ZenFone2 LCD 格安で液晶修理する2(バッテリー外し編)

ASUS Zenfone2 ZE551MLですが、不注意により液晶パネルを割ってしまいました。 修理に出すと長期間使えず不便なので、自分で格安修理してみました。
メーカー修理だと高額ですが、自己修理だと非常に安価(^^
修理方法も簡単ですのでこのサイトを参考に頑張ってみてくださいね!

 

前回、リアカバーまで外し終わったZenfone2です。
本体上部がメイン基板で、それ以外はバッテリーが占めています。
DSC_0264

メイン基板を見てみましょう。
Intel® Atom™ Quad Core Z3580 (2.3GHz), PowerVR G6430がこの中に入っているのですが、厳重なシールドが施されており、期待のIntel製CPUの姿は拝めませんでした。
シールド版に指紋がべったりは、前回のZenfone5でも同様でした(^^;
まぁ性能面には問題なさそうなので海外メーカー製ということで納得しておきましょう。
DSC_0267

Zenfone5にはなかったピンが出ています。
このピンは近距離無線通信技術のNFCアンテナ用の通信ピンです。
リアカバーにフィルムアンテナで構成されたNFCアンテナがあり、それと接続させる為のものです。
DSC_0268

一通り観察が終わったところで、作業開始です。
まずはバッテリーのコネクタを外します。
DSC_0270

バッテリーコネクタは外側に電極がむき出しになっているので、ピンセット等の金属工具は絶対に使用しないでください。
樹脂製の工具をスキマに差し込んで軽く持ち上げるとカチッと外れます。
DSC_0272

 

続いてバッテリーから伸びているコネクタを外します。
これはSIMカードスロット、MicroSDカードスロット、本体下部基板を接続するコネクタです。
バッテリーと同様に樹脂製の工具を差し込んで取り外しましょう。
DSC_0273

続いて隣のコネクタです。
これは今回交換する液晶パネルの駆動用コネクタです。
同様にプラスチック工具で持ち上げて取り外します。
DSC_0274

3つのコネクタがすべて外れました。
これでバッテリー部とメイン基板を接続するコネクタは処置完了です。
DSC_0275

続いて、本体下部基盤の作業です。
メイン基板に覆いかぶさっている黒い樹脂部品を取り外します。
ケーブル等は接続されておらず置いてあるだけなので、簡単に持ち上げましょう。
DSC_0277

パカッと外れました。
裏面にはプラスとマイナスの端子が出ています。
これはスピーカーユニットですね。
DSC_0278

続いてバッテリーと下部基盤を接続するケーブルを外します。
まずは、コネクタを固定しているカプトンテープをはがします。
DSC_0282

このテープは再使用するので、捨てずに保存しておきましょう。
DSC_0283

白いツメを持ち上げてコネクタを緩めます。
非常に精密なコネクタなので注意して作業しましょう。
DSC_0287

コネクタを緩めた状態で、バッテリサイドのスキマから徐々に持ち上げます。
DSC_0289

バッテリを持ち上げると下部基盤のコネクタが徐々に外れます。
DSC_0290

コネクタが外れたら作業の邪魔になる基板を撤去します。
DSC_0291

アンテナケーブルを溝から外して、メイン基板とのコネクタも外します。
これで作業性UPですね!
DSC_0295

バッテリーですが、非常に強力な両面テープで貼り付けされています。
無理やりはがしたり、ドライヤーで加熱したりするとバッテリーを破損させてしまう恐れがあります。
とくにリチウムイオンはエネルギー密度が高いので慎重に取り扱う必要があります。
DSC_0292

そこで、バッテリーに外圧負担をかけない、外し方を紹介します。
上記のように工具でスキマを作りつつ、バッテリー奥側にある白い両面テープを引きずり出します。
工具は精密なピンセットがあればOK。
グイグイ引っ張ってもちぎれることはないので、安心して作業してください。
DSC_0296

テープを引き出すとバッテリーが簡単に外れました。
DSC_0298

白い両面テープ。
もう再利用は出来ないので、捨てるしかなさそうです。
DSC_0299

外したバッテリーです。
コチラが両面テープで接着していた面ですが、驚くほどキレイな状態です。
他の分解サイト等ではラミネートがぼろぼろになっている人が多いですが、正しい手順で作業すれば失敗の恐れはありません。
DSC_0300

私は分解手順等を事前調査したりせず、ぶっつけ本番でやっていますが、構造を良く考えながら作業すれば問題ないものばかりですよ♪
所詮は海外メーカーの工業製品です。

そして皆さんが苦労されている両面テープです。
全長は約50mmです。
DSC_0310

ピンセットでグイ~っと引っ張ってみました。
3倍以上に伸びてますが、ちぎれるようなことはありませんでした。
つまりバッテリーのテープをはがすときは力任せに引っ張っても問題ないということです(笑)
DSC_0311

ようやくバッテリーの取り外しが完了しました。
次は液晶パネルの取り外し作業です。

 

【ZenFone2 液晶修理関連記事リンク】

ZenFone2 LCD 液晶を格安修理する1(解体編)

ZenFone2 LCD 液晶を格安修理する2(バッテリー外し編)

ZenFone2 LCD 液晶を格安修理する3(パネル外し編)

ZenFone2 LCD 液晶を格安修理する4(パネル装着編)

ZenFone2 LCD 液晶を格安修理する5(完結編)