• カテゴリー別アーカイブ スマートフォン
  • CHUWI V89 3G Dual Boot 分解調査と放熱対策

    CHUWI V89 3G Windows8タブレットを分解してみました。
    このタブレットはIntel Atomに2GB RAMと64GB SSDを搭載しています。
    さらに目玉として3G通信機能や衛星GPS、Androidによるデュアルブートも実現。
    コレだけの機能を搭載しながらも非常に安価で販売されています。

    DSC_3930

    今回はそんなチャイナテクノロジーを研究すべく解体してみることにしました。
    分解前には3G SIMカードやMicroSDカードを抜いておきましょう。
    もちろん、電源OFFも忘れずに。

    DSC_1895

    では早速分解です。
    まずは四隅にある小さなビスをはずします。
    DSC_1902

    サイズはT4トルクスですので、専用のドライバーが必要です。
    DSC_1899

    4箇所のビスをはずしましたが、フタが開く気配はありません。
    DSC_1891

    ここから先は、裏蓋をこじ開ける作業になります。
    しかし両面テープなどの糊付ではありませんので、一般的なiPhone用の分解工具で開ける事ができます。
    DSC_1888

    ここまでくれば、後はどんどん開いていくだけですね。
    DSC_1887

    パリッと開きました。つめの数が多くシッカリしたつくりだと思います。
    DSC_1866

    メイン基板に目をやると、放熱シートが貼り付けされています。
    DSC_1870

    放熱シートをはがすと大きな半導体が現れました。
    DSC_1845

    SR1UB と記載されていることから、Intel Atom Z3735F (1.83Ghz QuadCore 2MB Cache)ということが分かります。
    DSC_1847

    CPUの下に4個並んだSAMSUNG半導体。
    K4B4G1646Q-HYKO (4GB DDR3 SDRAM)ですね。4個搭載なので2GBですね。
    DSC_1858

    そして隣には、SK hynix半導体。
    H26M78003BFR (64GB eMMC) Ver4.5対応なので 200MB/s(HS200モード)に対応しています。
    DSC_1859

    そしてCUP横の電源エリアにはX-Powers半導体。
    AXP288 が搭載されています。これは Intel Baytrail や Cherrytril に対応したインテリ電源ICです。
    バッテリーの充放電に加え、6chの電源出力を持つなど非常に高機能ですね。
    DSC_1848

    自作PCをやられている方なら見たことはありそうな蟹チップ。
    Realtek半導体のALC6540です。オーディオ周り D/A A/D コンバータや D級アンプなどを搭載しています。
    DSC_1856

    そしてもうひとつのRealtek半導体。
    RTL8723BS (Wifi b/g/n Bluetooth 4.0)ですね。数年前にはWifiとBluetoothが干渉すると言われていましたが、
    いまやワンチップで同じパッケージに入る時代です(^^
    DSC_1846

    メインボード横にはCOMSカメラモジュール。
    これはメインカメラなので500万画素のスペックです。
    下のコネクタにはフロントカメラ用の200万画素カメラが接続されています。
    DSC_1855

    そしてメイン基板上部にはMicroSDスロット。
    64GBのMicroSDXCカードも正常に動作しました。
    本体のeMMCとあわせて大容量のデータが持ち出せますね。
    DSC_1854

    そしてSDカードスロットの隣にはSIMカードスロットです。
    つまり3G通信が可能なので話題のMVNOを最大限活用できるというわけです。
    私はOCNモバイルONEの一番安いプランで契約したカードを入れていますが、問題なく使えています♪
    FIBOOM H350が3G通信ユニットです。A50-10タイプなのでWCDMAは900Mhz/2100Mhz周波数に対応しています。
    通信モードはHSDPAの21MbpsとHSUPAの5.76Mbpsに対応。GSMにも対応しています。
    DSC_1852

    3G通信ユニットからは黒いアンテナ線で、液晶横の黒いフィルムアンテナへ。
    DSC_1867

    こんな感じです。Wifiなどと同じようなタイプのアンテナですが高周波の世界はまったく分かりません。
    DSC_1868

    先般のアンテナの横には巨大なスピーカー。
    中華タブレットとしてはかなり拘った音響システムだと思います。これを左右に搭載してステレオ仕様です(^^
    DSC_1869

    メイン基板横にはSilead半導体。
    GSL3680 (Capacitive Sensor Controller)ですね。静電容量タッチパネルをセンシングして、メイン基板に伝えています。
    DSC_1872

    そして筐体内の大きなスペースを占めるバッテリーですが、なんと3.7V品でした。
    タブレットでは7.4V品がよく使われますが、USB充電可とするための処置でしょうか。
    容量は 3.7V 6400mAhです。
    DSC_1857

    先ほどのバッテリーはコネクタ等を介さず、直接接続されています。
    分解時のショート等には気をつけないと常時通電した状態となっていますよ!
    安全対策として?申し訳程度のヒューズ抵抗もありますね。
    DSC_1862

    MicroUSBとオーディオジャック周りです。
    最近は生産が容易な面実装部品が多用されていますが、このタブレットはリード品を採用。
    抜き差しなどで応力がかかる場所ですので、このような設計はありがたいですね。
    自宅使用中のcube U30GTでは面実装ゆえ、破損しやすい場所のひとつです。
    DSC_1864

    そして、スイッチ周り。
    こちらもわざわざ別基板を起こして接続されています。
    故障時の交換が容易というだけではなく、垂直に力がかかるためスイッチが破損しにくくなるんですよね。
    面実装のサイドスイッチなどは、やはり強度面で不安があるのでこのような構造はすばらしいと思います。
    DSC_1861

    先ほどのWifi+Bluetooth基板の下部です。
    アンテナからのラインが左のシールドBOXにも伸びていますね。
    BroadcomのGPSユニット、BCM4752になります。
    DSC_1871

    分解調査はこの辺にして、放熱対策をしたいと思います!
    ゲーム等で長時間使用していると、CPU部の加熱で実働クロックが低下します。
    この状態になると、やはり遅さを感じてしまうので、熱容量をアップさせて動作を快適にさせる狙いです。

    今回使用するのは、富士高分子工業株式会社サーコンGR-dです。
    シリコーンゲルタイプのシートで適度な粘性と1.5W/m•Kの熱伝導率を誇ります。
    DSC_1877

    ハサミで適度なサイズにカットします。
    DSC_1879

    このような断面で両面には保護フィルムが貼り付けされています。
    DSC_1880

    ペリッとはがします。
    DSC_1881

    そしてCPU上部に貼り付けます。
    今回はバックパネルを放熱板として活用するため、2枚重ねて高さを稼いでいます。
    DSC_1883

    ちょうど良い高さで、バックパネルをはめると粘着が確認できました。
    このシートは厚みと柔軟性があり、またハサミでカットできる加工性にも優れています。
    今回のようにちょっと気になる箇所にもカンタン施工できるのは大変便利です。

    一家に数枚、サーコンシート。
    是非備蓄しておきましょう。
    DSC_1885

    今回の作業ではT4トルクスなどの精密なネジをはずしましたが、ドライバーにも拘りたいですね。
    これは普段の分解作業で利用しているものですが、穴あきトルクスを含め沢山のビットが入っています。
    精度や強度も高く、殆どの作業がこのセットでこなせます。
    DSC_1900

    穴あきトルクスの充実が本当にありがたい一品です。
    よく見かける安物のセットでは穴無しトルクスが大半なので、貴重なセットです。
    DSC_1901





     


  • MeoBank SD Plus を分解する。MBSD-SURP02/BK

    加賀ハイテックのMeoBank SD Plusを買ってきました。
    販売終了に伴い、パソコン工房にて特価販売されており、通販の半値以下で買うことができました!
    DSC_4013

    本体側面です。
    この機器はWi-fiルーターやモバイルバッテリーなど、複数の機能を備えており、切り替えスイッチなどがあります。
    DSC_4015

    反対面にはUSB端子とSDカードスロット、デジカメの写真をスマホに転送したり、モバイルバッテリーとして使用したり、非常に多機能な機械です。
    DSC_4016

    本体を触っているとスキマを発見したので、パリパリと開いてみました。
    DSC_4017

    中にはリチウムイオンポリマーバッテリーと基板が入っています。
    DSC_4019

    電源は巨大な角型リチウムイオンポリマーバッテリを搭載。
    DSC_4020

    バッテリー横の基板を取り外します。
    このときWi-fiアンテナを先にはずして基板を持ち上げます。
    なお、バッテリはー基板に直接ハンダ付けされているので、基板は通電されたままの状態です。
    ランド面などをショートさせないように十分注意しましょう。
    DSC_4021

    基板の取り外しが完了しました。
    青レジストの基板に緑レジストの小亀基板が搭載されています。
    DSC_4023

    裏面はカードスロットやLAN関係のチップでしょうか。
    DSC_4022

    SDカードコントローラーとして Realtek RTS5187 を搭載。
    DSC_0032

    小亀基板には、 Realtek RTL8188RE を搭載。これはPCI Express接続のIEEE802.11b/g/nコントローラです。
    もうひとつは、 Realtek RTL8196CSを搭載。ルーター系の処理を行うネットワークプロセッサーですね。
    DSC_0030

    そして裏面にはフラッシュメモリが搭載されています。
    つまり、小亀基板と思っていたこちらがメイン基板で大きいほうの基盤は電源やカードコントローラーということになりますね。
    DSC_4024 - コピー

    分解して楽しんだ後は、電源を入れて使ってみましょう。
    DSC_4026

    ちなみに、この手のデバイスではSDカードが盛大にはみ出した状態の物が多いですが、
    これは大半が内部に入るため、この状態でもあんしんs
    DSC_4027

    Androidの専用アプリなどが準備されており手軽に使えそうな感じですが、何故かうちの環境では安定せずファイル送信に失敗します。
    結局専用アプリを使わず、ブラウザベースのアクセスを使用することになりましたが、なかなかの通信速度と安定性を発揮します。
    デジタル一眼で撮影したような、比較的大きな写真の転送に利用しますが、ストレスなく快適です♪

    新たに高速性を追求したMBSD-HS-03/MGも加わり、豊富なラインナップのMeoBankSD HS シリーズ。
    あなたはどの MeoBankを分解しますか?(^^


  • MicroSDカード容量詐欺!容量偽装を検証する方法

    MicroSDカードの8GB品を中国にて購入。
    8GBで11ドルと正規流通の価格なので安心していたのですが。。。
    sdcard_fake (8)

    パッケージ裏面には正規品を示すホログラムシール。
    sdcard_fake (9)

    シリアルNoのようなものとアドレスが印字されていますね。
    ちなみに、このアドレスは実在せず違うページにリダイレクトされます。
    sdcard_fake (10)

    では、パッケージを開封してMicroSDカードを取り出しましょう!
    ハサミでカットして取り出す一般的なパッケージですね。
    sdcard_fake (11)

    と思っていたら、パッケージ前面がパカッと開く構造になってます。
    これは怪しい。。。
    sdcard_fake (12)

    取り出したMicroSDカードです。
    キングストン製とは思えない印字品質の悪さ。
    sdcard_fake (13)

    そしてMicroSDカード裏面には謎の中華シール。
    sdcard_fake (1)

    今回はデジカメ用として購入したので、MicroSD→SD変換アダプタを利用します。
    まずはカメラ本体でカードを初期化します。
    今回はミラーレスのNikon J1を使用します。
    sdcard_fake (3)

    新品でも利用する機器で初期化しておくのが正解です。
    sdcard_fake (4)

    フォーマットも無事完了したので、カメラをもってお出かけしましょう!
    sdcard_fake (5)
    写真を撮影してみましたが、正常に動作しています。
    sdcard_fake (6)

    と思ったのも束の間、16枚目の写真から破損データの症状が。
    sdcard_fake (7)

    取り出したMicroSDカードをパソコンに接続して写真を確認してみます。
    ファイル一覧でも同じ写真が非表示になっていますね。初期不良でしょうか。

    Fake_sdcard (6)

    正常な写真はこの通り、きれいに撮影できています♪
    Fake_sdcard (7)

    ところが途中の写真から一部表示されないものが。。。
    Fake_sdcard (8)

    そしてまったく画像が表示されないものまで。
    Fake_sdcard (9)

    ダメなファイルのプロパティを見てみましたが、ファイル容量などは正しく?記録されているようです。Fake_sdcard (10)

    念のため、由緒正しきSDformater V4.0で初期化してみましょう。
    これはSDカードアソシエイションにて公開されている初期化用ソフトで無料で利用することができます!
    ★SDフォーマッター4.0 ダウンロード ←ここからダウンロード可能です。
    Fake_sdcard (11)

    フォーマットは正常に完了し、約7.4GBが利用可能となっています。
    これで問題なさそうですね!
    Fake_sdcard (12)

    ただ、写真記録用として利用するので、念のために全セクタの試験を行います。
    今回利用したのはH2testW 1.4というソフトです。
    これはMicroSDカードやUSBメモリの全領域にファイルを書き込み、再度読み込みを行い整合性を確認するというものです。
    このテストに合格すれば問題ないというわけですね!
    ★H2testw 1.4 ダウンロード ←ここからダウンロード可能です。
    Fake_sdcard (2)

    ソフトの設定です。
    言語をEnglishにセット。
    ターゲットをMicroSDカードにセット。
    そして全領域であるall available spaceを選択し、 Write + Verifyをクリックします。

    テストが始まりました。現在45MBの領域まで検査できたということになります。
    Fake_sdcard (3)

    最後まで検査が完了したので、結果を見てみましょう。
    78.8MByte OK  / 7.3GByte DATA LOST
    つまり78MB以上は正常に記録できないという結果です。

    <検査ログ詳細>
    Warning: Only 7591 of 7592 MByte tested.
    The media is likely to be defective.
    78.8 MByte OK (161527 sectors)
    7.3 GByte DATA LOST (15384841 sectors)
    Details:5.5 GByte overwritten (11538630 sectors)
    0 KByte slightly changed (< 8 bit/sector, 0 sectors)
    1.8 GByte corrupted (3846211 sectors)
    1.5 KByte aliased memory (3 sectors)
    First error at offset: 0x0000000004edee00
    Expected: 0x0000000004edee00
    Found: 0xffffffffffffffff
    H2testw version 1.3
    Writing speed: 10.5 MByte/s
    Reading speed: 14.4 MByte/s
    H2testw v1.4

    Fake_sdcard (1)

    今回購入したMicroSDカードは完全な詐欺商品で、コピー品というレベルを超越しています。
    大切なデータを失い、利用者はカードに記載されたメーカーを疑う。これはひどい犯罪行為!!
    皆さんも通販等で格安の記録媒体を購入した際は、利用される前に全セクタの検査をオススメします。
    もちろん、量販店等で購入すればそのような心配は無用ですが、やはり安いものを購入したいですよね。

    ちなみに私が通販で購入する際は、【Amazon.co.jp限定】と記載されたものを選ぶようにしています。
    海外パッケージ品とは違い、偽物が入ることはまず考えられませんからね!