• タグ別アーカイブ: 家電
  • RS-WFIREX4 スマート家電リモコンで暑い夏を快適に過ごす

    RS-WFIREX4 スマート家電リモコンを買ってみました。今年も猛暑がやってきましたが、帰宅前にエアコンをONして快適に過ごしたい!
    そんなIoT環境を構築するべく、ラトックシステムの製品を選択したわけですが、これがとっても便利!
    赤外線リモコンで操作可能な機器であれば何でも対応可能です。では早速製品をチェックしてみましょう。

    RS-WFIREX4 スマート家電リモコンをチェック

    まずはRS-WFIREX4スマート家電リモコンのパッケージをチェックしてみましょう。
    外観はとてもシンプルなパッケージなので家電量販店でもそれほど目立った存在ではありませんでした。
    今回はあまり下調べしていませんでしたが、家電量販店の店頭で気になったので購入してみました。

    スマート家電リモコンとは?

    簡単な使い方や機能はパッケージに記載されていますが、情報は必要最小限ですね。
    スマート家電リモコンを自宅のWifiに接続し、スマートフォンから遠隔で赤外線リモコン信号を送信して遠隔操作することができます。
    ほかにもスマートスピーカー類と連携させたり、IFTTTによる各種自動化など様々な活用方法があります。

    詳細を知りたい人は店頭でQRコードを読み取ってサイトの情報を見てもらうような仕組みです。
    この手の製品を購入しようと考える人なら、スマホなどを活用されているはずなのでこの方法が正解かもしれませんね♪

    パッケージ横には温湿度センサーと明暗センサーの搭載、対応OSなどが記載されています。

    本体サイズは45mmx45mmx15mmと非常にコンパクト。
    対応しているWifi企画は2.4GHzのみなので注意が必要かもしれませんね。

    スマート家電リモコンを開封してみた

    パッケージを開けてみると、RS-WFIREX4本体に加えてMicroUSBケーブルが入っていました。
    USBのACアダプタ等は別売りなので、電源は別途準備しておきましょう。

    付属のMicroUSBケーブルはMicroUSB-Bタイプ。

    RS-WFIREX4の本体裏にはフックにひっかける穴があり、簡単に壁付けが可能です。
    またゴム足も装備されているので、床置きでも問題ありません。

    RS-WFIREX4本体にはWPS接続ボタン、MicroUSB端子、インジケータLEDが装備されるだけのシンプルなデザイン。

    RS-WFIREX4を分解して内部構造をチェック

    RS-WFIREX4を分解してみました。
    外側のケースはツメで固定されているだけなので、パリッと簡単に開くことができました。
    内部はメイン基板とWifi基板で構成されており、非常にコンパクトにまとめられています。

    メイン基板はプラスタイプのビスで固定されているので、プラスドライバーで取り外しましょう。

    一般的なプラスドライバーで作業OKでした☆

    取り出したRS-WFIREX4のメイン基板です。
    こちらは裏面になりますが、下部に装着されている基板はWifiモジュール基板です。
    RATOC Systems,IncのPI-928になります。技適 018-180377として認証されていますね。
    この基板は右側にスリットが入っており、積極的に何かを分離しようとする設計が見受けられますね。

    右側には一体何があるのでしょうか。
    裏面で気になるのはU4のICですね。これは想像ですが、SENSIRION社デジタル温湿度センサーSHTC3ではないでしょうか。
    そうであれば熱源などから距離を置きたいという思想にも合致しますね。

    続いて基板の表面です。
    こちらで目立つのは、赤外線受光部とパワー系のLEDでしょうか。

    本体中央部にはIC2個に加えて、レンズ付きのパワー系赤外線LEDが2個ありますね。

    赤外線LEDの素性は不明ですが、部屋中に赤外線を飛ばすパワーなので相当な出力があると思われます。
    人の目には見えませんが、あまり直視したくありませんね(笑)

    左側に見えるICはGD25Q16Cですね。
    16MbitのFlashになります。ファームウェア等が格納されているのでしょうか。右側のSTMicro製のICは型式が読み取れませんでした。

    基板表面にもスリットの部分にICが装備されていました。
    透明なパッケージなので、照度センサーと思われます。コンパクトながらも多数のセンサー類を装備しているので様々な活用ができそうですね。

    RS-WFIREX4を実際に使ってみる

    今回はスマートスピーカー類との連携はせずに、まずは外出先からエアコンを操作できる所までを試してみたいと思います。
    基本的にはスマートフォンに専用アプリをインストールして、メールアドレスを登録して遠隔操作するイメージです。
    Android端末で設定をしてみたところ、簡単にWifi接続までができました。スマートスピーカー連携などを気にしなければ初心者の方でも簡単に接続できると思います。

    接続が完了すると最新ファームウェアのインストールが始まりました。
    このような配慮も初心者でも使いやすくということに注力されているように感じました。

    この手の製品ではリモコンを学習させて使うパターンが多いと思いますが、実はかなり多くの家電がプリセット登録されています。
    今回は、パナソニック照明器具、パナソニックエアコン、山善扇風機、東芝レグザなどを接続テストしましたが、すべてプリセットから選択するだけでOKでした。

    本当に敷居が低くて使いやすい、そんな印象です。

    この画面はリビングの照明を登録したものです。
    ちなみにリモコンにはオプションでch1~ch3までチャンネル切り替えがありますが、それにもプリセットで対応済み☆

    そしてこちらは山善の扇風機です。扇風機は照明と違いでn電源OFFというものありません。
    電源ON/OFFを1種類の信号で操作するので、どちらか分からないときは切タイマー等を併用する必要がありますね。

    東芝レグザの画面です。入力切替やチューナーも選択可能ですが、4Kは別途設定が必要なようです。

    そして今回の本命、エアコンの操作パネルです。
    基本的には温度、風量、運転モードが設定可能です。帰宅の少し前にエアコンをONしておけば、帰宅時には快適な環境となります。
    電源タイミング等を自分で遠隔コントロールできるのが非常に便利ですね。

    温度センサーの使いどころ

    RS-WFIREX4には温湿度センサーが装備されていますが、これは一体なにに使うのでしょうか。
    答えはエアコン制御の参考値として十分機能します!

    購入時はRS-WFIREX4自身が発熱しており、温度センサーの精度には疑問を感じていました。
    しかし使ってみて分かったことは、非常に正確な温度が表示されるようになっていました。

    RS-WFIREX4の電源投入直後の画面です。
    照度は取得できていますが温湿度は30分後まで取得できないと表示されます。
    これはおそらくRS-WFIREX4自身の発熱が安定するのを待って、正確な温度を表示するようにとの設計ではないでしょうか。

    電源投入後30分以上経過すると、温度湿度ともに表示されます。

    その精度はどの程度あるのでしょうか?
    実際に温湿度センサー付きの時計を横に置いて数時間後の温度を比較してみました。
    スマートフォンの画面を見ていただければ分かりますが、ほぼ誤差無しとなっています♪

    実際に使ってみて、温度計の数値もかなり信頼が置けるものと分かりました。
    これなら安心してエアコンや扇風機の遠隔制御に使えますね。

    ちなみに本日帰宅時に部屋の温度を測ってみると、猛暑の影響か38.1℃まで上昇していました。
    もちろん、スマートにエアコンのスイッチをONして帰宅したので、帰宅直後に汗をかくことなく快適に過ごせました。

    RS-WFIREX4スマート家電リモコンまとめ

    実際に使ってみて非常に便利な製品であると感じました。また温度センサーの補正など非常に考えて作られておりその使用感には大満足しています。
    エアコンの遠隔操作なんて不要だと考える人も多いかとは思いますが、温度までモニタ出来るのでペット等を飼われている方にも安心ではないでしょうか。
    例えば、エアコンを入れてい外出や旅行などしているときに、もし停電等でエアコンが止まったら??
    そんな時にエアコンを再起動することもできますし、部屋の温度が見えるだけでも安心感がありますよね。

    工事も必要なく、部屋に置いておくだけでOKという手軽さです。ぜひ安心のためにも導入を検討されてはいかがでしょうか。


  • TA-FV440 コードレスアイロンを分解してみた。

    TA-FV440 という型式の東芝製コードレスアイロンを買ってみました。今までコード付きのものばかり使っていたのでコードレスタイプは初体験です。
    早速分解してコードレスアイロンの仕組みをチェックしてみましょう。

    TA-FV440 コードレスアイロンを開封

    今回購入したTA-FV440です。
    近くの量販店にて購入しました。この手の家電は現物を見て使い勝手をチェックするのが一番ですね。

    段ボール箱から中身を取り出してみました。
    保管用のプラケースが付属しているのが便利ですね。

    プラカバーを開けてみました。
    中身はレッドのTA-FV440です。充電台へのスムースな格納具合と重量でこの機種を選択しました。


    充電台の裏側をみてみましょう。
    型式はTA-FV440となっており、充電台単品での型式は無さそうです。
    消費電力は100V 1200Wとなっています。

    TA-FV440の給電部分はシャッター付きで安全な仕様となっています。

    普段はプラスチック製のカバーを被っていますが、ドライバー等で押し込むと金属端子が露出します。
    子供のいたずら等で感電する心配もありませんね☆

    TA-FV440 コードレスアイロンを分解

    では早速充電台から分解してみましょう。
    裏面にあるプラスタイプのビスを外すだけでOK

    パカッと裏ブタが外れました。
    内部構造はAC100Vケーブルのコードリール機構と端子があるだけ。
    充電台には基板等の電子機器は搭載されておらず、非常にシンプルな構造です。

    このように先ほどの充電端子にAC100Vが直結されています。

    ということは、TA-FV440の充電機構は本体側に核心部があるということでしょう。

    TA-FV440のアイロン面はアーモンド形となっており、前後の双方向でアイロンがけが可能です。
    裏面の形状によっては前後の動きができないものもありますので、裏面形状をチェックして機種選定したいところですね。

    TA-FV440の操作部分はアナログなスイッチで構成されています。
    温度はスライドスイッチの3段階、スチーム噴射はボタンを押し込むことで操作します。
    シンプルな操作機構は操作ミスを防止し、またシンプルな回路は故障リスクを低減します。

    まずは分解に先立って、スチーム用の給水タンクを外してみました。

    スチーム水のタンク自体はプラスチックで構成されており、非常に軽量です。

    主要各部にはゴムパッキンが仕込まれており、水漏れを防止します。

    給水タンクを取り外したTA-FV440です。
    よく見るとプラスタイプのビスが見えていますね。

    というわけで分解開始です☆


    TA-FV440の中身です。
    コードレスアイロンということで、巨大なバッテリーが存在すると思っていました。
    しかしバッテリーはおろか、基板の類もみつかりません。。。

    主要コンポーネントはヒーター部品と接点だけ。

    TA-FV440 コードレスアイロンのまとめ

    この時点でようやくコードレスアイロンの意味が理解できました。
    充電式ではなく、「蓄熱式」だったのですね。
    なぜこんなに安価なのか、ずっと不思議に思っていたわけですが、軽くカルチャーショックです(笑)

    いかがだったでしょうか。
    コードレスアイロンは充電式ではなく、蓄熱式だということがわかりましたね。
    実際に購入される際は量販店で持った感じや、操作感をチェックしてみてくださいね。


  • タイガー蒸気レス電気ケトル PCJ-A080

    タイガー蒸気レス電気ケトル PCJ-A080を買ってきました。
    従来から使っていた電気ポットが謎の漏水事件を起こしたので世代交代というわけです。

    今回、保温型ポットから電気ケトルに買い換えてみましたが、すぐに沸騰するのでこちらの方がエコな感じですね。
    使ってみても沸騰待ちのイライラがなく快適です。

    巷ではT-Falなどを良く見かけますが、やはり日本人にあったものということで、タイガー製を選択しました。
    蒸気レスわく子 0.8Lタイプです。
    DSC_0015

    特徴としては、
    ・蒸気が発生しない
    ・倒れても漏水しない
    ・空焚き防止機能
    と、日本メーカーならではの安心、安全設計が売りになっています。

    まず分解。としても、そこを重視して購入しました。
    DSC_0016

     

    パッケージを開封すると、ポット本体と給電スタンド、マニュアル、保証書などが出てきました。
    DSC_0017

     

    給電スタンド裏面です。
    PCJ型専用と書かれていますね。3点のゴム足もあり、設置後に不安定さは感じませんでした(^^
    DSC_0018

     

    給電スタンドです。シンプルなデザインが良いですね。
    DSC_0019

    給電部。AC100Vが常時流れているわけですが、異物が入らないようにシッカリガードされています。
    DSC_0020

    対するポット側は端子むき出しですが、負荷側なのでまったく問題ありませんね。
    DSC_0022

    マクロレンズで寄ってみます。中央のピンに加え複数の接点が用意されていますね。
    DSC_0023

    給電スタンド側にはバネ機構が入っておりポットを置くと自動的にフタが開く仕組みです。
    ちなみに、爪楊枝で押してみましたが簡単には開きません。
    DSC_0024

    二本を駆使して水平に押し込むとようやく開いて端子がみえました。
    これなら小さな子供がいても安心ですね。
    手先が器用でなければ開けて感電!という事故は防げそうです。
    DSC_0025

    ポット本体です。
    DSC_0026

    フタを開けてみると、下部がヒーターパネルになっています。
    DSC_0028

    フタ側をみてみましょう。
    厳重に張り巡らされたゴムパッキン。これで転倒時の漏水を防止するわけですね。
    DSC_0031

    ちなみに、上部にはボタンがあり、コレを押し込まないとお湯はでません。
    安全スイッチですね。
    DSC_0033

    安全スイッチを押し込むと、このように弁機構が開きお湯がながれます。
    DSC_0032

    試しに600ccほど水を入れて、傾けてみました。
    DSC_0034

    まったくこぼれる気配がありません。これは地震の多い日本では必須な機能ですね。
    海外メーカーも同じような設計をしてくれているのでしょうか??
    DSC_0035

    ハンドル部分のスイッチを押すと、沸騰加熱が始まります。
    ネオンランプのやさしい光が良いですね。
    DSC_0037

    スイッチを入れると、すぐに気泡が現れました。
    DSC_0039

    ヒーターの経路が目で見て確認できるのはたのしいですね。
    DSC_0040

    撮影しているうちに、すぐ沸騰しました。
    これならコーヒーが飲みたい!と思ってもすぐに対応できますね。
    DSC_0043

    沸騰の様子を動画に撮ってみたので見てください。
    本当にすぐわくのでビックリです!!


    保温型電気ポットよりも省エネかつ、中身も清潔だと思うので、是非試してみてくださいね。