• CUBE U30GT2 のUSB充電を考察する

    先日分解したCUBE U30GT2ですが、本体の出来が良く頻繁に持ち出して使っています。
    こうなってくると、やはりUSB充電を可能としたい!という思いが強くなります

    先日の「分解写真」を見ていただくと分かりますが、内部にはほとんど空間がなく、発熱を伴うDC-DCコンバータを入れる余裕があるのか微妙な感じです。
    でも、そんなこと考えていても仕方ないので、まずは部材の選定と発注
    小型のスイッチレギュレータを探してみると、ナショナルセミコンダクターの「LM2733」が良さそうな感じです。

    いろいろ探してみると「ストロベリーリナックス」さんで、このデバイスを搭載した小型基板を発見しました!
    これにUSBからの5vを入れれば、充電に必要な12vを生成できそうです
    というわけで今回はコレに決定です。
    Cube-U30GT2-002-01
    ついでに充電端子のDCジャックと定電流コントローラも手配してみました。
    さてうまくいくかな??


  • 3Dプリンタ PRN3D 工具類を準備

    今回はマイクロファクトリーのサイトに記載されている情報を基に、基本的な工具を買って来ました。
    どれも既に持っている物ばかりですが、調整等で頻繁に使用する事になるので、それぞれPRN3D専用品として準備しました
    1397660092527


  • Cドライブの容量を消費する hiberfil.sys を削除する

    今日はPCの話題です。
    WindowsXPのサポート終了に伴い、Windows7へ移行された方も多いと思います。

    少しPCに詳しい人なら、Cドライブを占拠する「hiberfil.sys」ファイルの存在を知っていると思います。
    このファイル、普通に削除しようとしても削除できずもどかしい限りです。
    そして、メモリを潤沢に搭載したPCであるほど容量も大きくなります。
    通常のHDDであれば問題ないかも知れませんが、SSDなど容量の小さいドライブを使用されている場合は削除したくなりますよね!!

    そこで、ハイバネーション機能を無効化して、貴重なディスク容量を確保しようというネタです。

    今回のターゲットは120GBのSSDを装着したデスクトップPC
    残りわずかといった感じでパンク寸前!
    PC001_01
    このファイルを消しちゃいます
    私の環境だと11.2GBと相当なサイズ!
    PC001_02

     

    普通にやっても消せないので、、、
    ここに魔法のコマンドを入力しちゃいます。

    ☆ファイルを削除するコマンド: 「powercfg.exe /hibernate off」
    ☆ファイルを復活するコマンド: 「powercfg.exe /hibernate on」
    このコマンドでいつでも無効・有効を切り替えできます。
    一時的な容量不足の解消にも使えそうですね!
    PC001_03

     

    そして、コマンドを実行した後は
    ほら、すっきり。
    PC001_04

    コマンドを入力するもの面倒だ!という人の為に、バッチファイルも作ってみました。
    ダウンロードして便利に使っちゃってください!!
    ☆ファイルを削除するコマンド: ダウンロード
    ☆ファイルを復活するコマンド: ダウンロード