• タグ別アーカイブ 液晶交換
  • XperiaZ4 割れた液晶を格安修理6(完結編)

    XperiaZ4 画面割れ格安修理の続きです(^^

    前回、液晶パネルのフレキシブルケーブルを取り付けたXperiaZ4。
    続いて通電テストをやってみましょう。
    dsc_0779

    まずは、バッテリー格納部のクッションテープを元の状態に戻します。
    フレキシブルケーブルを気づ付けないように貼りつけましょう。
    dsc_0780

    反対側も同様に、フレキシブルケーブル部分の側面に貼りつけます♪
    dsc_0781

    続いてバッテリーをはめ込みましょう。
    今回は仮固定なので、はめ込むだけでOKです。
    dsc_0782

    バッテリーコネクタをメイン基板に差し込みます。
    ショートすると大電流が流れて事故の恐れがありますので、必ず樹脂工具を利用するようにしてくださいね。
    dsc_0783

    では電源ON!
    無事に画面が表示されました。今のところ順調なようです(^^
    dsc_0784

    続いてタッチパネルの動作確認です。
    静電容量式タッチパネルはノイズ等に弱く、十分動作検証しておく必要があります。
    今回はAndroidの開発者モードをONにして軌跡を表示させて隅々まで反応をチェックしました♪
    dsc_0785

    今回のパネルは正常品で、交換作業も無事成功したようです。
    結果良好なので一旦電源を切ってバッテリーを外します。
    dsc_0786

    再び分解するときの事を考えると、強力な両面テープは嫌ですよね。
    そこで、両面テープを少しだけ切って、さらにそれを引き延ばして僅かな量だけ貼りつけました。
    これなら次回の取り外し??も安心ですね(^^
    dsc_0789

    さすがに少量の両面テープだけではグラつきを防げない恐れもあります。
    そこで周囲にカプトンテープを追加で貼りつけて隙間を狭くして軽く固定させる方法をやってみました。
    カプトンテープは非常に薄いものなので、枚数によりクリアランスを自由に調整できますよ♪
    dsc_0787

    こんな感じでシッカリと収まりました。
    この状態で反対に向けてもバッテリーが落ちないので固定は十分でしょう。
    青い両面テープも液晶パネルの時と同じ手順で貼りつけましょう。
    dsc_0790

    そしてバックパネルをはめる前に注意してほしいことです。
    Xperiaのリアカメラは非常に高画質なものです。そこにホコリが混入すると台無し!
    というわけで、ブロア等を使って入念にホコリを取り除いておきましょう。
    dsc_0791

    カメラレンズ、バックパネルともにホコリを除去しました。
    あとは、バックパネルを取り付けて作業完了です。

    こんな感じで元の姿に戻りました。
    dsc_0793

    画面割れの再発防止として、今回はガラスフィルムを施工してみました。
    これで万一の落下の際にもガラスフィルムが割れてくれることで本体液晶を保護してくれるでしょう(^^
    dsc_0794


    無事に元の姿を取り戻したXperiaZ4。
    画質的にも元の液晶と遜色ありません♪格安修理は大成功!
    dsc_0792

    いかがだったでしょうか?
    iPhone等と比較すると作業は大変な部類にはいりますが、防水性能含めて元通りになりました。
    モノづくりの観点から見ても、Apple社との設計思想の違いなどが楽しめますので、ぜひDIYにチャレンジしてみてくださいね!

     

    【XperiaZ4 液晶修理関連記事リンク】

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理1(バックパネル外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理2(バッテリー外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理3(コネクタ外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理4(パネル交換)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理5(コネクタ取付)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理6(完結編)


  • XperiaZ4 割れた液晶を格安修理5(コネクタ取付)

    XperiaZ4 画面割れ格安修理の続きです(^^

    前回、液晶パネルを取り付けたXperiaZ4。
    続いてコネクタ部分を取り付けていきましょう。
    dsc_0752

    まずは液晶パネルのフレキシブルケーブルを倒しますが、その前にシールドテープを起こしておきましょう。
    フレキシブルケーブルが一番底に来るようにするための下準備です。
    dsc_0753

    フレキシブルケーブルを折り曲げたら、黒いテープで押さえて起き上がらないようにします。
    dsc_0754

    反対側も同様に黒いテープでフレキシブルケーブルを固定しておきましょう。
    dsc_0755

    続いて、シールドテープでフレキシブルケーブルを固定します。
    しっかりと加圧してはがれないようにしましょう。ノイズ対策の意味もあるので丁寧な作業を心がけましょう。
    dsc_0756

    今回購入した液晶パネルは純正と比較して、テーピング処理が省略されている個所があったので、カプトンテープで追加補強しておきました。
    特に場所の指定はありませんが、皆さんのアイディアで心配な部分を補強しておくと安心ですよね。
    dsc_0757

    作業に完璧を求める人は、このようにコネクタ部分にも貼りつけておけば安心ですね。
    万一の落下時などに衝撃でコネクタが抜けてしまうことを防止できるのではないでしょうか?
    信頼性の面では施工して損は無し。と考えています(^^
    dsc_0758

    先ほどのカプトンテープの上から金属プレートを装着します。
    右側のビス穴を合わせてズレないように固定しましょう。
    dsc_0759

    続いて反対側の金属プレートも同様にビス穴を合わせて固定します。
    固定出来たら黒いテープで動かないように貼りつけておきましょう。
    dsc_0760

    続いて先ほどのプレートにビスを装着します。
    ベッセル精密ドライバーがあれば一発でOKですね(^^
    dsc_0761

    再び反対側の金属プレートに戻ります。
    金属プレート部のシールドテープを持ち上げて、MicroUSBコネクタをスルッとはめ込みます。
    dsc_0762

    樹脂工具でしっかりと押さえて、確実に奥まで挿入しましょう。
    ここで赤いゴムがねじれていたり、しっかり装着できていないと防水性能に影響があります。
    正確、確実な作業を心がけましょう。
    dsc_0763

    MicroUSBコネクタが奥まで入ったら、黒いテープで固定します。
    dsc_0764

    続いて、白いスピーカー部品とフレキシブルケーブルをはめ込みます。
    dsc_0766

    その上から、もう一枚の金属プレートを装着します。
    複数個所に固定用ツメがあるので、無理に押し込まず丁寧に。
    dsc_0767

    金属ツメは固定にコツがいりますが、それほど難しいものではありません。
    むやみに力を入れず、パチンパチンとはめ込みましょう。
    dsc_0768

    正しく組みあがるとこのような状態になります。
    写真と違う場合はケーブル処理や部品忘れないを再確認してみてくださいね。
    dsc_0769

    続いてマイクを装着します。
    フレキシブルケーブル一体型になっているので、そのまま位置を合わせてはめ込みましょう。
    dsc_0770

    続いてバイブレーターを装着します。
    フレキシブルケーブル一体の部品なので、簡単にはめ込み出来ると思います。
    dsc_0771

    バイブレーターが固定できてら、黒い樹脂プレートをはめ込みます。
    バイブレーターの側からはめ込んで行きましょう。
    dsc_0772

    最後にMicroUSBコネクタ上部のツメをはめ込んで完了です。
    dsc_0773

    再び精密ドライバーでビスを取り付けます。
    dsc_0774

    ビスが固定出来たら、個のフレキシブルケーブルを装着します。
    パチッと軽い力ではまります。
    dsc_0775

    続いて赤黒ケーブルはバイブレーターのモノです。
    コネクタが小さいですが、位置が決まれば軽い力で差し込みできます。
    dsc_0776

    続いてアンテナケーブルです。
    ど真ん中を射抜く感じで差し込まないとなかなか入りません。
    力任せは事故のもとなので慎重に作業しましょう。
    dsc_0777

    残るコネクタは液晶パネルで一番大きなコネクタ。
    dsc_0778

    折りたたみながら、パチッとはめ込みましょう。
    dsc_0779

    いかがだったでしょうか?
    コネクタの組み付けはなかなか大変な作業ですが、順番通り作業すれば問題ありません。
    次はいよいよ通電テストになります(^^

    次の作業へ →完結編を見る!

     

    【XperiaZ4 液晶修理関連記事リンク】

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理1(バックパネル外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理2(バッテリー外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理3(コネクタ外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理4(パネル交換)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理5(コネクタ取付)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理6(完結編)


  • XperiaZ4 割れた液晶を格安修理4(パネル交換)

    XperiaZ4 画面割れ格安修理の続きです(^^

    前回、液晶パネル周辺のコネクタ部を分解したXperiaZ4。
    続いて割れた液晶パネルを取り外していきましょう。
    dsc_0735

    まずは本体を裏返して、お馴染みのヒートガンで加熱していきます。
    両面テープは画面の周辺部だけなので周辺部のみを重点的に加熱しましょう。
    この段階ではリチウムイオンバッテリーも取り外されているので、少々の熱衝撃でも恐怖感は少ないですね(笑)
    dsc_0737

    十分加熱して両面テープが柔らかくなって来たら、本体下部の隙間から画面をはがしていきます。
    液晶面のガラスは非常に割れやすいので、頻繁に加熱しながら徐々に隙間を広げていきましょう。
    dsc_0738

    順調にはがれてきました。
    ココから先は画面のヒビの部分になるので、ちょっとドキドキしますね。
    ヒートガンで加熱を続けながら隙間を広げていきます。
    dsc_0739

    あと少し、というところで油断してしまいました。
    パリッとガラスが割れてばらばらに。。。
    こうなると外すのが大変ですので、皆様はヒートガンで十分加熱しながら徐々に広げてくださいね(^^;
    dsc_0740

    ガラス破片と格闘すること数分、ようやく割れた画面が外れました。
    最初に剥がしたバックパネルと同様に両面テープをキレイに除去しておきましょう。
    dsc_0741

    両面テープがキレイに剥がせたら、新たに購入した両面テープを本体に貼りつけます。
    両面テープは裏面用と表面用があるので間違えないようにしてくださいね。
    今回私が購入したものはカメラ用の切り込みがあるので分かりやすかったです♪
    dsc_0743

    まずは白い剝離紙と、青いフチの部分を剥がします。
    dsc_0744

    そして本体部分に合わせて被せます。
    dsc_0745

    まだ仮合わせなので、慎重に位置を調整しましょう。
    ここの仕上がり次第で、修理後の防水性能に差がでると思います。
    dsc_0746

    位置決めが完了したら、ヘラ等でしっかりと加圧しながら貼りつけていきます。
    このとき両面テープを伸ばすようにしてしまうと、フチの部分ではみ出したりするので、上から抑える感じで進めましょう。
    dsc_0747

    シッカリと貼り付けできたら、大きな青い剝離フィルムを剥がします。
    dsc_0748

    専用カット品を使用したので、カメラや近接センサーの逃げ処理もバッチリ(^^
    dsc_0749

    この状態で液晶パネルのフレキシブルケーブルを穴に通します。
    このとき両面テープにフレキシブルケーブルが触れないよう、慎重に作業してくださいね。
    dsc_0750

    フレキシブルケーブルが収まったら中心部を狙って画面を静かに下します。
    位置決めがぴったりと決まったら、クロス等でこすりながらしっかりと貼り付けしましょう。
    気温が低い季節の場合はヒートガンで軽く温めると粘着力が増しますよ♪
    dsc_0751

    このように隙間なく画面が収まりました。
    念には念を入れてしっかりと加圧しておきましょう。
    dsc_0752

    いかがだったでしょうか?
    画面の装着自体は比較的簡単に進んだと思います。
    どちらかというとここまでの工程が大変だったのではないでしょうか。
    次は液晶のコネクタを装着していく作業になります。あと少し頑張りましょう(^^

    次の作業へ →コネクタ取付編を見る!


     

    【XperiaZ4 液晶修理関連記事リンク】

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理1(バックパネル外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理2(バッテリー外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理3(コネクタ外し)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理4(パネル交換)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理5(コネクタ取付)

    XperiaZ4 割れた液晶を格安修理6(完結編)