• タグ別アーカイブ Bluetooth
  • アマゾンダッシュボタンを分解する。

    話題のアマゾンダッシュボタンですが、ついに日本でもサービスが開始されました。
    まずは簡単なレビューから、、、分解までやってみたいと思います。

    Amazonから届いたアマゾンダッシュボタン(Amazon Dash Button )です。
    今回はシーブリーズとフルグラを頼んでみました。
    amazon_dash_r02_teardown-1

    パッケージは共通で簡単な印字のみです。
    amazon_dash_r02_teardown-2

    まずは箱から取り出してみました。
    アマゾンダッシュボタン本体と各国の言語で記載されたマニュアルが入っています。
    amazon_dash_r02_teardown-3

    アマゾンダッシュボタンの裏側です。
    再利用可能な青い両面テープが貼りつけされています。
    そのほかにはamazonロゴとCE0682マークがありますね。
    amazon_dash_r02_teardown-4

    アマゾンダッシュボタンの印字を見てみましょう。
    これはシーブリーズですが、プリンタで印字したかのような荒い印字です。
    amazon_dash_r02_teardown-5

    続いてフルグラ。こちらも同様ですね。まぁ使用上の問題はありませんが(^^
    amazon_dash_r02_teardown-6

    二つ並べてボタンを押すと赤いLEDが点灯しました。
    電池はもともと内蔵されているようですね。
    amazon_dash_r02_teardown-7

    では電池交換の練習を始めましょう。
    このボタンは接着によって接合されていますので、少々強引にフタを開ける必要があります。
    今回は精密ニッパとマイナスドライバーでパクリと割ることが出来ました。

    内部には電池交換も可能と思える電池ボックス付きの単4電池が内蔵されています。
    amazon_dash_r02_teardown-8

    電池を取り外してみました。
    シッカリしたバネ接点になっていますね。
    amazon_dash_r02_teardown-9

    初期搭載される電池は、デュラセル社のウルトラです。
    amazon_dash_r02_teardown-10

    製造年月は2016/10となっており、比較的最近に生産されたようです。
    amazon_dash_r02_teardown-11

    内部の電池ボックスは特殊ネジ(T5トルクス)で固定されています。
    amazon_dash_r02_teardown-12

    今回は愛用の便利ドライバーを使いました。
    いじり止め付きのトルクスにも対応したビットが多数入っており、殆どの製品に対応可能です。
    amazon_dash_r02_teardown-13

    今回はT5ビットをチョイス。セット品ながらも非常に精度の高いセットなんですよね♪
    amazon_dash_r02_teardown-14

    T5トルクスドライバーを使うことで難なくネジを緩められます。
    amazon_dash_r02_teardown-15

    ネジを3本外すだけで電池ボックスが外れました。
    端子は基板に直付けされており、側のプラスチック部品だけが外れる構造です。
    amazon_dash_r02_teardown-16

    電池ボックスと基板は共締めなので、続いて基板を外します。
    右側の黒い部品がダッシュボタンですね。
    amazon_dash_r02_teardown-17

    ダッシュボタンを取り外してみました。
    表面側は白いプラスチックのパネルになっています。
    左に見える白いチョボはLED用のレンズ部品です。
    amazon_dash_r02_teardown-18

    裏返してみましょう。
    大きなゴムで成形されており、対ダスト侵入などにも効果がありそうな感じ!
    amazon_dash_r02_teardown-19

    続いて基板を観察してみましょう。
    基本的には非分解構造ではありますが、シルクパターンで電池の方向まで書いてあります。
    応力のかかる電池バネ部品は沢山の場所で半田付けされており、半田クラック対策も万全ですね。
    amazon_dash_r02_teardown-20

    では基板の部品を見ていきましょう。
    まずは基板裏面側から。
    BRSと書かれたチップは「TPS61201DRC」です。TEXAS INSTRUMENTS社の昇圧型コンバータです。
    25Q032と書かれたチップは「N25Q032」です。MICRON社の32Mbit SPIバスメモリです。
    S1749と書かれたチップはデータシートが見つかりませんでしたが、マイクで間違いないと思います。
    amazon_dash_r02_teardown-22

    続いて表面です。
    右側に見えるのはダッシュボタン用のスイッチです。iPhoneのサイドボタン等に使われているものと同じタイプですね。用途を考えれば耐久性は十分でしょう。
    amazon_dash_r02_teardown-23

    一番大きなチップには謎のシール材が貼り付けされています。
    放熱用ではなさそうな雰囲気ですが、とりあえず剥がしてみましょう。
    amazon_dash_r02_teardown-24

    シール材を剥がすとチップが現れました。
    ATSAMG55J19と書かれたチップは「SAMG55J」です。Atmel社のARMベースCPUになります。
    ATWINC1500Bと書かれたチップは「ATWINC1500B-MU」です。Atmel社のWi-fiチップでb/g/n規格に対応しています。
    CYBL10563-68FNXIと書かれたチップは「CYBL10X6X」です。Cypress Semiconductor社のBLE対応Bluetoothチップです。
    amazon_dash_r02_teardown-25

    CYBL10X6X」から伸びているラインはどこに繋がっているのでしょうか。
    amazon_dash_r02_teardown-26

    裏面を見ると半円形のパターンに繋がっていました。
    このパターンはBluetoothアンテナの役目をしているようですね。
    amazon_dash_r02_teardown-27

    ちなみには「SAMG55J」ですが、改造防止などの理由からかガチガチにモールドされていました。
    amazon_dash_r02_teardown-28

    もはや隙間もありませんね。完璧な仕事です(笑)
    amazon_dash_r02_teardown-29

    そして先ほどマイクであると特定した部品ですが、それには理由があります。
    amazon_dash_r02_teardown-21

    先ほどの金属部品の裏側を見ると穴が開いています。
    amazon_dash_r02_teardown-31

    そしてその先にはゴム製のガスケットが。iPhone等で見られるようなマイクと同じ構造なんですよね。
    このマイクで何をしているのかは謎ですが、通話内容が漏えいするような事は無いでしょう(^^
    amazon_dash_r02_teardown-30

    いかがだったでしょうか?
    これほど沢山の部品が詰まったアイテムが僅か500円でゲットできます。

    ポチっと押すだけで翌日には自宅に商品が補充される。
    こんな便利な生活をぜひ体感してみてくださいね♪


  • Yahoo!カーナビ専用ハンドルリモコン SBCN01YICC を試す。

    Yahoo!カーナビ専用ハンドルリモコン SBCN01YICCを買ってみました。
    車には据え付け型の2DINナビを装着していますが、地図データの鮮度から考えればスマホナビに軍配が上がります。
    またYahoo!カーナビは普通にカーナビとして利用可能な精度を持っており、最近はスマホナビがメインとなっています。そこで専用リモコンを装着して操作性を向上させようという作戦です。

    オンラインで購入したソフトバンクセレクションのナビうまハンドルリモコン for Yahoo!カーナビです。yahoo_carnavi_remote-1

    パッケージ裏面にはリモコンの説明が書かれています。
    yahoo_carnavi_remote-2

    スマホ連携ということで、通信方式はBluetooth 4.1 Class2を採用。
    リモコン自体のバッテリーも半年程度は使えるようですね。
    yahoo_carnavi_remote-3

    ではパッケージを開いてみましょう。
    マグネットパッケージになっており、見開きで詳細を見ることができます。
    yahoo_carnavi_remote-4

    箱から取り出してみました。
    リモコン本体、取付アタッチメント、ゴムバンド、マニュアルがセットになっています。
    yahoo_carnavi_remote-5

    リモコン周辺のパーツです。
    yahoo_carnavi_remote-6

    リモコンのボタンを見てみましょう。
    上半分は上下左右のカーソルキー、下半分は拡大縮小や検索コマンドなどが並びます。
    yahoo_carnavi_remote-7

    リモコンの拡大写真です。
    なれれば、リモコンを見なくても簡単に操作できる、そんな感じの配置になっていますね♪
    yahoo_carnavi_remote-8

    リモコンの周囲は丸く仕上げられており、ハンドルに装着してもスムースにハンドル操作できそうな感じ(^^
    yahoo_carnavi_remote-9

    リモコンの裏面です。
    真ん中にはリチウムコイン電池のカバーがあります。
    yahoo_carnavi_remote-10

    電池カバーを外してみました。
    日立マクセル製のCR2032が出てきました。
    一般的に入手可能な電池なので、コンビニや100均でも調達可能ですね。
    yahoo_carnavi_remote-11

    リチウムコイン電池を外してみました。
    プラス極、マイナス極の表示はありませんが、端子形状から判別可能ですね。
    yahoo_carnavi_remote-12

    では、さっそく分解してみましょう。
    スマホ分解用の工具を隙間に差し込んでグリグリ。。。
    ビスは使われていないので簡単に分解できそうな感じです(^^
    yahoo_carnavi_remote-13

    御開帳♪
    パックリと開きました。
    yahoo_carnavi_remote-14

    本体正面パネルは導電ゴムベースのスイッチと、操作部のプラスチック部品に分かれています。
    スイッチを個別の部品とすることで操作感や質感を高めているようです。
    yahoo_carnavi_remote-15

    ちなみにプラスチック製のスイッチ部品はそれぞれナンバリングされており、装着位置が一目瞭然です。
    写真を一枚撮影しておけば、分解するときも安心ですね。
    yahoo_carnavi_remote-17

    カーソル中央の丸いボタンには切り欠けが入っており、装着位置や向きのポカヨケの役割をしています。
    干渉しないようにはめれば自然と向きが合うようになっています♪
    yahoo_carnavi_remote-18

    続いて、導電ゴムが組み込まれたスイッチ部品です。
    基板の半田部分を逃げるように切り込みが入っています。左右非対称なので間違わないように注意しましょう。
    yahoo_carnavi_remote-20

    基板を取り出してみました。
    スイッチのランドは10本あります。そのほかには基板の中心部分にチップLEDが装着されていますね。
    左上のパターンはBluetoothアンテナです。
    yahoo_carnavi_remote-21

    では裏返してみましょう。
    基板中央はリチウムコイン電池格納部、左側に面実装部品が並びます。
    yahoo_carnavi_remote-22

    基板にはVEN-173C-16のシルク印字。基板の管理Noでしょうか。
    そのほかには94V-0のUL規格難燃性等級が記載されています。
    製造は2016年37週なので、今年の8月生産ということで発売の数か月前から準備されていたようです。
    yahoo_carnavi_remote-23

    続いて表面実装パーツをチェックしてみましょう。
    BluetoothコントローラにはQualcomm製の「CSR1010」を搭載。同社 µEnergyシリーズの省電力チップです。
    組み合わされるメモリはON Semiconductor製の「CAT24C512」 I2Cインターフェース COMS EEPROMです。
    yahoo_carnavi_remote-24

    Bluetoothアンテナ部分はスルーホールをふんだんに使って立体的な形状に仕上げられていますね。
    チップアンテナに頼らず基板だけで高感度を実現させているわけですね!
    yahoo_carnavi_remote-25

    続いて裏カバーを見てみましょう。
    SoftBankロゴの下には凸型の切り込み。ここはハンドルリモコンアタッチメントとの固定部になります。
    yahoo_carnavi_remote-26

    ホコリ侵入対策として裏面からは別パーツでシッカリと蓋がしてあります。
    自動車用ということで、一定程度の環境信頼性を確保する狙いのようです。
    yahoo_carnavi_remote-27

    では実際に電源を入れてみましょう。
    電源投入はリモコンのOKボタンを長押しします。
    yahoo_carnavi_remote-28

    すると青いLEDが光って電源が入りました。
    yahoo_carnavi_remote-29

    スマホのBluetoothをONにしてみると、「SB-Car-Remocon」が表示されました。
    yahoo_carnavi_remote-30

    ペアリングしてボタンを押してみましたが特に反応はありません。
    キーボードデバイス等のHIDデバイスではなさそうな雰囲気です。
    yahoo_carnavi_remote-31

    この状態でYahoo!カーナビを起動してみました。
    yahoo_carnavi_remote-32

    設定画面を見てみると、「リモコン接続設定」の項目が見つかりました。
    標準状態では「オフ」になっています。
    yahoo_carnavi_remote-33

    「リモコン接続」を「ON」に変更しました。
    下のSB-Car-Remoconは「接続可」の表示です。
    yahoo_carnavi_remote-34

    リモコンのLEDが点滅しながらSB-Car-Remoconが「接続中」に変わりました。
    yahoo_carnavi_remote-35

    しばらくすると、SB-Car-Remoconの左に青いマークが表示され、「接続済み」の表示になりました。
    yahoo_carnavi_remote-36

    設定が完了したので、実際に自動車に装着してみましょう。
    まずはアタッチメントにゴムバンドを組み付けます。
    ゴムバンドは2つ穴と3つ穴がありますので、まずは2つ穴を固定します。
    yahoo_carnavi_remote-40

    このようにハンドルに巻き付けて、手前側で3つ穴のゴムを固定しましょう。
    固定は穴にはめるだけなので、シッカリと固定出来たことを確認しておきましょう。
    yahoo_carnavi_remote-39

    続いてハンドルリモコンをアタッチメントに固定します。
    外れ防止のため、少し硬いですが、パチッと手ごたえが有るところまで差し込みましょう。
    様々な太さのハンドルに適合するよう、ゴムバンドはたくさんの穴が開いています。ぴったりの場所を見つけましょう。
    yahoo_carnavi_remote-38

    ハンドル以外にも丸いものであれば何でも装着できます。
    たとえばサイドブレーキなど。ハンドルに余計なモノを装着したくない場合はアリですね(^^
    yahoo_carnavi_remote-41

    今回はマニュアルに従い、ハンドルに固定した状態としました。
    yahoo_carnavi_remote-42

    実際にYahoo!カーナビ専用リモコンでの操作を試してみました。
    リモコンの青い矢印ボタンを押すと、即座に現在地が表示されます。
    カーソルキーでの位置移動や、拡大縮小などすべてリモコンだけでOK。
    yahoo_carnavi-2

    つづいてマイクボタンを押してみました。
    すぐにスマホが音声認識モードに切り替わります。
    そのまま話すことで目的地を設定できます。カーナビ専用機とは違い音楽が鳴った状態でもしっかり認識してくれました。
    yahoo_carnavi-3

    続いて、ルート選択です。画面下部に「おすすめ」「高速優先」「一般優先」の項目がありますが、リモコンの左右カーソルキーでそのまま選択できます。
    OKを押すことで案内が開始されました。非常に使いやすいインターフェースです。
    yahoo_carnavi-4
    そのほかにも図形情報へのショートカットなど設定できるようです。
    yahoo_carnavi-1

    いかがだったでしょうか?
    運転中のスマホ操作は事故の原因となり大変危険です。しかしこのリモコンを使うことでカーナビ専用機に劣らない操作性を実現します。
    Yahoo!カーナビを頻繁に利用される方は安全のためにも是非導入を検討してくださいね。


  • エレコムM-CC1BR Bluetoothマウス CAPCLIPを試す

    M-CC1BR Bluetoothマウス CAPCLIPをソフマップで見つけたので買ってみました。
    モノはエレコムの充電式タイプです。

    DSC_3911

     

    見開きのパッケージを開くと特徴がかいてあります。
    持ち運び時は小さく、使用時は大きく、独特の構造になっていますね。
    似たようなものでは、折りたたみ式のものや平たいものなどありましたが、マウス本来の使いやすさを重視してコレを買ってみました。
    DSC_3912

     

    では、パッケージから本体を取り出してみましょう。
    マウス本体、カバー、充電ケーブル、マニュアルが出てきました。
    DSC_3913

     

    本体サイズはこんなにコンパクトです。
    もちろんスクロールホイールも装備されています。
    DSC_3914

    そして裏面はセンサーと電源スイッチ、3Mウルトラテープのようなすべりシートが貼り付けされています。
    DSC_3915

    後部のゴムカバーを開いてみましょう。
    充電用のマイクロUSB端子とベアリングスイッチがありました。
    最近のモバイル用品はMicroUSB充電の物が増えてきたので、出張などの際に充電器を多数持ち歩かなくて良いのは助かりますね。
    DSC_3916

     

    ではMicroUSB端子より充電してみましょう。
    充電が始まると本体のLEDインジケータが赤に点灯します。
    充電時間は3.5時間とのことですが、5分程度の充電で使用開始できました。
    DSC_3919

    本体格納時はこのようにゴム部を外側にして収納します。
    この状態でもUSB充電は可能になっています。
    DSC_3920

    そしてマウス利用時は本体を180度反転してこのようにはめ込みます。
    DSC_3921

     

    3Mウルトラテープも3箇所にあり、また本体固定用クリップの絶妙な角度でマウスとしても使いやすくなっています。
    ちなみにこのマウスはIR式センサーですので、人の目には可視光線として認識することは出来ません。
    しかし、目への悪影響が考えられますので、覗き込んだりしないよう注意しましょう(^^;
    DSC_3922

    今回、このマウスを買う要因となった機器とご対面です。
    DSC_3923

    先進のチャイナテクノロジーを集結したタブレットPCです。
    Windows8 + Andoroid 4.4 搭載のChuwi V89 3Gという製品です。
    この端末は3Gモジュールも内臓していますので、話題のMVNOなどと組み合わせてモバイル環境を構築することが可能です。
    DSC_3924

    Andoroidはタッチパネル操作に特化されており、とくに不満はありません。
    しかしWindows8にスイッチすると、やはり不満が出てきます。
    とくに既存のWindowsプログラムを実行すると、マウス操作そのものを指で行う必要があり、細かな箇所のクリックなどが難しいです。
    DSC_3925

    というわけで、内臓Bluetoothを活用してペアリングを開始します。
    DSC_3927

    PINコードも必要なく簡単に接続できました。
    DSC_3928

    マウスが正常に認識されるとカーソルが表示されました。
    これでデスクトップPCと遜色なく操作が可能になるので、ますます活用の幅が広がりそうです。
    ちなみにこの状態で画面をタッチするとマウスアイコンが非表示となります。
    再びマウスを動かすとカーソルが表示され、マウス使用における操作性もよく考えられています。
    DSC_3929

    このタイル画面でもマウスはバッチリ動作OKでした。
    スクロールホイールを回すと、タイルメニューも左右にクリクリ動きます。
    DSC_3930

     

     

    そして利用しないときは、クリップ機構でタブレットに固定することができます。
    久々に良く考えられたモバイルマウスに出会うことができました。
    DSC_3931

    話題のWindowsタブレットを買ってみたけど、やっぱり操作がしづらい!
    と感じられて居る方には一度使っていただきたいですね♪