オススメのSSD

パソコンの高速化にはSSDがお手軽で効果大ですよね。
そこで、おすすめのSSDを紹介したいと思います。
フラッシュメモリといえばサンディスク!
三重県に東芝と合弁の半導体工場がある会社です。これは10年保証なので永く使えそうですね。

 

サムスンもフラッシュメモリの世界では大手メーカーです。
価格も安く導入しやすいのではないでしょうか?

 

SSDは容量が少なくて。。。
そんな方には960GBの大容量タイプをお勧めします。ノートパソコンに装着すれば高速性と大容量を両立できますね♪

 

どのSSDを選んでもデスクトップPCに搭載する場合は、サイズ変換用のブラケットが必要です。

 

また内部ケーブルが足りない場合は、SATAケーブルや電源分岐ケーブルを購入しておくと良いでしょう。

 

その他、格安なSSDも紹介したいと思います。

これはデスクトップ用の変換ブラケット付属なのでお買い得ですね♪

 

商品名の表記の中にMLC/TLCといった表記が見受けられますが、これは採用されているメモリ種別を表します。
簡単に説明すると、このような感じです。
寿命 SLC>MLC>TLC
速度 SLC>MLC>TLC
価格 SLC<MLC<TLC
2016年現在ではTLCモデルが主流となってきていますので、寿命などに関してはそれほど気にする必要はないかも知れませんね。
あくまでもメモリチップ単体の特性として捉えていただければ良いと思います(^^

 

ここまで様々なSSDを紹介させていただきました。
個人的にはデスクトップPCには小容量のSSDと大容量のHDDを組み合わせるのがオススメです。
WindowsOS本体やアプリケーションをSSDに、動画者写真データをHDDに保存すれば対費用効果も高いと思います。

またノートパソコンであれば大容量のSSD(480GB以上)をお勧めします。
SSD+HDDという構成が取れないマシンがほとんどですので、一台で大容量を賄う必要がありますよね。

このように用途に合わせて適切な容量を選択することで、安価に導入することが可能だと思います。



コメントは受け付けていません。