は白いプラスチックのパネルになっています。
    左に見える白いチョボはLED用のレンズ部品です。
    amazon_dash_r02_teardown-18

    裏返してみましょう。
    大きなゴムで成形されており、対ダスト侵入などにも効果がありそうな感じ!
    amazon_dash_r02_teardown-19

    続いて基板を観察してみましょう。
    基本的には非分解構造ではありますが、シルクパターンで電池の方向まで書いてあります。
    応力のかかる電池バネ部品は沢山の場所で半田付けされており、半田クラック対策も万全ですね。
    amazon_dash_r02_teardown-20

    では基板の部品を見ていきましょう。
    まずは基板裏面側から。
    BRSと書かれたチップは「TPS61201DRC」です。TEXAS INSTRUMENTS社の昇圧型コンバータです。
    25Q032と書かれたチップは「N25Q032」です。MICRON社の32Mbit SPIバスメモリです。
    S1749と書かれたチップはデータシートが見つかりませんでしたが、マイクで間違いないと思います。
    amazon_dash_r02_teardown-22

    続いて表面です。
    右側に見えるのはダッシュボタン用のスイッチです。iPhoneのサイドボタン等に使われているものと同じタイプですね。用途を考えれば耐久性は十分でしょう。
    amazon_dash_r02_teardown-23

    一番大きなチップには謎のシール材が貼り付けされています。
    放熱用ではなさそうな雰囲気ですが、とりあえず剥がしてみましょう。
    amazon_dash_r02_teardown-24

    シール材を剥がすとチップが現れました。
    ATSAMG55J19と書かれたチップは「SAMG55J」です。Atmel社のARMベースCPUになります。
    ATWINC1500Bと書かれたチップは「ATWINC1500B-MU」です。Atmel社のWi-fiチップでb/g/n規格に対応しています。
    CYBL10563-68FNXIと書かれたチップは「CYBL10X6X」です。Cypress Semiconductor社のBLE対応Bluetoothチップです。
    amazon_dash_r02_teardown-25

    CYBL10X6X」から伸びているラインはどこに繋がっているのでしょうか。
    amazon_dash_r02_teardown-26

    裏面を見ると半円形のパターンに繋がっていました。
    このパターンはBluetoothアンテナの役目をしているようですね。
    amazon_dash_r02_teardown-27

    ちなみには「SAMG55J」ですが、改造防止などの理由からかガチガチにモールドされていました。
    amazon_dash_r02_teardown-28

    もはや隙間もありませんね。完璧な仕事です(笑)
    amazon_dash_r02_teardown-29

    そして先ほどマイクであると特定した部品ですが、それには理由があります。
    amazon_dash_r02_teardown-21

    先ほどの金属部品の裏側を見ると穴が開いています。
    amazon_dash_r02_teardown-31

    そしてその先にはゴム製のガスケットが。iPhone等で見られるようなマイクと同じ構造なんですよね。
    このマイクで何をしているのかは謎ですが、通話内容が漏えいするような事は無いでしょう(^^
    amazon_dash_r02_teardown-30

    いかがだったでしょうか?
    これほど沢山の部品が詰まったアイテムが僅か500円でゲットできます。

    ポチっと押すだけで翌日には自宅に商品が補充される。
    こんな便利な生活をぜひ体感してみてくださいね♪