• カテゴリー別アーカイブ DIY
  • ニンテンドークラシックミニ改造①ステッカー制作

    ニンテンドークラシックミニですが、ゲームも一通り楽しんだので、改造に着手してみたいと思います。
    まずは分解を伴わない簡単なものから。ということでステッカーを作ってみました。

    ニンテンドークラシックミニ。
    当時の面影を残した機体ですが、若干物足りない部分も。
    dsc_0477

    当時のファミコンには、この部分に透明なシールが貼られていたんですよね。
    dsc_0478

    ここの拡張端子にも赤い文字のシールがあったと記憶しています。
    dsc_0479

    というわけで、ディティールをアップさせるべくシールの制作に着手しました。
    私はペイントソフトなどを所持していないので、ブログを作成するために購入したホームページビルダーを利用しました(笑)
    ホームページビルダー付属のウェブアートデザイナーツールです。なかなか使える子なんです(^^
    webarttool

    こんな感じでA4普通紙に印刷してみました。
    サイズ感はなかなか良さそうな感じ。
    dsc_0481

    ハサミで簡単に切り抜いてみました。
    dsc_0482

    お手軽に両面テープで貼りつけしてみましょう。
    なかなか良い感じですが、紙が白くてちょっと浮いてしまっていますね。。。
    dsc_0483

    というわけで、当時のファミコンを再現すべく透明なシールを買ってきました。
    dsc_0484

    エーワン社の29394です。
    インクジェットプリンター専用で、耐水、光沢、透明と今回の条件にぴったり。
    4枚入りなので、失敗してもやり直しが効くのが良いですね!
    dsc_0486

    フィルムに印刷してみました。
    今回はブラザー社のインクジェット複合機 MFC-J877Nを利用しましたが、発色やインクのノリも問題ありません♪
    dsc_0487

    NT カッタープロシリーズ AD-2Pでサクッと切り出しました。
    フィルム自体は硬めの厚みがあるもの。より良い仕上がりを目指すため、切れ味の良いカッターを使いましょう。
    dsc_0491

    離形紙を剥がすとなかなか透明感のあるシールであることが確認できました♪
    早速本体に貼り付けしていきましょう。
    dsc_0492

    なかなか良い感じですね。
    注意書きはあえて当時の文面を残すことで、ファミコン感を高めるようにしています。
    dsc_0499

    もちろん、ダミーの拡張端子にも同様に当時の文面を再現。
    dsc_0500

    全体を見たときに、よりファミコンらしく見えるようになりました。
    dsc_0493

    いかがだったでしょうか。
    プリンターがあれば簡単にできる工作ですので、皆様オリジナルの文面で楽しんでみるのも良さそうですね。


    シールデータダウンロード①
    シールデータダウンロード②
    シールデータダウンロード③


  • iPhone6s 割れた液晶を格安修理する

    iPhone6sを落下させてしまい、液晶とガラスが割れてしまいました。
    画面保護のガラスフィルムを貼っていましたが、その隙間から衝撃が加わってしまったようです。
    壊れた以上は修理するしかありません。今回もDIYでの格安修理に挑戦してみました。

    iPhone6などと基本的には変わりませんが、画面固定に両面テープが仕込まれているので少し分解しにくいのが違いでしょうか。

    落下の衝撃で画面が壊れてしまったiPhone6sです。
    ガラスフィルムは無事ですが、その奥のガラス本体が割れてしまっています。
    iphone6s_lcd_repair-1

    試しに電源を入れてみると、もはや何が表示されているかわからない状態です。
    iphone6s_lcd_repair-2

    タッチパネルもほとんど動作しない状態ですが、なんとか電源を切ることが出来ました(^^;
    iphone6s_lcd_repair-3

    作業の前に電源が切れたことを確認して、SIMカードを取り外しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-4

    今回はこのようなドライバーを用意しました。
    iPhoneに使用されているT08サイズのドライバーです。
    iphone6s_lcd_repair-5

    まずはLightningコネクタ両端のビスを外します。
    非常に小さいのでなくさないように注意しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-6

    2本とも外れました。
    iphone6s_lcd_repair-7

    続いて液晶パネルを取り外します。
    今回も吸盤タイプの工具を用意しました。
    dsc_0811

    割れた液晶は吸盤が吸着しないので、養生テープ等で吸着面を仕込んでおきます。
    画面上部には液晶パネルのフレキシブルケーブルが通っていますので、必ずホームボタン側から開きましょう。
    iphone6s_lcd_repair-8

    iPhone6s以降の機種から両面テープによる液晶パネル固定がされています。
    今までの機種と比べると少し開きづらいですが、徐々に開いていけば大丈夫です。
    iphone6s_lcd_repair-9

    無事開きました。
    画面上部はプラスチックの爪で固定されているので、割らないように注意しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-10

    続いて液晶パネルのフレキシブルケーブルを固定している金属プレートを外します。
    iphone6s_lcd_repair-11

    4本のビスを外すと取り外せます。
    この際、基板やコネクタに金属が触れないよう注意しましょう。
    電源が切れていても通電している個所が存在する可能性があります。
    iphone6s_lcd_repair-12

    金属プレートとビスの位置関係です。
    右上部分が長いビス、その他は短いビスとなっています。
    iphone6s_lcd_repair-13

    続いて液晶パネルのフレキシブルケーブル先端のコネクタを外します。
    ショート等の事故を避けるため、必ず樹脂製の絶縁工具を使用しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-14

    3つのコネクタが外れました。
    コネクタの周りにはスポンジが貼られており、ダスト対策がされているようですね。
    iphone6s_lcd_repair-15

    無事に本体と液晶パネルが外れました。
    iphone6s_lcd_repair-16

    続いてamazonで購入した液晶パネルを並べてみました。
    赤いフィルムが貼られているものが、今回購入したパネルです。
    iphone6s_lcd_repair-17

    もともとのパネルと比較してみましょう。
    まずはTouchID部分ですが、購入したパネルにはボタンごと装着されていません。
    移植作業が必要になりますね。
    iphone6s_lcd_repair-18

    続いて画面上部のフロントカメラ側。
    こちらも購入したパネルには部品が装着されていませんので、移植作業が必要です。
    iphone6s_lcd_repair-19

    まずは、フロントカメラ部分を移植しましょう。
    3本のビスを外します。
    iphone6s_lcd_repair-20

    ビスとともに金属プレートがはずれました。
    金属プレートとビスの位置関係です。手前部分が短いビスになっています。
    iphone6s_lcd_repair-21

    つづいてスピーカーを外しましょう。
    磁力を帯びているので金属製のピンセットを使うと張り付いてきます。
    iphone6s_lcd_repair-22

    フロントカメラモジュール、近接センサーモジュールを外しました。
    iphone6s_lcd_repair-23

    そのほかにも、通話用スピーカー穴のメッシュ部品、近接センサー枠、フロントカメラ枠を外す必要があります。
    基本的に接着もしくは、溶着にて固定されていますので、軽く引っ張るだけで取り外すことが可能です。
    iphone6s_lcd_repair-24

    パリッとはずれました。
    iphone6s_lcd_repair-25

    では新しい液晶パネルに部品を移植していきましょう。
    まずはフロントカメラ部分のスポンジテープを移植します。
    これはカメラ部へのダスト侵入対策ですので、必ず移植しておきましょう。
    iphone6s_lcd_repair-26

    そして、ゴム系接着剤を用意します。
    今回はバスボンドを使用してみました。
    iphone6s_lcd_repair-27

    バスボンドでフロントカメラ枠と近接センサー枠を貼りつけます。
    しっかり固定されるまで放置しておきましょう。
    iphone6s_lcd_repair-28

    バスボンドが乾いたら、フロントカメラモジュールを装着します。
    iphone6s_lcd_repair-29

    通話用スピーカーを装着して、金属プレートを元に戻します。
    iphone6s_lcd_repair-30

    続いて、液晶パネルの裏に装着されている金属プレートを取り外します。
    まずは左右の6本のビスを外しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-31

    続いて、フロントカメラ横のビスを外します。
    iphone6s_lcd_repair-32

    最後にTouchIDセンサー部分のビスを外すと金属プレートが外れました。
    iphone6s_lcd_repair-33

    次はTouchIDセンサーの移植作業です。
    金属プレートを固定しているビス2本を外します。
    iphone6s_lcd_repair-34

    TouchIDセンサーは周りの黒いゴム部品が接着されています。
    金属プレートを外してからゆっくりとボタンを押さえて接着を外しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-35

    新しいパネルにTouchIDセンサーを取り付けます。
    位置関係がズレるとボタン操作に引っかかりが発生しますので、センターを狙って貼りつけてください。
    iphone6s_lcd_repair-36

    TouchIDセンサーのフレキシブルケーブルと、金属プレートを取り付け出来たら、赤い保護フィルムを剥がします。
    iphone6s_lcd_repair-37

    そして、液晶裏の金属プレートを取り付けてビスで固定しましょう。
    iphone6s_lcd_repair-38

    ここまでで、細かな作業はほぼ終了となります。
    移植し忘れた部品がないか、ビスが余ってないかを確認しておきましょう。

    続いて組み立てが完了した液晶パネルを本体に接続します。
    このとき、コネクタだけを接続して金属プレートはまだ固定しない状態にしておきましょう。
    iphone6s_lcd_repair-39

    一旦この状態で電源を入れてみましょう。
    表示品質に問題がないか、タッチパネルは正常に動作するか、TouchIDセンサーは正常に動作するか。
    このような所をシッカリと動作チェックしてください。
    ※この段階で不具合がある場合は、液晶パネルの組み立て作業に問題が無いか確認してください。
    iphone6s_lcd_repair-40

    動作に問題がなければ、一度電源を切りましょう。
    iphone6s_lcd_repair-41

    電源が切れたことを確認して、金属プレートを固定します。
    iphone6s_lcd_repair-42

    続いて、液晶パネルをシッカリとはめ込んで、最後にビスを締めて完了です。
    iphone6s_lcd_repair-43
    以上で
    、液晶パネルの交換作業は完了です。お疲れさまでした。

     

     

    ※国内正規品の場合は画面上に”技術基準適合証明情報”を表示することが可能なようです。
    この場合、ネジを外したりするだけでも電波を出してはいけないとの事です。
    Wi-fiやTD-LTEを含め電波を出さなければ運用可能かもしれません。
    私のように修理を楽しんだ後は、分解して廃棄するというのが安心ですね♪


  • Nikon D7100 イメージセンサークリーニングをやってみた。

    Nikon D7100は普段使い用のカメラとして活用していますが、イメージセンサー部分のゴミが気になってきたのでDIYにて清掃してみました。
    結果は簡単な作業にも関わらず大成功♪
    目立つゴミ以外にも細かなダストが沢山除去できた結果、写真の画質もパリッとキレイになりました。

    今回、イメージセンサークリーニングにチャレンジしてみたNiokn D7100
    dsc_0018

    まずはイメージセンサー部分をマクロ撮影してみました。
    撮影にはD3300と接写用リングライトを組み合わせたAF-S DX Micro-NIKKOR 40mm f/2.8Gを使いました。
    拡大写真を見てみると、目視できるダストからそうでないものまで多数の汚れが。。。
    dsc_0020

    では清掃に入る前に、実際のダスト付着状況を確認してみましょう。
    ダスト付着はレンズの絞りを最大にセットして、白い紙などを撮影すると良く見えます。
    今回は絞りをF22、ISO100の設定で撮影してみました。
    dsc_0037

    レンズのフォーカスは無限遠∞を選択します。
    dsc_0040

    この状態で真っ白な紙などを撮影してみましょう。
    dsc_0038

    これが実際に撮影したファイルです。
    拡大するとダストの付着がよく見えると思います。
    dsc_7990

    清掃時の基準としてダスト付着部分にしるしをつけてみました。
    黄色部分は大きなダスト、赤い部分は細かなダストとしています。
    簡単にチェックしただけですが40か所以上のダスト付着。これは撮影画像への影響も大きそうです。
    dsc_7990-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

    というわけで、慌てて近所のヨドバシカメラへ。。
    店員さんに相談していろいろと使えそうなグッズを買ってきました。
    dsc_0022

    まずは、 DDR-15 APS-Cセンサークリーニング棒
    これは10本入りのスティック状になった清掃アイテムです。
    APS-Cセンサーの幅に合わせて作ってあるので、初心者でも簡単に使えそうな感じ!
    dsc_0024

    内容物を取り出すと、個装で真空パックされており非常にクリーンな印象ですね。
    dsc_0026

    他には英文マニュアルが同梱されていました(^^
    dsc_0027

    合わせてイメージセンサークリーニングに使うための無水エタノールも買ってきました。
    dsc_0025

    そして、こちらはお手軽クリーニング?に最適なペンタックス純正の清掃キット。
    Nikonのカメラでも問題ないでしょう。ということで買ってみました。
    dsc_0023

    中身は分厚い日本語マニュアルと、オレンジのピッタンコ、クリーニングシートが入っています。
    dsc_0028

    オレンジのピッタンコはGELシートのようなもので、ダストや油分を付着させて清掃する仕組みになっています。
    今回はこれを使って清掃にチャレンジしてみました。
    dsc_0031

    まずはクリーニングシートのフィルムを剥がします。
    そこにピッタンコをくっつけて、ピッタンコの汚れをシートに転写します。
    dsc_0032

    そしてイメージセンサー部分にピッタンコを押し当てます。
    左右に動かしたりせず、静かに落として持ち上げる。という手順です。
    dsc_0033

    持ち上げたピッタンコには油分やダストが沢山付着しています。
    dsc_0034

    再びシートに汚れを転写して、ピッタンコをクリーンな状態にします。
    あとはこの作業を繰り返してカメラのイメージセンサー部分全体を清掃しましょう。
    ちなみにクリーニングシートは一度使用した個所にはダストが付着していますので、毎回新しい面を使うようにしてくださいね。
    dsc_0032

    そして清掃が終わったので、再びダスト確認のため撮影してみました。
    にこれが実際に撮影したファイルです。
    拡大してもダストは発見できません。清掃成功ですね♪
    dsc_7991

    イメージセンサークリーニングで高画質が復活したカメラを持ってお出かけ♪
    岡山国際サーキットで開催されているスーパー耐久へ行ってみました。

    TEAM SPOONのピットにて、ドライバーの中島選手
    dsc_8232

    スターティンググリッドでレース開始を待つマシン
    dsc_8658

    リアビュー、ハードトップがカッコいいですね♪
    dsc_8663

    ドライバーの松井選手
    dsc_8674

    走行中のS2000 リジカラ号
    dsc_8254

    お隣のピットはS2000のチーム、 SKRエンジニアリング
    清原怜奈さんと、滝沢いおりさん。

    dsc_8042
    清原怜奈さん 滝沢いおりさん
    dsc_8043
    清原怜奈さん 滝沢いおりさん

    こんな感じでカメラの画質もバッチリ復活。
    皆様も定期的に清掃してみてはいかがでしょうか。サーキットなど野外での利用が多いとゴミの混入が多いかもしれませんよ(^^