Nikon D850のファームウェア Ver.1.03にバージョンアップしてみた。

Nikon D850のファームウェアが更新され、Ver.1.03が公開されました。
更新内容は「まれに AF 開始動作およびシャッターが切れるまでに時間が掛かってしまう現象を修正しました。」となっています。
確かに今まで使っている中でシャッターが切れるまで時間がかかった事があったような。。。
という訳で、早速新しいファームウェアにバージョンアップしてみました。

今回バージョンアップを行うNikon D850

バージョンアップ作業にはPC接続用のカードリーダとSDもしくはXQDのメディアが必要になります。

今回はXQDカードを使ってファームウェアを転送してみることにしました。

まずは、普段からカメラで使っているXQDカードをカードリーダーに挿入します。

まずは「http://www.nikon-image.com」にアクセスしてファームウェアを探しましょう。
「サポート」→「ダウンロード」の順にクリックしましょう。

このページには細心ファームウェアの情報が掲載されています。
現時点ではD850用ファームウェアが一番上に記載されてるので、それをクリックしましょう。

するとD850のページが表示されました。
初期値は「説明書」になっているので、画面中央部の「ファームウェア」をクリックします。

今回は最新バージョンのVer.1.03が目的なので、迷わず、「D850用ファームウェア C:Ver.1.03」を選びましょう。

「同意する」にチェックを入れて、「ダウンロード」をクリックします。
ダウンロードが完了すると、「実行」と「保存」の選択画面が表示されますが、まず「保存」してから「実行」してください。

実行しても特に画面上は変化がありません。
Windowsのエクスプローラを開いて、「ダウンロード」を開きます。
すると、先ほどダウンロードしたファイルと共に「D850Update」と書かれたフォルダが作成されています。
このフォルダを開いてみましょう。

「D850Update」と書かれたフォルダの中には「D850_0103.bin」というファイルが保存されています。
このファイルを右クリックし、「送る」→「NIKON D850」を選びましょう。
※普段使っているカードを挿入していれば、NIKON D850と表示されますが、違う場合は該当のSD/XQDを選択してください。

ファイルの転送が完了したので、Nikon D850にファームウェアを保存したXQDカードを挿入します。

Nikon D850のセットアップメニューを開いて、「ファームウェアバージョン」を選びます。

すると現在インストールされているファームウェアバージョンが表示されます。
私のD850は「C:1.01」となっていますので、若干古いですね(^^;
続けて「バージョンアップ」を選択します。

すると、「バージョンアップしますか?」の表示と共に更新前後のバージョンが表示されました。
画面を確認して問題なければ、「はい」を選んで「OK」を押しましょう。

バージョンアップが始まりました。
この間はバッテリーの着脱は当然ながら、レンズ着脱、ホットシュー、各種ボタン類などに一切触れず、完了まで待ちましょう。

体感的には2分程度かかったように感じます。
もう少し待ちましょう☆

完了すると、「バージョンアップが終了しました。電源スイッチをOFFにしてください。」と表示されます。
私は電源スイッチのOFFと共に、一度バッテリーを外して再起動させておきました。

もう一度ファームウェアバージョンを確認すると、「C:1.03」となっており、バージョンアップが成功していることが確認できました。
作業後は「バージョンアップファイルの削除」を選択してXQDカードからファイルを削除しておきましょう。

続いてSB-5000スピードライトはもファームウェアが公開されていたので、ついでに作業してみることに。
SB-5000スピードライトにはカードスロットなどは装備されていません。
では、どうやってファームウェアをバージョンアップするのでしょうか?

答えは、カメラに装着してカメラ経由でバージョンアップ作業を行います。

先ほど、D850本体のファームウェアバージョンを確認しましたが、SB-5000スピードライトを装着した状態で確認してみると。。。
Sという項目が増えており、「S:14.002」と表示されています。このSはスピードライトのSですね。
先ほどと同じく、「バージョンアップ」を選択しましょう。

すると、「スピードライトのファームウェアをバージョンアップしますか?」との確認が表示されます。
今回のバージョンアップはNikon フルサイズミラーレスZ7/Z6への対応がメインですが、念のためにアップデートしてみました。

先ほどと同じくバージョンアップには数分かかりますので、しばらく待ちましょう。

ちなみにバージョンアップ中はSB-5000スピードライトの液晶表示が消えて、オレンジのLEDが点滅しています。

あと少しで完了です(^^

完了すると、「バージョンアップが終了しました。電源スイッチをOFFにしてください。」と表示されます。

カメラ本体の電源OFFを待たずして、SB-5000スピードライトは自動的に再起動しました。

念のため、カメラ本体を再起動してからバージョン確認画面をチェックしてみました。
すると、「S:14.003」となっており正常成功したようです。

 

スピードライトを複数台持っている方は、スピードライトを交換しながらどんどん作業を進めましょう。

今回、SB-5000のファームウェアもアップしてみましたが、「CactusV6II」でも問題なく動作することが確認できました。
互換性は問題なさそうですね♪

基本的には機能改善というよりは、不具合対策がメインとなっていた「ファームウェア Ver. 1.03」でした。
常に最新のファームウェアをインストールしておくことで、機材の性能を最大限発揮できると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。