• タグ別アーカイブ DIY
  • iPhoneのアップルマークを光らせる改造

    iPhoneのアップルマークを光らせる改造というタイトルですが、実は専用のLEDキットが販売されています。
    今回は海外の友人から分けてもらった部品でiPhoneを改造してみたいと思います。

    これが光るロゴマークのパッケージ。
    各種カラーがあるようですが、これはホワイトに光るものです。
    iphone_logo_led-1

    パッケージ裏面には電源を取る場所が簡単に書かれています。
    マニュアルはこれだけなのでいろいろと考えながら組み付けてみましょう。
    iphone_logo_led-2

    パッケージを開封すると光るアップルマーク部品とテープ類が入っています。
    iphone_logo_led-3

    今回のターゲットはローズゴールドのiPhoneです。
    iphone_logo_led-4

    まずはiPhoneを分解します。
    Lightningコネクタ両端に存在するビスを専用ドライバーで外します。
    iphone_logo_led-5

    そして、画面パネルをパカッと開きましょう。
    iphone_logo_led-6

    つづいて、液晶パネルを完全に分離します。
    iphone_logo_led-7

    アップルマークを交換する必要がありますので、バッテリーの取り外しが必要です。
    まずは、バッテリーコネクタの押さえプレートを外します。
    iphone_logo_led-8

    続いてバッテリーを取り外します。
    バッテリーの取り外しは慎重に
    iphone_logo_led-9

    続いて、標準のアップルマークを外します。
    ステンレス製のプレートがはめ込まれているので、精密ピンセットなどで徐々に剥がしましょう。
    iphone_logo_led-10

    パリッとはがれました。
    リンゴの形に穴が開いていますね(^^
    iphone_logo_led-11

    続いて光るアップルマークの取付です。
    今回は超薄型の両面テープを周囲に貼り固定させました。
    この両面テープは出代調整の意味もあります。
    iphone_logo_led-12

    両面テープを貼ったことで、光るアップルマークと本体がフラットになりました。
    そのまま固定すると少しはみ出してしまい、質感が低下します。
    iphone_logo_led-13

    今回は写真のようにメイン基板の下を通す形で取付しました。
    iphone_logo_led-14

    続いて液晶パネルのこの部分にある、黒いテープを剥がします。
    すると、バックライト系の電源が出てきます。
    ここに光るアップルマークを接続するというわけです。
    iphone_logo_led-15

    このようにハンダ部分にフレキシブルケーブルの端子を接触させます。
    iPhoneはバックライト系に15ボルト以上の高電圧が使われていますので、ショート等させるとDC-DCコンバータを破損させる恐れがあります。
    ここは慎重に作業を進めましょう。
    iphone_logo_led-16

    位置が決まったら、付属のテープで上から固定します。
    iphone_logo_led-17

    付属テープだけでは不安なので、今回はカプトンテープを利用して絶対にズレないよう、しっかりと固定しました。これでショートなどの事故を防止できますね。
    iphone_logo_led-18

    接続が完了したら液晶パネルと本体を合体させます。
    iphone_logo_led-19

    そして、端子部分に重ねる形で付属のスポンジテープを貼りつけます。
    このスポンジがバッテリーとの間に挟まることで端子部をシッカリと密着させる仕組みです。
    iphone_logo_led-20

    そして組み立てて電源を入れてみましょう。
    iphone_logo_led-21
    アップルブックのようにキレイな発光です。
    バックライト系から電源を取っているため、画面輝度と連動します。

    ケース等で差をつけるのも良いですが、この改造は夜間に目立って楽しいですよ♪


  • ヘッドライトガチコートを試す② ヘッドライトコーティング編

    前回の作業に続いて、ヘッドライトガチコートのコーティングをやってみたいと思います。

    コーティング作業に手の油分などは厳禁なので、新しい手袋を装着して作業に臨みます。
    DSC_0182

    研磨の未完了させたヘッドライト。
    黄色いクモリはきれいに除去されていますが、コーティングしないと紫外線ですぐに変色してしまうでしょう。
    DSC_0183

    ヘッドライトガチコートの説明書を確認すると、白い不織布と黒いスポンジをアプリケーターに使用するようです。
    DSC_0184

    まずは黒いスポンジに白い不織布を巻いていきます。
    このとき不織布の表面に砂埃や油分が付着しないように注意して作業しましょう。
    DSC_0185

    キレイに巻けたらアプリケーターにコート剤を適量塗布します。
    DSC_0186

    そして直線を描くように一度で塗り切ります。
    同じ場所を何度も塗布するとムラになりますので、必ず「一直線に一度だけ」を守りましょう。
    ※撮影のため手袋を外していますが、作業には必ず手袋を装着しましょう。
    DSC_0187

    塗布直後の様子です。
    表面を見てわかる通り、非常に分厚い皮膜が形成されています。
    このまま乾くのを待つだけですが、24時間程度は触れたり濡れたりしないように注意しましょう。
    DSC_0188

    乾燥後の様子です。
    見ての通り、とにかく分厚い皮膜か形成されています。
    シリコンオイルを縫ってごまかすだけの製品とは全く違う仕上がり具合ですね!!
    DSC_0198

    表面はこのように、ヌメヌメした質感に仕上がりました。
    この分厚い皮膜が紫外線などからヘッドライトを長期間守ってくれるという事ですね♪
    DSC_0193

    こちらは研磨作業前のヘッドライト。
    ざらざらになった樹脂部分で光が拡散してしまっています。
    DSC_0190

    こちらは研磨後・コーティング後のヘッドライト。
    先ほどとは違い、ざらざら感がなくなっています。
    実際にヘッドライトも明るくなっており、全走車に反射する感じもパリッとしたものに変わっています♪
    DSC_0189

    いかがでしょうか?
    簡単な作業でここまで回復させることができました。
    価格も安いので、専門業者に出す前に一度試してみてはいかがでしょうか。


  • ヘッドライトガチコートを試す① ヘッドライト研磨編

    ヘッドライトガチコートを買ってみました。
    最近のクルマはヘッドライトが樹脂製になっており、紫外線等の影響で数年後には変色してボロボロ・・・という事も珍しくありません。

    そういった状況を解決できそうな製品を発見したので購入してみました♪

    購入したパッケージです。
    2液タイプで12か月の持続性が売りとなっています。
    DSC_0164

    ヘッドライトガチコートのパッケージを開封してみました。
    クリーナ駅、コーティング液、クロス、手袋、スポンジ、不織布などが入っています。
    DSC_0166

    ヘッドライトガチコートのクリーナー液です。
    研磨剤の入ったクリーナーで一般的なコンパウンドと同等と考えてよさそうです。
    DSC_0167

    ヘッドライトガチコートのコーティング液です。
    詳細は不明ですが、第一石油類 危険等級Ⅱとなっています。
    DSC_0168

    付属のマニュアルを見てみましょう。
    下地クリーナーで研磨して、
    DSC_0169

    コーティング液でコーティングするだけ。
    DSC_0170

    では作業前のヘッドライトです。
    この通り、上部から中心部にかけてひどいクモリが発生しています。
    DSC_0171

    まずはウエットティッシュ等で表面の砂埃を落とします。
    DSC_0172

    続いてヘッドライト周辺をマスキングします。
    私は手持ちの養生テープを使いましたが、マスキングテープでも大丈夫です。
    DSC_0173

    では作業開始です。
    まずは手袋を装着して、下地クリーナーよく振り混ぜます。
    DSC_0174

    付属の青いクロスに下地クリーナーを適量投下しましょう。
    DSC_0175

    そしてヘッドライトを磨きます。
    このとき、一気に全体を磨くのではく、手のひらサイズのエリアを完璧に磨き切るようにして進めていきましょう。
    DSC_0176

    軽くこすっただけですが、クロスには黄色い汚れがびっしり!!
    DSC_0177

    1時間ほど磨き続けてクリアな状態になりました。
    DSC_0178

    こちらは未施工の左側。
    DSC_0179

    反対側を施工する元気がなくなったので、電導ドライバーを使って磨いてみることに。
    DSC_0203

    電動ドリルに装着するマジックパッドです。
    なぜマジックパッドと言うのか、それは裏面にマジックテープが装着されているから(^^;
    DSC_0204

    電動ドリルに装着して回してみました。
    それほど高回転で使うものではありませんが、軸ブレ等のチェックを兼ねて最高速で回してみました。
    DSC_0205

    続いて、スポンジバフをマジックパッドに装着します。
    このようにぎゅっと押し付けるだけでOK。
    DSC_0206

    再び回転させて、軸ブレが無いか確認しましょう。
    軸ブレがある時はスポンジバフの取り付け位置を調整すると良いでしょう。
    DSC_0207

    ヘッドライトガチコートに付属の下地クリーナーをスポンジバフに投下します。
    DSC_0208

    軽く当てるだけで一発でキレイに。。。
    注意点としては回転をできるだけ遅くしないと、摩擦熱で溶解してしまう恐れがあります。
    使用する電動ドリルは回転数可変タイプのモノを利用しましょう。
    DSC_0209

    短時間でこんなにキレイになりました。
    駐車場での作業ですので、充電式電動ドリルを利用される方は予備バッテリーの準備もお忘れなく。
    バフ掛けは直径の大きなパッドを使うので想像以上にバッテリー消耗が早いです。
    DSC_0210

    さて、次回はコーティング作業に入りたいと思います。