• タグ別アーカイブ: 家電
  • TA-FV440 コードレスアイロンを分解してみた。

    TA-FV440 という型式の東芝製コードレスアイロンを買ってみました。今までコード付きのものばかり使っていたのでコードレスタイプは初体験です。
    早速分解してコードレスアイロンの仕組みをチェックしてみましょう。

    TA-FV440 コードレスアイロンを開封

    今回購入したTA-FV440です。
    近くの量販店にて購入しました。この手の家電は現物を見て使い勝手をチェックするのが一番ですね。

    段ボール箱から中身を取り出してみました。
    保管用のプラケースが付属しているのが便利ですね。

    プラカバーを開けてみました。
    中身はレッドのTA-FV440です。充電台へのスムースな格納具合と重量でこの機種を選択しました。


    充電台の裏側をみてみましょう。
    型式はTA-FV440となっており、充電台単品での型式は無さそうです。
    消費電力は100V 1200Wとなっています。

    TA-FV440の給電部分はシャッター付きで安全な仕様となっています。

    普段はプラスチック製のカバーを被っていますが、ドライバー等で押し込むと金属端子が露出します。
    子供のいたずら等で感電する心配もありませんね☆

    TA-FV440 コードレスアイロンを分解

    では早速充電台から分解してみましょう。
    裏面にあるプラスタイプのビスを外すだけでOK

    パカッと裏ブタが外れました。
    内部構造はAC100Vケーブルのコードリール機構と端子があるだけ。
    充電台には基板等の電子機器は搭載されておらず、非常にシンプルな構造です。

    このように先ほどの充電端子にAC100Vが直結されています。

    ということは、TA-FV440の充電機構は本体側に核心部があるということでしょう。

    TA-FV440のアイロン面はアーモンド形となっており、前後の双方向でアイロンがけが可能です。
    裏面の形状によっては前後の動きができないものもありますので、裏面形状をチェックして機種選定したいところですね。

    TA-FV440の操作部分はアナログなスイッチで構成されています。
    温度はスライドスイッチの3段階、スチーム噴射はボタンを押し込むことで操作します。
    シンプルな操作機構は操作ミスを防止し、またシンプルな回路は故障リスクを低減します。

    まずは分解に先立って、スチーム用の給水タンクを外してみました。

    スチーム水のタンク自体はプラスチックで構成されており、非常に軽量です。

    主要各部にはゴムパッキンが仕込まれており、水漏れを防止します。

    給水タンクを取り外したTA-FV440です。
    よく見るとプラスタイプのビスが見えていますね。

    というわけで分解開始です☆


    TA-FV440の中身です。
    コードレスアイロンということで、巨大なバッテリーが存在すると思っていました。
    しかしバッテリーはおろか、基板の類もみつかりません。。。

    主要コンポーネントはヒーター部品と接点だけ。

    TA-FV440 コードレスアイロンのまとめ

    この時点でようやくコードレスアイロンの意味が理解できました。
    充電式ではなく、「蓄熱式」だったのですね。
    なぜこんなに安価なのか、ずっと不思議に思っていたわけですが、軽くカルチャーショックです(笑)

    いかがだったでしょうか。
    コードレスアイロンは充電式ではなく、蓄熱式だということがわかりましたね。
    実際に購入される際は量販店で持った感じや、操作感をチェックしてみてくださいね。


  • タイガー蒸気レス電気ケトル PCJ-A080

    タイガー蒸気レス電気ケトル PCJ-A080を買ってきました。
    従来から使っていた電気ポットが謎の漏水事件を起こしたので世代交代というわけです。

    今回、保温型ポットから電気ケトルに買い換えてみましたが、すぐに沸騰するのでこちらの方がエコな感じですね。
    使ってみても沸騰待ちのイライラがなく快適です。

    巷ではT-Falなどを良く見かけますが、やはり日本人にあったものということで、タイガー製を選択しました。
    蒸気レスわく子 0.8Lタイプです。
    DSC_0015

    特徴としては、
    ・蒸気が発生しない
    ・倒れても漏水しない
    ・空焚き防止機能
    と、日本メーカーならではの安心、安全設計が売りになっています。

    まず分解。としても、そこを重視して購入しました。
    DSC_0016

     

    パッケージを開封すると、ポット本体と給電スタンド、マニュアル、保証書などが出てきました。
    DSC_0017

     

    給電スタンド裏面です。
    PCJ型専用と書かれていますね。3点のゴム足もあり、設置後に不安定さは感じませんでした(^^
    DSC_0018

     

    給電スタンドです。シンプルなデザインが良いですね。
    DSC_0019

    給電部。AC100Vが常時流れているわけですが、異物が入らないようにシッカリガードされています。
    DSC_0020

    対するポット側は端子むき出しですが、負荷側なのでまったく問題ありませんね。
    DSC_0022

    マクロレンズで寄ってみます。中央のピンに加え複数の接点が用意されていますね。
    DSC_0023

    給電スタンド側にはバネ機構が入っておりポットを置くと自動的にフタが開く仕組みです。
    ちなみに、爪楊枝で押してみましたが簡単には開きません。
    DSC_0024

    二本を駆使して水平に押し込むとようやく開いて端子がみえました。
    これなら小さな子供がいても安心ですね。
    手先が器用でなければ開けて感電!という事故は防げそうです。
    DSC_0025

    ポット本体です。
    DSC_0026

    フタを開けてみると、下部がヒーターパネルになっています。
    DSC_0028

    フタ側をみてみましょう。
    厳重に張り巡らされたゴムパッキン。これで転倒時の漏水を防止するわけですね。
    DSC_0031

    ちなみに、上部にはボタンがあり、コレを押し込まないとお湯はでません。
    安全スイッチですね。
    DSC_0033

    安全スイッチを押し込むと、このように弁機構が開きお湯がながれます。
    DSC_0032

    試しに600ccほど水を入れて、傾けてみました。
    DSC_0034

    まったくこぼれる気配がありません。これは地震の多い日本では必須な機能ですね。
    海外メーカーも同じような設計をしてくれているのでしょうか??
    DSC_0035

    ハンドル部分のスイッチを押すと、沸騰加熱が始まります。
    ネオンランプのやさしい光が良いですね。
    DSC_0037

    スイッチを入れると、すぐに気泡が現れました。
    DSC_0039

    ヒーターの経路が目で見て確認できるのはたのしいですね。
    DSC_0040

    撮影しているうちに、すぐ沸騰しました。
    これならコーヒーが飲みたい!と思ってもすぐに対応できますね。
    DSC_0043

    沸騰の様子を動画に撮ってみたので見てください。
    本当にすぐわくのでビックリです!!


    保温型電気ポットよりも省エネかつ、中身も清潔だと思うので、是非試してみてくださいね。