• タグ別アーカイブ: 液晶交換
  • HUAWEI ASCEND MATE7 の液晶をDIYで格安修理する。

    HUAWEI ASCEND MATE7は6インチ液晶を搭載した大画面モデル。動画鑑賞などで威力を発揮しますが、その大画面が割れてしまいました。
    今回もamazonで売られている格安の液晶パネルを移植して格安で修理してみましたので、その手順を紹介したいと思います。

    大画面SIMフリー機種のHUAWEI ASCEND MATE7
    黒いパッケージが高級感を出していますね。

    HUAWEI ASCEND MATE7の破損部分。
    タッチパネルこそ正常に動作しますが、ガラスの粉末がポロポロこぼれ出てくる状態でケガの危険も。

    また画面上部にもクラックが入っており、修理は必須の状況となっています。

    今回はamazonで購入したHUAWEI ASCEND MATE7用の液晶パネルを用意しました。

    若干隙間があったり、品質的には??な部分もありますが、動作すれば問題なしとしましょう。

    今回はフレームが変形するレベルの破損だったので、購入したものは本体フレーム付きの液晶パネルです。
    本体フレーム無しの場合は液晶を剥がして貼り付ける作業が発生しますが、基本的には同じものと考えてください。

    本体フレームに液晶パネルやタッチパネル回路、両面テープなど周辺パーツがフル装備されています。

    通話用スピーカー部分にも両面テープが用意されており、交換作業は簡単に進みそうな感じですね。

    まずは完全に破壊されてしまったHUAWEI ASCEND MATE7の電源をOFFにします。

    タッチパネルが正常に動作したので、シャットダウンプロセスは正常に進みました。

    電源が切れたのを確認してから、SIMトレイ、MicroSDトレイを取り出します。

    両方とも抜き取り完了です。

    続いて本体下部の樹脂カバーを外します。

    両面テープとツメで固定されているだけなので、樹脂工具で隙間を広げればOK。

    苦労することなくパリッと剥がれました。

    続いてアルミ製のバックパネルを固定しているビスを2本外します。
    普通のプラスネジタイプなので、一般的な精密ドライバーで作業可能です。

    ビスを2本外したら、樹脂工具を使って隙間を広げていきましょう。
    ツメだけで固定されているので、ドライヤー等による加熱処理は不要です。

    無事に剥がれました。
    この時、指紋センサーのフレキシブルケーブルがバックパネルにと接続されているので、誤って切断しないように注意しましょう。

    まずはバックパネルから伸びている指紋センサーのコネクタを外します。
    まだ通電状態なので、樹脂工具を使って安全に作業しましょう。

    続いて本体下部基板に伸びているフレキシブルケーブルのコネクタを外しましょう。

    続いてアンテナコネクタを外します。
    このコネクタは非常に破損しやすいので、慎重にまっすぐ持ち上げてください。

    最後に下部基板を固定しているビスを外しましょう。

    ビスをすべて外し終えたら、樹脂工具を使って樹脂部分を持ち上げます。

    下部基板と樹脂製アンテナが一体化された状態のまま、取り外すことに成功しました。

    オーディオ再生用のスピーカーも取り外します。

    続いてメイン基板に取り掛かりましょう。
    まずは放熱用のグラファイトシートを少し剥がします。

    グラファイトシートの下にあった黒い金属部品を外しましょう。
    これはバッテリーなどのコネクタを押さえる役目をしています。

    金属板が外れました。
    この時、まだバッテリーは接続された状態ですので、基盤パターンに金属部品やピンセットが触れないよう注意しましょう。

    続いてバッテリーコネクタを外します。
    何度も言いますが、もちろん樹脂工具を使うようにしてくださいね。

    続いて下部基板に伸びるコネクタを外します。

    そして液晶パネルに伸びるコネクタも外しましょう。

    これで目立ったコネクタは外し終わりました。
    次にバッテリーを取り外したいところですが、メイン基板がバッテリーの上にかぶっています。
    つまりメイン基板を先に外さないとバッテリーを外すことはできません。

    まだまだ先は長いですが、HUAWEI ASCEND MATE7の分解を進めていきましょう。

    本体上部のプラスチック部品を外します。アンテナパターンが印刷されているので、基板押え以外にもアンテナの役目をしていますね。

    続いてメイン基板のカメラ横にあるビスを外しましょう。

    そして、忘れがちなサイドスイッチの基板から伸びるコネクタも忘れずに外しましょう。

    上部のアンテナ部品はツメで固定されているのでうまく持ち上げて外しましょう。

    そしてリアカメラのコネクタを外すと基板はフリーになります。

    ようやくメイン基板が持ち上がりました。
    バイブレーターは両面テープで固定されているので、忘れずに剥がしておきましょう。

    メイン基板裏面です。
    ピンクの放熱ゲルが付いている部品はHiSilicon Kirin 925です。
    スペックはOcta-core (4×1.8 GHz Cortex-A15 & 4×1.3 GHz Cortex-A7)となっており、その熱に対応するためピンクの放熱ゲルで本体フレームに放熱しています。

    またメイン基板表面にはグラファイトシートが貼り付けされておりスポット的な熱を逃がすようになっています。

    今回は破損した本体フレームも交換するので、周辺パーツも移植する必要があります。

    サイドボタン、リアカメラ、マイク用ゴム、通話用スピーカーなど、細かな部品を忘れずに移植しましょう。

    こんな感じで移植は無事終了です。

    続いてピンクの放熱ゲルを元あったパーツに塗布しておきましょう。

    続いてマグネットパーツの取り外しです。
    これは純正のカバーなどを固定するためのマグネットと思われますが、精密ピンセット等で取り外して移植しておきましょう。

    ここまで来て、ようやくバッテリーの取り外しです。
    バッテリーは強力な両面テープで固定されているので、強引に剥がすと絶縁層が破壊されて炎上事故につながります。
    iPhoneバッテリー交換失敗による炎上」←こちらも参照ください。

    両面テープでガッチリ固定されているので、ドライヤー等で液晶画面側を加熱しながら持ち上げる必要があります。
    最近よく採用されている伸ばして剥がすタイプの両面テープではありません。非常に慎重な作業が要求されますので注意して作業しましょう。

    バッテリーの取り外しを諦めて、新たに購入するというのも作戦のひとつかもしれませんね。

    バッテリーを含むパーツの取り外しが完了したら、新しいフレームに部品を移植していきましょう。

    分解と逆の手順で組み立てるだけなので特に難しい事はありません。
    メイン基板を固定してフレキシブルケーブルのコネクタを忘れずに装着しましょう。特にサイドボタンは忘れやすいです。

    最後にアンテナパーツで基板を押さえるようにしながら、ビスで固定します。

    軽く押さえながらビス締めすることでパーツ自身の浮きも防止できます。

    続いて下部のスピーカーを装着します。
    フレキシブルケーブルと基板が接触するタイプになるので、位置関係をしっかりと確認しておきましょう。

    そして下部基板を装着します。

    バッテリー以外の部品がすべて装着できました。
    この状態でバッテリーを仮接続して動作確認をしてみたいと思います。

    画面表示やタッチパネル、各種カメラなど一通り動作チェックして修理完了です。

    いかがだったでしょうか?
    大画面ゆえに落下時の破損も避けられないという事はありますが、格安修理することでまだまだ現役で使えそうです。
    バッテリーの取り外しにコツがいりますが、その他は難しい作業はありません。ぜひDIYにチャレンジしてみてくださいね。


  • XperiaZ4 割れた液晶を格安修理6(完結編)

    XperiaZ4 画面割れ格安修理の続きです(^^

    前回、液晶パネルのフレキシブルケーブルを取り付けたXperiaZ4。
    続いて通電テストをやってみましょう。
    dsc_0779

    まずは、バッテリー格納部のクッションテープを元の状態に戻します。
    フレキシブルケーブルを気づ付けないように貼りつけましょう。
    dsc_0780

    反対側も同様に、フレキシブルケーブル部分の側面に貼りつけます♪
    dsc_0781

    続いてバッテリーをはめ込みましょう。
    今回は仮固定なので、はめ込むだけでOKです。
    dsc_0782

    バッテリーコネクタをメイン基板に差し込みます。
    ショートすると大電流が流れて事故の恐れがありますので、必ず樹脂工具を利用するようにしてくださいね。
    dsc_0783

    では電源ON!
    無事に画面が表示されました。今のところ順調なようです(^^
    dsc_0784

    続いてタッチパネルの動作確認です。
    静電容量式タッチパネルはノイズ等に弱く、十分動作検証しておく必要があります。
    今回はAndroidの開発者モードをONにして軌跡を表示させて隅々まで反応をチェックしました♪
    dsc_0785

    今回のパネルは正常品で、交換作業も無事成功したようです。
    結果良好なので一旦電源を切ってバッテリーを外します。
    dsc_0786

    再び分解するときの事を考えると、強力な両面テープは嫌ですよね。
    そこで、両面テープを少しだけ切って、さらにそれを引き延ばして僅かな量だけ貼りつけました。
    これなら次回の取り外し??も安心ですね(^^
    dsc_0789

    さすがに少量の両面テープだけではグラつきを防げない恐れもあります。
    そこで周囲にカプトンテープを追加で貼りつけて隙間を狭くして軽く固定させる方法をやってみました。
    カプトンテープは非常に薄いものなので、枚数によりクリアランスを自由に調整できますよ♪
    dsc_0787

    こんな感じでシッカリと収まりました。
    この状態で反対に向けてもバッテリーが落ちないので固定は十分でしょう。
    青い両面テープも液晶パネルの時と同じ手順で貼りつけましょう。
    dsc_0790

    そしてバックパネルをはめる前に注意してほしいことです。
    Xperiaのリアカメラは非常に高画質なものです。そこにホコリが混入すると台無し!
    というわけで、ブロア等を使って入念にホコリを取り除いておきましょう。
    dsc_0791

    カメラレンズ、バックパネルともにホコリを除去しました。
    あとは、バックパネルを取り付けて作業完了です。

    こんな感じで元の姿に戻りました。
    dsc_0793

    画面割れの再発防止として、今回はガラスフィルムを施工してみました。
    これで万一の落下の際にもガラスフィルムが割れてくれることで本体液晶を保護してくれるでしょう(^^
    dsc_0794


    無事に元の姿を取り戻したXperiaZ4。
    画質的にも元の液晶と遜色ありません♪格安修理は大成功!
    dsc_0792

    いかがだったでしょうか?
    iPhone等と比較すると作業は大変な部類にはいりますが、防水性能含めて元通りになりました。
    モノづくりの観点から見ても、Apple社との設計思想の違いなどが楽しめますので、ぜひDIYにチャレンジしてみてくださいね!

     

    【XperiaZ4 液晶修理関連記事リンク】

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理1(バックパネル外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理2(バッテリー外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理3(コネクタ外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理4(パネル交換)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理5(コネクタ取付)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理6(完結編)


  • XperiaZ4 割れた液晶を格安修理5(コネクタ取付)

    XperiaZ4 画面割れ格安修理の続きです(^^

    前回、液晶パネルを取り付けたXperiaZ4。
    続いてコネクタ部分を取り付けていきましょう。
    dsc_0752

    まずは液晶パネルのフレキシブルケーブルを倒しますが、その前にシールドテープを起こしておきましょう。
    フレキシブルケーブルが一番底に来るようにするための下準備です。
    dsc_0753

    フレキシブルケーブルを折り曲げたら、黒いテープで押さえて起き上がらないようにします。
    dsc_0754

    反対側も同様に黒いテープでフレキシブルケーブルを固定しておきましょう。
    dsc_0755

    続いて、シールドテープでフレキシブルケーブルを固定します。
    しっかりと加圧してはがれないようにしましょう。ノイズ対策の意味もあるので丁寧な作業を心がけましょう。
    dsc_0756

    今回購入した液晶パネルは純正と比較して、テーピング処理が省略されている個所があったので、カプトンテープで追加補強しておきました。
    特に場所の指定はありませんが、皆さんのアイディアで心配な部分を補強しておくと安心ですよね。
    dsc_0757

    作業に完璧を求める人は、このようにコネクタ部分にも貼りつけておけば安心ですね。
    万一の落下時などに衝撃でコネクタが抜けてしまうことを防止できるのではないでしょうか?
    信頼性の面では施工して損は無し。と考えています(^^
    dsc_0758

    先ほどのカプトンテープの上から金属プレートを装着します。
    右側のビス穴を合わせてズレないように固定しましょう。
    dsc_0759

    続いて反対側の金属プレートも同様にビス穴を合わせて固定します。
    固定出来たら黒いテープで動かないように貼りつけておきましょう。
    dsc_0760

    続いて先ほどのプレートにビスを装着します。
    ベッセル精密ドライバーがあれば一発でOKですね(^^
    dsc_0761

    再び反対側の金属プレートに戻ります。
    金属プレート部のシールドテープを持ち上げて、MicroUSBコネクタをスルッとはめ込みます。
    dsc_0762

    樹脂工具でしっかりと押さえて、確実に奥まで挿入しましょう。
    ここで赤いゴムがねじれていたり、しっかり装着できていないと防水性能に影響があります。
    正確、確実な作業を心がけましょう。
    dsc_0763

    MicroUSBコネクタが奥まで入ったら、黒いテープで固定します。
    dsc_0764

    続いて、白いスピーカー部品とフレキシブルケーブルをはめ込みます。
    dsc_0766

    その上から、もう一枚の金属プレートを装着します。
    複数個所に固定用ツメがあるので、無理に押し込まず丁寧に。
    dsc_0767

    金属ツメは固定にコツがいりますが、それほど難しいものではありません。
    むやみに力を入れず、パチンパチンとはめ込みましょう。
    dsc_0768

    正しく組みあがるとこのような状態になります。
    写真と違う場合はケーブル処理や部品忘れないを再確認してみてくださいね。
    dsc_0769

    続いてマイクを装着します。
    フレキシブルケーブル一体型になっているので、そのまま位置を合わせてはめ込みましょう。
    dsc_0770

    続いてバイブレーターを装着します。
    フレキシブルケーブル一体の部品なので、簡単にはめ込み出来ると思います。
    dsc_0771

    バイブレーターが固定できてら、黒い樹脂プレートをはめ込みます。
    バイブレーターの側からはめ込んで行きましょう。
    dsc_0772

    最後にMicroUSBコネクタ上部のツメをはめ込んで完了です。
    dsc_0773

    再び精密ドライバーでビスを取り付けます。
    dsc_0774

    ビスが固定出来たら、個のフレキシブルケーブルを装着します。
    パチッと軽い力ではまります。
    dsc_0775

    続いて赤黒ケーブルはバイブレーターのモノです。
    コネクタが小さいですが、位置が決まれば軽い力で差し込みできます。
    dsc_0776

    続いてアンテナケーブルです。
    ど真ん中を射抜く感じで差し込まないとなかなか入りません。
    力任せは事故のもとなので慎重に作業しましょう。
    dsc_0777

    残るコネクタは液晶パネルで一番大きなコネクタ。
    dsc_0778

    折りたたみながら、パチッとはめ込みましょう。
    dsc_0779

    いかがだったでしょうか?
    コネクタの組み付けはなかなか大変な作業ですが、順番通り作業すれば問題ありません。
    次はいよいよ通電テストになります(^^

    次の作業へ →完結編を見る!

     

    【XperiaZ4 液晶修理関連記事リンク】

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理1(バックパネル外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理2(バッテリー外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理3(コネクタ外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理4(パネル交換)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理5(コネクタ取付)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理6(完結編)